「ファイナンシャルプランナー」とは

生命保険や住宅ローンなど、個々のライフイベントに沿った資産設計、提案を行う。

ファイナンシャル・プランナー(FP)は、個人や中小企業の相談に応じて、資産に関する情報を分析し、ライフイベントに沿って資金計画を立て、資産設計のアドバイスを行う仕事です。

年金、金融資産運用、保険、税、不動産、相続・事業承継等を総合的に検討します。

資格の種類は国家資格の1級FP技能士、2級FP技能士、3級FP技能士と、日本FP協会が認定する民間資格のAFP、CFPがあります。

勤務先はFP事務所・会社、銀行、信用金庫、証券会社、保険会社、投資顧問会社、不動産会社、その他事業会社などで、職種は営業や経理などです。

金融機関などに勤務するFPを企業内FPといい、そうではないFPを独立系FPといいます。

プライバシーに配慮し、お客さまと信頼関係を築くことができる方はFPに向いていると言えます。

「ファイナンシャルプランナー」の仕事紹介

ファイナンシャルプランナーの仕事内容

資産設計のアドバイザー

ファイナンシャルプランナー(FP)は、顧客の相談に応じ、資産に関する情報分析、ライフイベントに沿った資金計画をたてます。

その資金計画に基づき、顧客に対し、資産設計の提案や相談を行います。

顧客の多くは、個人ですが、中小企業などの法人もいます。

私達は、資産運用、マイホーム購入、相続、保険加入などの場面で、お金の問題に直面します。

お金に関する相談は、身近な人にもしにくいものです。

また将来への漠然とした不安をもっていても、将来までの見通しを立てることは困難です。

FPは、専門的なプロの立場から、ニーズ把握を行い、適切な提案や助言を行います。

顧客がお金の面で困ることなく、リスクを軽減しながら、目標を達成し、安定した生涯を送れるよう手助けするのが、FPの役割です。

FPは深い知識と顧客ニーズを把握するコミュニケーション能力が求められる仕事です。

ファイナンシャルプランナーの就職先・活躍の場

企業系と独立系に分かれる

企業内FPとして働く場合と独立してFP専業で働く場合があります。

まず企業内FPは、全FPの9割を占めます。

銀行、保険会社、証券会社などの金融系の企業につとめ、営業職や資産アドバイザーとして働いています。

ほかには、不動産を取り扱う不動産会社などでも営業職がFP資格をもっているケースもあります。

これらの職場では、資産運用やローン、住宅購入など、お金が動くことが多いです。

その場面において、FPの知識を生かし、顧客のニーズ把握、提案を行います。

独立系FPは、企業に属せず、独立したFPとして業務を行います

個人顧客の相談のほか、保険、不動産など自分の専門分野の講演、執筆を行います。

ファイナンシャルプランナー1日

人により働き方が多種多様

1日の働き方は、人によって多種多様です。

ここでは、独立系FPの1日について解説します。

8:00 新聞やニュースのチェック、メール返信など
株式などの金融市場動向、法律改正などの情報を日々把握します。

顧客からのメールにスピーディに対応することも大切です。

10:00 顧客訪問
個人のお客様を訪問し、ライフプランニングを行います。

お客様の生涯キャッシュフロー表などを提示し、分かりやすい説明を心がけます。

12:00休憩

14:00 セミナー
子育てママ向けの資産運用の講演会講師をつとめます。

終了後は、質疑応答をうけ、次回のアポイントなどにつなげます。

17:00 企業と打ち合わせ
セミナー開催企業と内容などの打ち合わせを行います。

20:00 資料作成
帰宅後、夕飯などをすませ、顧客への提案資料などを作成します。

ファイナンシャルプランナーになるには

FP技能検定を取得、実務経験を積む

FPの資格は、大きく2つに分けられます。

国家資格の「ファイナンシャル・プラニング技能検定(FP技能士)」と民間資格の「AFP、CFP」です。

FP技能士は1級、2級、3級の3種類に分かれ、勤務先や携わる業務によって必要とされる資格は異なります。

一般的には、実務に生かせるとみなされることが多いのは、FP2級と言われます。

FPは保険や不動産など多分野にまたがるお金の知識を勉強します。

多くのFPは自分の専門分野を生かせる企業に就職し、顧客の相談をうけながら、実務経験をつんでいきます。

ファイナンシャルプランナーの学校・学費

たくさんのスクールや資格講座がある

FPとして働くために、必ず通わなくてはならない学校はありません。

FP自体に学歴は問われませんが、銀行などでは、大卒以上で求人をだしているところが多いです。

実務で求められる国家資格の2級FP技能士は、独学でも取得可能な内容です。

独学取得が不安な方向けに、資格スクールや通信教育は多く開講されています。

費用は通学であれば20万前後、通信教育であれば10万前後です。

より深い知識が必要になるAFP、CFPの資格取得を目指す場合は、基本的に、AFP認定研修を修了する必要があります。

2級FP技能士を取得している場合は1~3万円前後、2級FP技能士を取得していない場合には5万円前後です。

ファイナンシャルプランナーの資格・試験の難易度

資格により難易度は異なる

3級FP技能士は、独学でも取得可能な内容とされています。

FPの基礎的レベルで出題され、知識ゼロからFP資格を目指す方にふさわしい試験とされ、合格率は例年60~80%程度です。

実務で求められる2級FP技能士は、合格率は30%~40%前後で、しっかり勉強すれば独学でも取得可能です。

FP技能士資格のなかで、最も難しいとされるのが、1級FP技能士です。

1級FP技能士の学科合格率は、実務経験をある者がうけた上で10%前後と難関です。

民間資格のCFPも保有者は少なく、難易度は高いです。

ファイナンシャルプランナーの給料・年収

人によって幅があるのが特徴

FPの年収は、人によって200万~1,000万円と人によって幅があります。

まず企業FPであれば、銀行などに所属し、そこでの給料体系にあわせ、毎月給与支払いがあります。

FP資格保有者には、資格手当として月1~2万円程度、支給されるケースも多いようです。

独立系FPは、相談料やセミナー代金という形で報酬を得るケースが多いです。

報酬は自分で設定できますが、FPとしての人気、知名度、経験により、1時間あたり4,000円~8,000円が相場です。

ファイナンシャルプランナーのやりがい、楽しさ

信頼され、喜んでもらえること

お金に関する相談は、家族や親しい友人にもしにくいものです。

プロとして、信頼され、悩みや困りごとの相談をうけることは、責任の大きさを感じます。

また、漠然とした不安を具体化した数字にし、的確なアドバイスを行うことで、お客様が最良の選択ができるよう手助けをします。

資産設計アドバイスは、知識を生かし、その人の人生の一部を支える仕事でもあります。

相談してよかったと感謝されることも多く、FPとしてのやりがいに繋がります。

ファイナンシャルプランナーのつらいこと、大変なこと

顧客との信頼を築くことの難しさ

お金の悩みが人それぞれであるように、様々な性格の顧客がいます。

信頼関係を築き、お客様に話をしてもらうためには、深い知識のほか、接客技術、コミュニケーション能力といったスキルが求められます。

お客様の耳に心地よくない現状の問題点などを、しっかり伝えることも必要で、苦労することも多いです。

お客様にあわせた提案をすることは、金融商品、金利動向、株価など様々な知識を日々ブラッシュアップする必要があります。

FPになったあとも勉強の日々で、大変だと感じることも多いです。

ファイナンシャルプランナーに向いている人・適性

数字に強く、情報管理が出来る人

FPは顧客から相談を受け、顧客の預金や資産状況という個人情報を入手します。

これらは顧客の財産であり、家族であっても人に知られたくないという人もいます。

きちんとこれらを管理し、人に聞こえるところで話さないなどの配慮が必要です。

またFPは、日々かわる金融知識を駆使し、顧客に資産運用などを提案します。

古い情報を伝えては、信頼がおちるほか、顧客の経済損失に繋がることもあります。

FPは最新の情報を収集し、数字を分析し、分かりやすく根拠を示しながら提案する能力が必要です。

ファイナンシャルプランナー志望動機・目指すきっかけ

企業に就職後、取得する人が多い

FPの9割が銀行や保険会社などに勤務しています。

FP志望者の多くが、これらの企業に就職したあと、業務上必要性を感じ、FPを取得する人が多いです。

またこれらの業界を志望する学生が、採用に有利になるため、2級FP技能士を取得することもあります。

FP資格は、保険や税金など、日々の生活にも役立つ知識が多いことから、主婦層にも人気の資格です。

まだ少ないですが、銀行などの企業FPとして実務経験をつんだあと、独立FPとして活躍する人もいます。

ファイナンシャルプランナーの雇用形態・働き方

就職した会社により様々

FPの働き方には、企業内で働く、独立するという2パターンがあります。

銀行や保険会社などの企業で働く場合、雇用形態は、正社員、契約社員、パートなど様々です。

これらの会社であれば、9:00~18:00前後の勤務時間のなかで、顧客対応を行います。

独立系FPは、自分でスケジュール管理を行うため、自由で柔軟な働き方ができます。

昨今FP資格は主婦層にも人気の資格ですが、それ単体で稼げる人は少数です。

そのため、個人で副業という形で資格を生かすケースも増加しています。

ファイナンシャルプランナーの勤務時間・休日・生活

企業内FPか独立FPかにより異なる

企業内FPは、通常の会社員として、勤務する会社の就業時間のなかで、顧客対応を行います。

多くの会社は、9:00~18:00前後です。

これらの会社は土日休みというところが多いです。

最近は、銀行が土日に住宅ローン説明会を行い、FP資格保有者が対応するなど、休日出勤があるところもあります。

独立FPは、自分でスケジュールをたて、働き方を決めるため、企業FPに比べ、自由な勤務時間設定が可能です。

ただし、顧客対応が中心となるため、夜間や休日であってもアポイントをいれるなど、顧客により左右されることも多いです。

ファイナンシャルプランナーの求人・就職状況・需要

需要は拡大傾向

現代社会では、少子高齢化、給料の削減、増加する税負担など、さまざまな社会不安が生まれています。

日頃の家計管理、教育資金、老後の生活設計、住宅ローン、年金や社会保険のことなど、人々が抱える将来設計の悩みも多様化しています。

そのようななか、総合的な知識をもち、専門家としての立場からアドバイスを行うFPの需要は増加しています。

これらの理由から銀行や保険会社でも、FP資格の取得を社員に推奨しています。

FP資格取得が昇給や昇格と関連づいていることも多いです。

FP資格を持っていることで、これらの企業へ就職できるとは限りません。

しかし、金融や不動産の営業、営業アドバイザーとしての求人は多く、FP資格は強みとなることは間違いありません。

ファイナンシャルプランナーの転職状況・未経験採用

金融系、不動産系の求人が多い

FP資格は、金融、不動産業界において強い資格です。

これがあることで採用されるとは限りませんが、2級FP技能士を履歴書に書くことで、他の候補者との差別化を図れるでしょう。

とくに、異業種など未経験からの転職であれば、資格取得をしておきたいです。

FPとして転職をより有利にすすめる場合、宅地建物取引主任者資格試験、税理士、社会保険労務士などの資格をあわせて取得することもお勧めです。

これらの資格をもつことで、自分の専門分野をより強くPRすることが可能です。

ファイナンシャルプランナーの現状と将来性・今後の見通し

活躍できるフィールドは広がる

FPはお金にかかわる幅広い知識をもつことから、金融、不動産業界で評価される仕事です。

経験を積み、実力と人気次第では、独立することも可能なことから、女性にも人気です。

現代は情報社会であり、気軽に情報が入手できる一方、金融商品は複雑化しています。

どれが自分に合うのかを選択することは難しく、プロとしてのFPの需要は今後も拡大するでしょう。

自分の専門分野の知識を日々習得し、顧客の立場にたったコンサルタント的アドバイスができる人材は、より一層重宝されることでしょう。