女性のファイナンシャルプランナーのキャリアパス・結婚後の生活

女性のファイナンシャルプランナーの現状

最近は女性のファイナンシャルプランナーを求める企業が増えています。

求人サイトで「ファイナンシャルプランナー」または「FP」というキーワードが入った求人を検索すると、女性が働きやすい福利厚生が整っていることをアピールしている企業が多くヒットします。

また、「ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)」をキープしながらキャリアアップができる職場や、結婚や出産によって一度退職したものの、もう一度働きたいという人にとって働きやすい企業もあるようです。

それらの求人は、だいたい女性を多く集めたいと考えられて掲載されていることから、女性ファイナンシャルプランナー歓迎で、仕事と家庭生活を両立しやすいように配慮されていることが多いでしょう。

実際にメガバンクなどでは、個人のお客さまを担当するファイナンシャルプランナーのほとんどを女性の営業担当が行なっており、産休・育休取得後も時短制度などを使いながら働いているファイナンシャルプランナーも多いです。

女性のファイナンシャルプランナーの強み・弱み

女性のファイナンシャルプランナーの強み

ファイナンシャルプランナーは、お客さまの資産や将来設計などのお困りごとに対し、お客さまの家計や家族の状況をヒアリングして、アドバイスをしていきます。

その際には、家計を管理している立場、働く女性の立場、そして妻や母としての立場など、女性ならではのさまざまな視点を生かすことができます。

また、お客さまの抱えているお困りごとには、妊娠や出産といった女性が深く関わるライフイベントにまつわるものが多いです。

そのため、女性のファイナンシャルプランナーのほうが話しやすいというお客さまもいらっしゃり、これは女性がファイナンシャルプランナーの強みといえます。

女性のファイナンシャルプランナーの弱み

ファイナンシャルプランナーとして金融系商品の販売がメインになる金融系企業で働く場合、業界の特徴としてノルマが多くなる傾向にあります。

そのため、優しい性格でお客さまに押し売りのようなことはしたくない女性にとっては非常にストレスになる可能性が高いです。

常に周りと比べられ、営業成績が良くなければ昇格が遅れたり、賞与に影響したりするので、「女性でも誰にも負けたくない」というようなバイタリティがなければ、つらい仕事になります。

ファイナンシャルプランナーの結婚後の働き方・雇用形態

ファイナンシャルプランナーが活躍する金融業界は、とくに大手企業であればあるほど女性にとって働きやすい制度などが整っています。

正社員ならば、産休や育休制度がしっかりと整っており、復帰後も子どもが小さい間は時短勤務制度などを使うことができる会社が多いです。

大手企業ならば、このような制度取得の前例も多いので、総務や人事部とのやりとりもスムーズに手続きしてもらえる可能性が高いですし、上司や先輩社員の理解もあります。

また、子どもの急病のために、通常の有給休暇とは別に看病休暇が用意される場合もあり、仕事との両立もしやすいでしょう。

ファイナンシャルプランナーは子育てしながら働ける?

企業内ファイナンシャルプランナーの場合、所属する企業にもよりますが、制度が整っている企業であれば子育てしながらでも働くことは可能です。

ただし、制度上時短勤務ができるようになっていても、出世を望むのであればフルタイムで働かなければいけませんし、時短勤務でもノルマがあるならば短い時間で効率的に営業するなど、負荷は大きくなります。

その点、独立系ファイナンシャルプランナーとして働く場合は、時間の使い方は自分次第になります。

ただし、収入は仕事量に直結するので、「子どもが小さいうちは収入が少なくても良い」と割り切れる場合はよいですが、収入がある程度必要な場合は、いくら自由に働けるとはいえ、ゆったり働くことは難しいです。

ファイナンシャルプランナーは女性が一生働ける仕事?

ファイナンシャルプランナーには「FP技能士」という国家資格がありますが、この資格の効力に期間の制限はなく、登録や更新の義務もありません。

法改正などがある都度、新しい知識を次々に身につけていく努力は必要ですが、結婚や出産を機に退職しても仕事を再開しやすいですし、独立してファイナンシャルプランナーとして働くこともできます。

とくに生命保険会社では、昔から「生保レディ」と呼ばれる女性営業員を子育て中などでも積極的に雇用しており、ブランクがあっても正社員として働くこともできる貴重な存在です。

こういった意味で、ファイナンシャルプランナーの仕事は途中でブランクができてしまったり、退職したりしても再開しやすく、一生働ける仕事といえます。