ファイナンシャルプランナーの就職・求人状況・就職先選びのポイント

ファイナンシャルプランナーの就職先にはどんなところがある?

ファイナンシャルプランナーの就職先には、銀行、証券会社、保険会社、保険代理店、不動産会社、コンサルティング会社などがあります。

職種は営業職(アドバイザー、コンサルタント)や営業アシスタントとして働くことが多いです。

とくに、金融機関や保険会社では「FP技能士」の取得が推奨されており、その資格が昇格・昇給と関連付けられているところも多いです。

FPの資格があれば就職できるというものでもありませんし、FP資格が入社時になくても人間性や適性が認められれば採用してもらえます。

ただし、金融系の職場で働きたいと強く望んでいるのであれば、やる気をアピールできるので、FP資格の取得しておいて損はないといえるでしょう。

ファイナンシャルプランナーの就職先・活躍の場

ファイナンシャルプランナーの求人状況

さまざまな社会不安が生まれている現代社会においては、日頃の家計管理をはじめ、子どもの教育資金、住宅ローン、年金や社会保険のことなど、人々が抱える将来設計の悩みも多様化しています。

とくに最近では老後資金の不安から、投資に興味を持つ人が増えており、ファイナンシャルプランナーに相談したいという人が増えているのです。

そのようななか、お客さまの夢や目標達成のために専門的な視点からアドバイスができるファイナンシャルプランナーの存在感は高まることが予想されます。

銀行や証券会社などの金融機関は、ネットでの金融商品の販売が増加していることもあり、採用を絞る流れになっていますが、お客さまのニーズに応えることができる営業ができる人材は今後も需要があります。

また、イベントやセミナーなどで気軽に相談できる独立系のファイナンシャルプランナーの活躍の場も増えていくでしょう。

ファイナンシャルプランナーの就職先の選び方

企業内ファイナンシャルプランナーの場合

ファイナンシャルプランナーはお客さまのライブイベントに合わせて、お金についてアドバイスをする仕事で、金融機関を中心にさまざまな業種で活躍できるのが特徴です。

金融財政事情研究会によると、FP技能士の資格を取得している人は、銀行、信用金庫、信用組合、農協などの預貯金取扱金融機関、郵便局、保険会社、保険代理店、証券会社、クレジット会社、不動産会社、建設会社といった、多岐にわたる業種に勤務しています。

そのほか、一般的な企業の総務経理、営業担当者や、IT会社の金融システム担当でもファイナンシャルプランナーの知識が役立つこともあるようです。

ファイナンシャルプランナーの資格を持っているからといって、必ずしも上記で挙げたような企業へ就職できるわけではありません。

しかし、学生や実務経験がなくても取得できるFP資格ものもあるので、どんな仕事をするのかをイメージしながら勉強してみて、希望の業種にエントリーするのもよいでしょう。

独立系ファイナンシャルプランナーの場合

独立系ファイナンシャルプランナーの場合、ファイナンシャルプランナー資格を取得すれば、自分の好きな形態で仕事ができます。

たとえば、セミナーやイベントを開いてお客さまのライフプランに対してのアドバイス、FP資格の知識を生かして記事の執筆など、企業内ファイナンシャルプランナーに比べると幅広い働き方ができます。

独立するためには自分でどんどん営業して顧客を確保する必要がありますし、実力がないと判断されてしまうと評判が悪くなる危険性があります。

それでも「自分の力でやっていく」という覚悟があるのならば、企業内ファイナンシャルプランナーよりも、独立系ファイナンシャルプランナーを選んだほうがよいでしょう。

ファイナンシャルプランナーの志望動機・面接

たとえば銀行でファイナンシャルプランナーを目指すのであれば、ファイナンシャルプランナーとして活躍することができる職種にエントリーする必要があります。

その場合の志望動機としては、「お金のことはなかなか相談しにくいですが、お金を預ける身近な存在である銀行で、お客さまにライフプランに合わせたお金の増やし方をアドバイスして、お金に対する不安を軽減させたい」というものが考えられます。

面接は企業毎によりますが、大手金融機関の場合は複数回面接があり、適性があるかをじっくりチェックされます。

人気企業になればライバルも多くなるので、面接では熱意を持って志望動機や自己PRをして、「絶対にここで働きたい」とアピールすることが大切です。

就職先はどのように探したらいい?

希望企業のHPで求人情報をチェックする

まず、ファイナンシャルプランナーとして働きたい企業のHPの採用ページに募集が出ていないかを確認してみましょう。

募集要項、必要な人材像、採用スケジュールや応募するにあたっての必要書類、エントリーの仕方などをチェックします。

HPから直接応募できる場合は、エントリーシートの記入や学力テストなどを行うこともあります。

求人サイトで探す

求人サイトでも就職先を探すことができ、企業HPに掲載されていない内容のものも求人サイトには載っている場合もあります。

とくに中途の場合は前職の実績も加味して、特別オファーがあったり、限定公開があったりします。

そのため、基本情報や前職の経験などを書く場合はなるべく細かく実績を書き、印象に残る内容にすることが大切です。