ファイナンシャルプランナーが独立・開業してフリーランスになるには?

独立系ファイナンシャルプランナーの働き方・仕事内容

独立系のファイナンシャルプランナーは、企業内ファイナンシャルプランナーのように自社商品を売る必要はなく、お客さまのライフプランを一緒に考えたり、セミナーを行ったり、執筆活動をおこなったりということが仕事になります。

人脈を生かしたり、インターネットを利用したりするなどして、自分で考えて集客を行う必要がありますし、他のファイナンシャルプランナーとの差別化も大事です。

ファイナンシャルプランナーとして働くためには、さまざまな分野の知識が必要になりますが、得意分野を作ることで個性を作るというやり方も一つです。

勤務時間なども自由ですが、顧客が集まらなければ収入も減ってしまうため、軌道にのるまでは忙しい日々を送ることになります。

独立系ファイナンシャルプランナーになるまでのキャリアパス

ファイナンシャルプランナーは必ずしも資格取得が要るわけではありませんが、やはり「ファイナンシャルプランナー」と名乗る以上、なるべくファイナンシャルプランナー資格の中でも上級資格を取ってから独立するのが好ましいです。

また、金融機関での実務経験を経てから独立したほうが、自分自身もライフプラン設計や顧客とのコミュニケーション方法などのノウハウを蓄積できます。

顧客としても、どこかで名前を聞いたことがあるようなところで働いていた人のほうが信用しやすいので、金融機関での実務経験は独立時にプラスに働きます。

また、副業としてファイナンシャルプランナーの仕事を始めてみて、顧客の獲得に自信がついたら独立というやり方もリスクが少ないです。

独立系ファイナンシャルプランナーのメリット・デメリット

独立系ファイナンシャルプランナーのメリット

ファイナンシャルプランナーは、独立して開業するにあたり、多くの設備が必要になることはなく、初期費用は少なくて済みます。

また、1対1でのお客さまのコンサルティングが中心になることから、実務経験さえあれば独立開業しやすい仕事内容だといえるでしょう。

お金の知識はみんなが気になることで潜在的なニーズは高いです。

上手く自分をブランディングして、多くの人に「相談に乗って欲しい」「話を聞きたい」と思ってもらうことができたら、仕事量や収入も増えていきます。

独立系ファイナンシャルプランナーのデメリット

金融財政事情研究会の「FPに関するQ&A」によると、「FP事務所を開業し、顧客からの信頼を得て、生計を立てるためには「FP技能士」の資格の取得だけでは足りないという場合もあります。

FP資格にプラスして、「税理士」「社会保険労務士」「公認会計士」「中小企業診断士」「証券外務員」「保険募集人」「DCプランナー」など複数の資格の取得が望ましい」と書かれていることからも、ファイナンシャルプランナーとして独立して成功を収めるのは非常に難しいことがわかります。

独立開業したからゴールというわけではなく、日々知識を広げ、深めていく努力が必要な仕事だといえるでしょう。

独立系ファイナンシャルプランナーの給料・年収

独立系ファイナンシャルプランナーの給料は、個人の努力や力量によって大きく異なります。

たとえば、説明がわかりやすいと人気のマネー講師となれば、日本全国から講演のオファーが来るでしょうし、この場合は年収何千万円になる可能性があります。

しかし、顧客が習得できないならば当然、年収数万円~数十万円というのもあり得るわけで、自分の実力次第で収入が大きく変わる非常に厳しい世界です。

ライフプラン設計などコンサルティングをメインに行うならば顧客の友人を紹介してもらうなどの人脈が大切になるので、一件一件の仕事を丁寧に行い、「この人になら安心して相談できる」という評判になるように努力する必要があります。