コンサルタントの1日のスケジュール・生活スタイル

コンサルタントの業務スケジュール

コンサルタントは、コンサルタント専門の企業に所属している人や、個人事務所を構えて活動している人などさまざまですが、基本的には「クライアントのスケジュール」を最優先で業務を進めていきます。

クライアントからの依頼には明確な期限が設定されていることも多いため、それに合わせて調査や分析、資料作成などを手際良くおこなっていく必要があるでしょう。

また、どんな小さな情報でも、クライアントが抱える課題を解決する重要なヒントになることがあるため、取引先の人たちと親交を深めながら積極的に情報を取り入れる姿勢が欠かせません。

忙しい時期には昼食休憩もろくに取れないこともあり、多忙な一日を送っている人が多い職業だといえます。

総合コンサルタント企業で働くコンサルタントの1日

大手の総合コンサルタント企業では、クライアントの経営分析や財務分析、今後の戦略策定や新規システムの導入など、クライアントが抱えるあらゆる課題の解決を目指し活動しています。

ここでは、総合コンサルタント企業で働くコンサルタントの1日をご紹介します。

8:30 出社
会社に出社し、メールのチェックや一日のスケジュールを確認します。

クライアントからの質問や相談が届いていれば迅速に対応します。

9:00 資料作成
クライアント先に提出するための資料を作成します。
11:00 クライアント企業に訪問
クライアント企業に訪問し、担当者を交えて情報収集や打ち合わせをおこないます。
13:00 休憩
クライアントとの打ち合わせが終わったら、一度昼休憩をはさみます。

午前中に訪問がある場合は、昼食はそのまま外で食べることも多いようです。

14:00 別のクライアント企業に訪問
午前中とは別のクライアント企業に訪問し、こちらでも課題解決に向けて情報収集や打ち合わせをおこないます。

移動中に空き時間ができた場合は、資料作成などを進めていきます。

16:00 自社に戻り社内ミーティング
クライアント先から自社に戻り、社内でミーティングをおこないます。

コンサルタント企業ではチーム単位で動くことが多いため、ほかの社員との情報共有は重要です。

17:00 デスクワーク
その日に訪問した企業からの情報をまとめたり、問題点の洗い出しなどをおこないます。

クライアントの都合によっては、夕方以降の時間からクライアント先に訪問する場合もあります。

20:00 退社
資料作成が一段落し、翌日のスケジュール確認も終わればその日の業務は終了です。

なお、案件が混み合っている時期やトラブルが発生している場合は、帰りが終電近くになってしまうことも珍しくありません。

建設コンサルタント企業で働くコンサルタントの1日

続いて、建設コンサルタント企業で働くコンサルタントの1日をご紹介します。

建設コンサルタントはおもに国や自治体などからの発注を受けて、道路や公園などの公共物の設計にかかわる仕事です。

8:30 出社
クライアントからのメールをチェックし、1日の業務の段取りを確認します。
9:00 社内ミーティング
同じプロジェクトメンバーで打ち合わせをおこないます。

作業の進捗状況を共有したり、今後の方向性などを確認します。

10:00 設計図面の作成
依頼のあった公共物をどういう手順で設計していくのかを考えます。

図面の作成には、「CAD」と呼ばれる専門的なソフトを活用することもあります。

12:00 休憩
昼食を食べて午後からの仕事に備えます。
13:00 クライアント先に訪問
クライアント先に訪問し、担当者と打ち合わせをおこないます。

それ以外にも、建設予定地に出向いて現地調査をおこなう場合もあります。

16:00 自社に戻り資料作成
クライアントとの打ち合わせや現地調査が終われば、自社に戻って資料作成を再開します。

必要に応じて、ほかの分野の担当者と設計内容を確認し合い、間違いがないように業務を進めていきます。

19:00 退社
作成した資料のチェックも問題なく終われば、翌日の予定を確認して業務終了です。

コンサルタントの勤務時間・休日