人事コンサルタントの仕事内容

人事コンサルタントの仕事とは

人事コンサルタントは、企業の人事制度や人事評価制度の設計を支援する仕事です。

クライアントとなる企業から依頼を受け、企業において不可欠な「人材」や「組織」の課題について、プロフェッショナルの視点でアドバイスや助言を行っていきます。

組織全体を客観的に見て、目に見える問題に対処していくことはもちろん、目に見えない問題まで拾い上げ、早いうちに経営上の課題として取り上げていきます。

そして、人材の意識改革やスキル育成の支援と、より強く安定した組織を作っていくために、広い視野を持って専門家としての立場でサポートしていきます。

人事コンサルタントの業務の内容

人事のプロフェッショナル

人事コンサルタントは、おもにクライアント企業の人事制度設計、評価制度といった人事領域におけるコンサルティングを行います。

このほか、組織風土改革、人材開発、チェンジマネジメントといった「人材」に関する多様な課題を取り扱います。

また、最近ではM&Aによる企業合併に関連した人事制度の統合・構築といった分野の案件も増えています。

知識と経験が重要な仕事

人事コンサルタントは、人事の実務についての知識や経験が必要となる仕事です。

企業の構造や組織の運営方法、人事や人材についての考え方、マネジメントの方法などを理解する必要があります。

また、クライアント企業の機密情報にも触れる仕事であることから、強い責任感や職業倫理にも詳しくなくてはなりません。

人事コンサルタントの役割

ひとくちに「人事コンサルタント」といっても、その業務内容はじつに幅広く、「人材」と「組織」にかかわる幅広い内容が業務領域となります。

具体的には、人事戦略立案、組織構造改革、人事部業務改革、人材育成体系構築、採用戦略立案、組織診断、組織改革・意識改革などです。

最近ではM&Aなどの組織統合も増えていますが、複数の会社が合併して1つになる際には、新しい人事制度を作ることが多くあります。

そうした場合、新会社の経営戦略や理念に基づき、人事戦略を踏まえて人事制度を策定していくことが、人事コンサルタントの役割となります。

このほか、社員が組織に対してどのような意識を持っているのかを調査して課題を見つけたり、より良い人材育成の戦略を練ったりするうえでのコンサルティングも、人事コンサルタントの大きな役割です。

人事コンサルタントの勤務先の種類

コンサルティングファーム

コンサルティングファームは、いわゆるコンサルタントのプロ集団で「コンサルファーム」ともよばれます。

さまざまな領域の課題を総合的に解決していくコンサルティングファームもあれば、人事・組織系に特化したところもあります。

さまざまな事業会社をクライアントとし、クライアントの「人材」に関する経営課題について、第三者の立場かつプロフェッショナルとして解決に導いていきます。

クライアントの業界や業種はさまざまであるため、多種多様なプロジェクトに挑戦できるという特徴があります。

経験を積んだコンサルタントは、別のコンサルティングファームに移ったり、独立したりする人もいます。

事業会社の人事部門

一般企業の人事部門で働く人事コンサルタントもいます。

その場合、営業職や事務職など他職種の社員と同様、勤務先の企業のいち社員として、自社の組織づくりに深く関わっていきます。

腰を据えてじっくりと仕事を進め、自社の経営に貢献していきやすい環境があるといえるでしょう。

経験を積み、社内で昇進していくこともできますが、勤務先の規模や業種などによって人事部門の人数や体制は異なるため、働き方はだいぶ変わってくるといえるでしょう。