コンサルタントへの転職・未経験採用はある?

コンサルタントへの転職状況は?

コンサルタントは他業界からの転職も比較的多い職業であり、「未経験からコンサルタント企業へ転職する」というケースも少なくありません。

実際に未経験者を受け入れる企業が多い背景には、国内のコンサルティング市場が拡大し続けていることが挙げられます。

近年、日本のコンサルティング市場は順調に成長しており、コンサルタント企業の提供するサービス範囲も経営、戦略、IT、財務、雇用など多岐にわたっています。

このような市場の拡大にともない、たくさんのコンサルタントが必要とされている時代です。

また、すでにコンサルタント企業で働いている人が、より条件の良いコンサルタント企業へ転職することも珍しくありません。

優秀なコンサルタントはヘッドハンティングされることもあり、自分の実力次第で大きな収入を期待できるといえるでしょう。

コンサルタントへの転職の志望動機で多いものは?

コンサルタントの志望動機としてはとくに多いものは、「さまざまな業界や企業とかかわれる」「専門性を生かして仕事に取り組める」「企業の課題解決というやりがいの大きい仕事ができる」などの理由です。

こうした理由のほかにも、「スキルアップがしたい」「収入を上げたい」といった考えからコンサルティングをめざす人も多いでしょう。

転職面接で志望動機を伝える際の注意点として、ただ「コンサルタントに転職したい理由」を伝えるだけでは不十分といえます。

コンサルタントになりたい理由に加えて、志望動機には「自分が会社にどう貢献できるのか」についての説得力のある内容を盛り込んでおくことが大切です。

とくに新卒採用ではなく中途採用の場合は「なるべく早く戦力になってほしい」と考えて採用する企業が多いため、入社後のビジョンをしっかり伝えられるよう意識しましょう。

コンサルタントの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人からコンサルタントになるには

未経験からコンサルタントをめざすには、求人サイトや転職エージェントでコンサルタント企業の求人を探すことがもっとも一般的な方法です。

なかには「コンサルタント専門」の転職サイトも存在するため、そういったサービスを利用することで求人自体はすぐに見つけることができるでしょう。

コンサルタントになるうえで必須の資格などもとくにないため、「未経験歓迎」としている求人も少なくありません。

とはいえ、企業側に「採用するメリット」を感じられなければ内定を得ることはできないため、業界研究や面接対策は十分におこなっておく必要があります。

コンサルタントへの転職に必要な資格・有利な資格

先ほど説明したように、コンサルタントは特定の資格が必要になる職業ではありません。

しかし、コンサルタントの仕事は、高い専門知識がある人ほどクライアントからの相談に対して的確なアドバイスができるため、資格を持っていることが転職で有利に働く場合も少なくありません。

とくに「税理士」「公認会計士」「中小企業診断士」などの士業の資格を持ちその業界での勤務経験もある人は、まさにコンサルタントとしてうってつけの人材になるでしょう。

また、「MBA(経営学修士)」を取得していて経営学に精通している人であれば、未経験からの転職でも即戦力として活躍できる可能性があります。

これらの資格保持者の転職を歓迎している企業もあるため、保有している資格によっては転職をよりスムーズに進められるといえるでしょう。

コンサルタントを目指す人におすすめの資格は?

コンサルタントへの転職に役立つ職務経験は?

資格と同様に、コンサルタントは特定の職務経験がなければ働けない仕事ではないので、未経験から転職することも可能です。

ただし、コンサルタントとして働くうえで絶対的に必要になる「コミュニケーション能力」や「情報処理能力」に加えて、さらに「特定分野の専門知識」をアピールできる経歴があると面接試験ではプラスに働きます。

具体的には、以下のような「ほかの人にはない強み」を持っていることで有利にアピールができるでしょう。

・外資系の企業で働いていた経験があり、英語が話せる
・会社の「トップ営業マン」として活躍してきた実績があり、交渉ごとが得意
・人事や経理に長年たずさわっていたため、財務分野の専門的な知識がある

コンサルタントへの転職面接で気をつけるべきことは?

コンサルタントの転職面接では、とくに「わかりやすい回答」と「見た目・印象」の2点に気をつけることが大切です。

実際のコンサルタントの仕事では、クライアントに対して「課題の解決手段」や「今後の経営戦略」などについて、筋道を立ててわかりやすく説明する必要があります。

そういった仕事を問題なくこなしていけることをアピールするためには、面接中の回答も論理的で聞き手が理解しやすいものにしていかなければいけません。

また、コンサルタントとして活躍していくためには「信頼できる人柄」や「印象の良さ」などの要素も非常に重要であるため、その点も面接中は厳しくチェックされています。

これらのポイントを押さえつつ、転職エージェントなどを活用しながら面接対策を進めていくと良いでしょう。

コンサルタントに転職可能な年齢は何歳くらいまで?

コンサルタントになるのに年齢面での制限はとくにありませんが、未経験から転職をめざすのであれば、基本的には若い年齢のほうが転職活動はスムーズに進みます。

未経験からコンサルタント企業へ転職するメインの年齢層は、20代〜30代前半くらいが多いようです。

それ以降の40代〜50代の人が未経験から転職することは、不可能ではありませんがかなり珍しいケースといえます。

ただし、コンサルティング業務に生かせる高い専門知識を有している場合であれば、年齢に関係なくコンサルタント企業に転職できる可能性があります。

未経験からコンサルタントの転職での志望動機

コンサルティング未経験であっても、前職の知識や経験によっては大きなアピールポイントにできることもあります。

たとえば「◯◯の分野に詳しい」「提案営業をおこなっていた」など、コンサルティング業務につながるような経験がなかったかをまずは洗い出してみると良いでしょう。

また、コンサルティング業界全体のトレンドや、業界のなかでの志望先企業の立ち位置などをしっかり研究しておくことも志望動機を考えるうえでは大切です。

それぞれのコンサルタント企業によって専門領域は異なるため、その会社では生かせない実績をいくらアピールしても評価にはつながりませんので注意しましょう。