ファイナンシャルプランナーの1日・生活スタイル

ファイナンシャルプランナーの業務スケジュール

ファイナンシャルプランナーは、ライフプランニング全般の相談業務に携わるほか、講演活動や執筆活動など人によってさまざまな仕事をしています。

企業に所属して働く人もいれば、独立して仕事をする人もおり、同じFPといっても人によって仕事の内容や働き方、1日の過ごし方は大きく異なってきます。

企業に所属する場合は、その企業の勤務時間に合わせて働くことになりますが、独立して働く場合はお客さまや自分の都合に合わせた勤務時間となります。

また、独立して働くファイナンシャルプランナーの場合はセミナーやイベントなどをして集客を行うため、顧客が集まりやすい土日や夜間も仕事になる事が多いです。

銀行で働くファイナンシャルプランナーの1日

ファイナンシャルプランナー資格を持つ人の約9割が金融系企業で働いているといわれており、銀行員の資格保有者も多いです。

銀行では、お客さまの資産運用を手助けするために、お客さまの悩みをヒアリングした上で投資信託・保険・住宅ローンなどさまざまな商品を提案します。

ここでは個人のお客さまに対して資産運用を提案する部署に所属する銀行員の1日を紹介していきます。

8:00 出社
銀行の支店が開く時間に出社します。
8:40 朝礼
連絡事項を同僚と共有します。
9:00 お客さまの元を訪問
担当するお客さまの元を訪問し、困りごとがないかをヒアリング。

相談内容に沿って投資信託の乗り換えなどのセールスも行います。

10:30 書類のチェック
お客さまが商品を購入してくれたら、契約書内容などを確認して手続きをします。
12:00 休憩
昼食を取るなど休憩します。
13:00 新規開拓先へ訪問
銀行口座を作ってくれたお客さまに資産運用の需要がないかヒアリング。一緒にライフプランニングを作り資産運用のポイントを説明します。
15:00 勉強会
新しい投資信託の内容を理解するために同僚と勉強会に参加。
16:00 翌日の顧客訪問準備
セールスの趣味レーションをしたり、商品の提案資料を作成したりします。
18:00 帰宅
業務が終われば帰宅しますが、期末などは少しでも実績を積み上げるために残業が増えます。

独立して働くファイナンシャルプランナーの1日

ファイナンシャルプランナーの中には、企業などに所属せず、独立して働く人もいます。

独立して働く場合、ライフプランニングの作成や相談以外にもセミナー講師、イベント開催、マネー系の記事の執筆など幅広い活動を行うことで収入を得ます。

自分のペースで働くこともできますが、自分の実績がすべてになるので、常に最新の情報をアップデートするための勉強をしたり、顧客の新規開拓をしたりと収入を増やしたいのであれば仕事は忙しくなります。

ここでは独立して働くファイナンシャルプランナーの1日を紹介します。

5:30 起床
朝は早く起きて身支度をします。
6:00 メールチェック
夜の間にお客さまや取引先からのメールが届いていれば、優先順位の高いものから返信します。
6:30 朝食
健康維持のためにも、食事には気を遣います。
7:00 新聞・ニュースをチェック
ファイナンシャルプランナーは金融市場の動向や、世の中の動きを負うことも重要です。テレビのニュースを見て、新聞は社会面から経済面などまんべんなく目を通します。
9:00 取引先の企業訪問
後日、お金に関するセミナーを依頼されている企業を訪問。どのようなセミナーにするかを担当者と打ち合わせを行います。
12:00 移動、昼食
日中、外出している日は移動先で食事をとることが多いです。
14:00 講演会
ローンに関する講演会で講師を務めます。参加者の反応を見ながら、わかりやすく説明します。
16:00 相談業務
講演終了後、参加者からの相談にのります。
19:00 帰宅
荷物を片付けてほっと一息。
21:30 資料作成
パソコンで、セミナーで使用する資料を作成します。
23:00就寝
翌日に備えて、特別な予定がなければできるだけ早めに寝るように心がけます。

ファイナンシャルプランナーの勤務時間・休日