ファイナンシャルプランナーの仕事内容

ファイナンシャルプランナーの仕事とは

ファイナンシャル・プランナー(FP)は、おもに個人のお客さまに対して、資産に関する情報を分析して資金計画を立て、アドバイスを行う仕事です。

住宅ローン、不動産、教育、税金、投資、老後、相続といった分野のお金のエキスパートとしてアドバイスをするのが、ファイナンシャルプランナーの役目です。

ファイナンシャルプランナーには複数の資格があり、最も代表的なのが国家資格「ファイナンシャル・プランニング技能士(FP技能士)」といわれています。

ファイナンシャルプランナーはあくまでも仕事を表す名称であるため、関連資格がないと絶対に働けないというわけではありませんが、専門的な知識が求められることから、ほとんどの人はFP技能士などの資格を持って活躍します。

ファイナンシャルプランナーの業務内容

ライフプランを考える

人生を通してのライフプラン(生涯生活設計)をお客さまと一緒に考え、課題を明確化し、解決する手伝いをするのがファイナンシャルプランナーの主な仕事です。

生涯生活設計とは、就職、結婚、子の誕生、教育、マイホーム取得、子の独立、老後の生活というライフステージごとに必要になる金額を計算し、資金計画を立てることです。

お客さまの家族構成、収入、支出、住宅、資産など、計画のもととなる情報を聞いて、個人のバランスシートを作成して現状を把握し、問題点と改善方法を考え、ライフイベント表を作ります。

そして、ライフステージごとにどのぐらいのお金が必要になるかを算出してキャッシュフロー表を作成し、将来の問題点と改善方法を考え、提案書を作成します。

資金計画のアドバイスをする

ファイナンシャルプランナーは、お客さまと一緒に作成したライフプランに基づき、お客さまが不安を感じることに相談にのったり、アドバイスをしたりする仕事です。

日本FP協会のサイトには、「ファイナンシャル・プランニングとは夢や目標に対して総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く方法である」と書かれています。

また、金融財政事情研究会のサイトによれば、「ファイナンシャルプランナー(FP)は個人や中小企業の相談に応じて、顧客の資産に関する情報を収集・分析し、顧客のライフプランやニーズに合わせた貯蓄、投資、保険、税務、不動産、相続・事業承継等についてのプランを立案し、アドバイスを行う資産相談に関する専門家」と定義されています。

一人ひとりライフプランは全く異なるものになるので、お客さまに寄り添って、それぞれに合わせたアドバイスを行うことが期待されているのです。

ファイナンシャルプランナーの役割

ファイナンシャルプランナーの役割をわかりやすくまとめてみると、「人生設計に必要とされる各分野の情報を総合的に考えて問題点を見つけ、お客さまの立場で解決方法を考えること」といえるでしょう。

お客さまが自身の人生の目標を達成し、安定した生活が送れるように、長期的な視点でアドバイスすることがファイナンシャルプランナーの役割です。

ファイナンシャルプランナーが対応する相談内容のひとつに「資産運用」に関することがありますが、そこでは価格変動リスク、為替リスク、信用リスクなど、さまざまなリスクを分散してコントロールするための方法を提案します。

また、お客さまの目標に合わせて、リスクが高い商品を取り入れたいのか、安定性の高い商品で運用したいのかなども確認することが必要です。

そのほか、病気・死亡・事故・災害といったさまざまなリスクに備えるための保険商品のうち、お客さまに適したものを提案することもあります。

ファイナンシャルプランナーの勤務先の種類

多くのファイナンシャルプランナーは、銀行・証券会社・保険会社などの一社員が資格を取得することによりファイナンシャルプランナーの肩書を持ちながら働いています。

このような企業に所属して働く場合、どうしても自社やグループ会社などの製品のセールスをしなければいけないので、提案は偏りがちになります。

一方で独立系ファイナンシャルプランナーは常に中立的な立場でお客さまにアドバイスができます。

いろいろな会社の商品を比べて最も適しているものはどれかという提案を行うことができるので、お客さまとしてもたくさんの商品から自分に一番合うと思ったものを選ぶことができるのが魅力です。

ファイナンシャルプランナーの就職先・活躍の場

ファイナンシャルプランナーの仕事の流れ

ファイナンシャルプランナーの仕事は、まず、客さまの獲得のために説明会やセミナーなどを開き、ライフプランを作る重要性を述べることから始まります。

そこで興味を持たれたお客さまと一緒にライフイベントや将来必要になるお金を書き出したライフプランを作成し、お客さまの悩みをヒヤリングします。

そこで出てきた悩みに対して解決法を一緒に考えたり、資産運用のための商品紹介を行ったりすることでお客さまの未来に対する負担を軽減させることがファイナンシャルプランナーの大切な仕事です。

そこでおしまいではなく、目標達成ができているかを確認したり、さらに効率的な資産運用ができないか考えたり、お客さまと長いお付き合いができるようにしていきます。

ファイナンシャルプランナーと関連した職業

ファイナンシャルプランナーは資産運用のプロではありますが、さらに年金、保険、金融資産運用、タックスプラニング、不動産などの分野でそれぞれ専門家として活躍する人たちがいるので、専門家に繋ぐ窓口的な存在でもあります。

たとえば、相続や資産承継など大きな金額や不動産が動く場合、弁護士司法書士税理士行政書士などとの連携・協力が必要になるケースもあるでしょう。

どういうときにどの専門家のところへ行ったらよいかということをお客さまにアドバイスするのも、ファイナンシャルプランナーの役割であり、このような専門家と共にお客さまの悩みを解決していきます。