このサイトは公認会計士を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「公認会計士」

仕事内容
公認会計士は、会計処理に関する専門家です。株式上場企業や、一定規模以上の大企業・組織が作成する決算書類を法律に基づいて監査し、間違いがないかどうか証明することが、主な仕事内容です。この「監査証明業務」以外に、税理士と同じような「税務関連業務」を行う人や、企業の経営や会計に関する「コンサルティング」を行う人もいます。専門知識を生かし、日本の経済活動を陰で支える重要な役割を担っています。
なるには
公認会計士になるには、まず国家試験である公認会計士試験に合格する必要があります。受験資格は特に定められていませんが、その難易度は司法試験に次ぐほど高いと言われています。筆記試験では幅広い会計の知識が問われるほか、合格後も2年以上の現場経験を積むことが必要で、さらに修了考査と言われる筆記試験も受けなければなりません。その試験に合格することで、ようやく公認会計士としての業務がスタートできます。
給料
公認会計士のほとんどは、監査法人に務めています。監査法人は大手から中小までさまざまありますが、一般的に規模が大きいほど給料や待遇は恵まれており、ある大手の監査法人では初任給が500万円を超えることもあるようです。安定した生活が望めるケースが多いですが、実力がハッキリと出る仕事であるため、会計の勉強を続けることは必須です。なお、独立開業する人の中には数千万円の年収を得る人もいます。
将来性
国家資格の中でも難易度が高い公認会計士ですが、近年は国家試験合格後も就職先が見つからないという人が増えているようです。不況により、監査法人が採用者を減らしたことがその一因であり、需要と供給のバランスを保つため、今後は試験の合格者を減らす方向で国の検討が進んでいます。若手にとっては厳しい状況となっているものの、外資系企業やベンチャー企業など、専門性を生かして新たな場で活躍する人も増えつつあります。