アクチュアリーの1日のスケジュール・生活スタイル

アクチュアリーの業務スケジュール

アクチュアリーは、生命保険会社、損害保険会社、信託銀行などで働いています。

会社員の一人として採用されるので、勤務時間は所属する会社の始業・就業時間に左右されますが、アクチュアリーの仕事は専門職で、代わりが効かないため、新商品を開発する時などの繁忙期は残業続きになりやすいです。

アクチュアリーの需要が増えているのにも関わらず、日本ではまだ資格取得者の人数も少ないため、各社で仕事量の割にアクチュアリーの数が少ないという問題もあります。

また、アクチュアリー資格取得前は、帰宅後も資格試験の勉強をしなければならず、公私ともに忙しくなります。

損害保険会社で働くアクチュアリーの1日

損害保険会社で働くアクチュアリーは、さまざまなリスクに照らし合わせながら保険の掛金を計算したり、収支予測をしたり、自社の資産と負債のバランスをチェックすることがおもな仕事になります。

とくに自動車保険の場合、契約を結ぶお客さまは、年齢・車種・事故歴・走行距離などで属性が変わり、さまざまなパターンを用意する必要があり、計算も複雑です。

新商品を販売する前は、アクチュアリーとしての仕事だけではなく、各部署との調整などで忙しくなりますが、自分が設定した保険がパンフレットに載るのを見るとやりがいを感じるというアクチュアリーも多いです。

7:30 出社
朝は早めに出勤。新聞は必ず目を通し、世の中の動きや経済情勢を確認します。
8:45 朝礼
部内で簡単なミーティングを行い、当日のスケジュール等に関して情報共有を行います。
9:30 計算
さまざまなデータを用いて、各パターンに分けた事故率などを計算。それを使ってどのような掛金にするかも考えます。
10:30 社内会議
他部署のメンバーと一緒に、新しい保険商品の開発会議をして、アクチュアリーとしては主に価格決定や収支管理に関わります。
12:00 昼休憩
昼食を取るなど休憩します。
13:00 提案資料作成
パワーポイントやエクセルを使い、お客さまに提案する資料を作成します。
15:00 ミーティング
チームのミーティングで進捗管理や失敗事例などを共有し、より効率的に、確実な仕事ができるように努めます。
17:00 情報収集
少し時間が空いたため、業務に関わる法令の知識や業界の動向に関する情報を集めます。
20:00 帰宅
早く帰れた日は、ホッと一息ついたら寝るまでアクチュアリー資格の合格に向けて勉強をします。

信託銀行で働くアクチュアリーの1日

年金アクチュアリーとして信託銀行で働くアクチュアリーは、年金アクチュアリーとして企業年金の設計や掛金の計算、企業年金を健全に運営するための財政検証などが主な仕事になります。

お客さまからの高度な要望がある時は、計算に膨大な時間を費やすこともあります。

お客さまの将来に関わる責任のある仕事のため、きちんと準備をしたり、検証したりする必要があり、納得できる仕事ができない時は残業になることもあるのです。

8:30 出社
出社したらメールチェックなどを行い、お客さまから照会事項があれば答えます。
9:00 計算
お客さまの希望に合うような運用をするために数理計算内容を整理。その後計算を行う。
11:00 上司とミーティング
先程計算した案件をについて、どのような掛け金にするかなど上司などに報告。
12:00 昼休憩
同僚と昼食を取るなどして休憩します。
13:00 他社のアクチュアリーと情報交換
アクチュアリーは人数が少ないということもあり、他社との交流も多いのが特徴です。
15:00 分析
他社との交流で出た問題点について、自社ではどう対応すべきかなどを分析します。
17:00 他部署とミーティング
計算した内容を元に、どのような運用をするかなど商品開発や営業担当とミーティング。
19:00 帰宅
繁忙期以外は仕事が終わったら早めに帰宅します。

アクチュアリーの勤務時間、休日・仕事は激務?