ファンドマネージャーの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

ファンドマネージャーを目指すきっかけで多いものは?

ファンドマネージャーの仕事は、世界中の情勢やマーケットの動きを読みながら、自分がファンドの方針に合った運用をします。

そのため、もともと経済の動きに興味があったり、自分自身の運用をするのが好きだったりする人にとっては、投資の世界に集中できる理想的な仕事ともいえます。

うまく投資をするために勉強はもちろん欠かせませんが、センスや判断力も必要です。

自分の運用で多くのファンド購入者に利益をもたらし、喜んでほしいと考えて、ファンドマネージャーを志望するが人が多いです。

ファンドマネージャーの志望動機の考え方

信託銀行のファンドマネージャーを目指す志望動機

信託銀行では、投資信託の設計や運用をすることがファンドマネージャーの仕事です。

投資信託は銀行や証券会社でも購入することができ、運用実績が好調であれば、多くのお客さまに購入してもらえるチャンスが増えます。

同時に、お客さまの資産を自分の運用で守り増やすことが使命となり、自分の知識や経験を生かして仕事をすることになります。

お客さまの資産を自分の運用次第で増やすことが使命となり、お客さまに喜んでもらえる商品を作り運用していきたいという気持ちで信託銀行を志望する人が多くなっています。

保険会社のファンドマネージャーを目指す志望動機

保険会社のファンドマネージャーは、お客さまから集めた保険料を運用して、運用実績を上げて、通常銀行預金に預けるよりも良い利率でお客さまに還元することがミッションになります。

実際には、利回りは契約時に決まっていることが多く、運用成績が良ければ会社の利益が増えることになります。

お客さまから預かった大切な保険料を守り、良い運用をして利益をもたらしたいという理由で保険会社のファンドマネージャーを目指す人もいます。

ファンドマネージャーの面接で聞かれること・注意点

ファンドマネージャーの募集は経験者がほとんどになりますが、面接では実務で活かせる知識が十分にあるかが問われます。

たとえば、今注目している株を述べて、なぜその株を選んだのか、どんな値動きを予想するかなど、かなり具体的なディスカッションになることもあるようです。

年収が高い職種かつ、とくに中途採用の場合は即戦力がほしいと思われているので、きちんと事前準備をして面接に臨むべきといえます。

また、外資系の場合は英語での面接になることもあり、自信がない場合は英会話スクールに通うなどして準備をする必要があります。

ファンドマネージャーの自己PRのポイント

ファンドマネージャーになるためには、高い資質と能力が求められます。

中途採用であれば即戦力として業務経験が重視されますが、新卒採用の場合、大学を出たばかりの人材に採用側は特別に高い金融スキルを求めていません。

採用担当者が見ているのは、専門知識や経験ではなく、これからどれだけ成長できそうかという「伸びしろ」です。

どこかで拾ってきたような志望動機で優秀に見せようとするよりも、自分の本音をしっかりとまとめて伝えようとした言葉のほうが、相手の心には残るでしょう。

ファンドマネージャーの仕事や金融業界について自分なりに勉強した上で、これから本気でがんばろうという姿勢、熱意を伝えることが何よりも大切です。

ファンドマネージャーの履歴書で気をつけるべきことは?

ファンドマネージャーが活躍する現場には、「米国証券アナリスト資格(CFA)」を持っている人や、海外の一流大学でMBAを取得したような、ハイレベルな人が大勢います。

学生のレベルでいくら能力をアピールしたところで、プロから見れば、たいしたことではありません。

もちろん、本気でファンドマネージャーになりたいというアピールをするために資格取得などに励むことも素晴らしいですが、「ファンドマネージャーになりたい理由」を一生懸命書くことで本気度を伝えることができます。

自分の熱意が最大限に伝わるように、言葉を選んで読みやすく志望動機を書くようにしましょう。