コンサルタントになるには? 必要な学歴は?

コンサルタントになるまでの道のり

コンサルタントになる代表的な方法は、「コンサルティングファーム」と呼ばれるコンサルタントを専門におこなう民間企業に就職することです。

一口にコンサルティングファームといっても、その種類はさまざまです。

経営に関する「経営コンサルティングファーム」もあれば、ITシステムに関する「ITコンサルティングファーム」や、病院経営に関する「医療コンサルティングファーム」などもあります。

これらのコンサルタント企業はそれぞれで専門分野が異なっているため、「自分自身がどんなコンサルタントを志望するのか」をよく考えたうえで就職先を選ぶことが大切です。

また、一般企業で一定のキャリアを積んだあとに、その専門知識を生かすことができるコンサルタント企業に転職するケースもあります。

その場合は実務経験がある分クライアントからの信頼も得やすいため、コンサルティングファームにとっても貴重な人材だといえるでしょう。

コンサルタントになるまでのルート

コンサルタントの資格・難易度

コンサルタントとして働くために「絶対に必要な資格」はありませんが、実際にコンサルティング業務をおこなううえで役立つとされる資格はあります。

たとえば、「公認会計士」「税理士」「中小企業診断士」などの資格が挙げられます。

これらの資格を取得することで、企業経営や財務に関する専門的な知識があることを証明することができ、とくに経営面でのコンサルティングで力を発揮することができるでしょう。

また、「MBA(経営学修士)」を取得していれば、こちらも「経営学のスペシャリスト」であることの証明になるため、取引先からの高い信頼につながります。

海外でMBAを取得することで、経営に関する知識に加えて高い英語力も身につけられるため、外資系コンサルティング会社への転職をめざして海外MBAを取得する人もいます。

コンサルタントを目指す人におすすめの資格は?

コンサルタントになるための学校の種類

コンサルタントは特定の学歴や資格が必要な職業ではありません。

とはいえ、幅広い知識が必要な仕事であることから、4年制の大学や大学院を卒業してからコンサルタント企業への就職をめざすことが一般的です。

個人で独立して活動することも可能ではありますが、実績がなければ取引先からの信頼を得ることが難しいため、最初はコンサルタント企業で経験を積むケースがほとんどでしょう。

コンサルタントは求められる能力も高く、また給与水準も比較的高めで人気の職業であることから、難関大学出身者などの高学歴の学生の応募が集まる傾向があります。

出身学部については「法学部」「経営学部」「商学部」などが多いですが、「数字に強く、論理的思考力がある」といった理由から理系学部の出身者を採用する企業も少なくありません。

コンサルタントに向いている人

コンサルタントはクライアントの経営状態や企業体質を細かくチェックして、具体的な改善策を提案するのがおもな使命です。

「経営に興味がある」「数字に強い」という人にとっては、コンサルタントはやりがいの大きい職業になるでしょう。

また、たくさんのデータをもとに情報を整理したうえで、その解決策を筋道を立てて考えていく必要があります。

「論理的な思考ができる」という人も、コンサルタントは大いに能力を発揮できる仕事といえます。

コンサルタントに向いている人・適性・必要なスキル

コンサルタントのキャリアプラン・キャリアパス

コンサルティングファームなどで実績を積んだあとのキャリアパスは、非常に多様なキャリアプランが考えられます。

その会社内で出世して上の地位をめざしていくこともできますが、これまでの実績を生かして、より条件の良い大手コンサルティングファームへ転職することも可能です。

また、民間企業の「経営戦略部門」などでコンサルタント経験者を採用するケースもあり、そういった企業へ転職することもできるでしょう。

それ以外にも「フリーのコンサルタントとして独立する」という道もあるなど、コンサルタント業で身につけた知識・経験を生かしてさまざまなキャリアを選択することができます。

コンサルタントを目指せる年齢は?

コンサルタントは年齢に関する明確な基準がある職業ではありません。

とはいえ、転職市場では基本的に「年齢が若いほうが有利」であり、それはコンサルタント企業でも同様です。

30代の中盤以降から未経験でコンサルタントを目指す場合、これまで歩んできたキャリアがコンサルティング業務に生かせるかどうかを入念にチェックされるでしょう。

コンサルタントは高卒から目指せる?

コンサルタント企業は、それぞれの会社によって学歴についての応募要件が異なります。

応募要件を「大卒以上」としている会社もあれば「高卒可」としている会社もあるため、しっかりと求人を選んでいけば高卒からコンサルタントをめざすことも可能です。

ただし、大手の総合コンサルタント企業では基本的に「大卒以上」としている会社が多く、さらには「難関大学の出身者が多い」という点も理解したうえで進路を選ぶのがよいでしょう。

コンサルタントは女性でもなれる?

コンサルタントの仕事は体力的にハードな側面があり、以前までは男性中心の職場となっていましたが、近年では女性のコンサルタントも増えてきている状況です。

体力的な面では女性のほうが多少不利かもしれませんが、基本的に男女で仕事内容が区別されることはなく、給料や待遇に差が出ることもありません。

女性コンサルタントの増加にともない「働きやすさ」に力を入れる企業も出てきており、女性にとってもチャンスの大きい業界だといえるでしょう。

女性のコンサルタントのキャリアパス・結婚後の生活

コンサルタントへの転職を考えている方へ

コンサルタントへの転職なら、転職エージェントを利用することをおすすめします。

大手転職エージェントのリクルートエージェントは、あらゆる業界に精通しており、求人数も多いです。

気になる求人が見つかるでしょう。

また、20代でコンサルタントへ転職したい方は、マイナビジョブ20'sの併用も検討してみてください。

20代に特化しているエージェントのため、企業も20代の若手を採用する意欲が高いところばかりです。

専任のキャリアアドバイザーによる書類対策や面接対策をしてもらえます。

なお、サポート拠点は一都三県、中部、関西となっており、20代の方が対象になっています。

こちらに該当しない方は、リクルートエージェント等を利用しましょう。