このサイトはファイナンシャルプランナーを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「ファイナンシャルプランナー」

仕事内容
ファイナンシャルプランナー(FP)は、個人や中小企業の相談に応じて資産に関する情報を分析し、ライフイベントに沿った資金計画を立て、資産設計のアドバイスを行う仕事です。資産運用、保険、不動産、相続など、人が生きる上でお金が関わる場面は多々ありますが、それらに関して専門的な立場から適切な助言を行っていきます。お客さまが目標を達成し、安定した生活が送れるように手助けすることが、FPの役割です。
なるには
ファイナンシャルプランナーにはいくつかの資格があり、最も有名なのが国家資格である「ファイナンシャル・プラニング技能検定(FP技能検定)」です。この資格試験は1級、2級、3級の3種類に分かれており、その他ではAFP、CFPという民間資格も存在します。勤務先や携わる業務によって必要とされる資格は異なりますが、FP2級以上を持っていると実務に生かせるとみなされることが多いと言われます。
給料
ファイナンシャルプランナーの年収は、200万円程度の人から1000万円を超える人までさまざまです。働き方によっても異なりますが、独立系FPとして働く場合の主な収入源となる「相談料」は、FPの業務経験年数が長くなればなるほどアップする傾向にあります。企業に勤めるFPの場合は、各企業の定める給料が支払われ、より上級の資格を取得することが収入アップにつながるケースも多いようです。
将来性
ファイナンシャルプランナーの活躍の場は、会計事務所、金融機関、不動産会社などさまざまです。また、税理士や公認会計士などの国家資格を持つ人が、スキルアップのためにFPの資格を得ることもあります。経験を積めば独立開業しやすく、女性が働きやすい職業という点も魅力の一つと言えます。金融の仕組みは複雑であるため、経験を積みつつ専門性を高めていくことで、活躍できるフィールドは広がっていくでしょう。