このサイトはトレーダーを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「トレーダー」

仕事内容
トレーダーとは一般的に、金融機関で株式や債券などの売買の取引仲介を行う人のことをいいます。お客さま(投資家)とディーラーの間に立ち、売り時・買い時の情報をお客さまに提供したり、お客さまから売買注文を受けてディーラーに伝えることがおもな役目です。マーケットは世界中で動き続けるため、常にその動向を追い続けなければなりません。ときに何百億円という莫大なお金に関わることもあり、強い責任感が求められます。
なるには
トレーダーになるには、投資銀行や証券会社など、トレーディング部門のある金融機関に就職する必要があります。学歴は「大卒以上」であることが求められますが、新卒生の場合は「トレーダー職」の採用はほぼなく、「総合職」として一括採用し、適性や能力のある人をトレーディング部門に配属することが多くなっています。大手企業になればなるほどライバルも増えるため、より高いレベルの学校を出ていることが有利になるといわれます。
給料
トレーダーの給料は、一般的な会社員のそれよりも高くなることが多く、大手企業に勤務する場合、20代で年収1,000万円を超える人もいるといわれています。特に、外資系金融企業では億単位の年収を稼ぐ人や、世界のトップクラスのトレーダーになると、30億円以上という驚くべき年収を得る人もいます。実力がつけばつくほど給料や待遇面には恵まれますが、非常に優秀な人が多い中で、それだけ稼げるようになるのは簡単なことではありません。
将来性
日々変わり続ける世界情勢や経済のダイナミズムを味わえることは、トレーダーの仕事の醍醐味といえます。近年、日本経済は世界からあらためて注目を集めており、海外の機関投資家層も増加している中、世界を相手に戦っていけるトレーダーがますます必要とされていくものと考えられます。高い語学力やグローバルな視野を有し、金融市場に影響を及ぼすあらゆる要因に対して興味を持てる人材が、さらに重宝されるようになっていくでしょう。