コンサルタントのやりがい・楽しさ・魅力

コンサルタントのやりがい・楽しさ

クライアントから感謝される仕事

コンサルタントの仕事の最大の目的は、自分が関わることでクライアントが抱えている課題を解決へと導くことです。

課題のヒアリングや分析、新しいアイディアの提案など多忙な毎日が続くうえに、ときにはクライアントと衝突することもあり、精神的にも肉体的にもきつい日々が続きます。

しかし、そうした苦難を乗り越えて解決策を見つけ出すことができたとき、そして何よりもクライアントが納得し喜んでもらえたときには、言葉にできないほどのやりがいを感じることができるでしょう。

「あなたと一緒に仕事ができて良かった!」「あなたがいてくれたおかげでプロジェクトが成功しました!」と感謝される最高の瞬間をめざして、コンサルタントは日々仕事に励んでいます。

たくさんの出会いに満ちた毎日

コンサルタントの仕事は日々たくさんの出会いがあります。

そのときに自分が担当しているクライアントによってさまざまな業界の人たちと一緒に仕事をすることができ、業界の裏事情や新商品の情報などに触れることもあるでしょう。

また、任されるプロジェクトや達成すべき目的も毎回異なり、日本国内だけでなく海外の人たちとやり取りをする機会もあります。

「いつも同じ職場に出勤して、同じメンバーと同じような仕事をする」という仕事ではないため、変化に富んだ刺激的な毎日を送ることができます。

「たくさんの人と出会って刺激を受けたい」「毎日ワクワクしながら働いていきたい」といったように、仕事を通して自分の世界を広げたいと考える人にはとても魅力的な職業です。

コンサルタントの仕事内容

コンサルタントの魅力

成長できる機会が多い

総合コンサルタント企業などで働く場合は個人で動くのではなく、プロジェクトの内容にあわせて最適なチームをつくり、チーム単位で問題解決にあたります。

そこで各分野のスペシャリストやハイレベルな人材と一緒のチームで働くことで、仕事の進め方や課題解決の考え方など、さまざまな学びを得ることができるでしょう。

また、クライアントとして関わる人たちも、その会社の主要メンバーや経営層である場合も多いため、そういった人たちと議論をおこなうなかでも大きな刺激を受けることができます。

このように仕事を通して成長できる機会が多いことも、コンサルタントの魅力の一つです。

実力次第で高収入が期待できる

コンサルタントの仕事は、一般的なサラリーマンに比べて「給料が高い」とよく言われています。

実際の年収額は会社の規模によっても大きくことなりますが、20〜30代の若い年代で「年収1,000万円以上」をもらっているコンサルタントも珍しくないようです。

その分、年功序列ではなく「実力主義」の考え方が強い業界といえますが、「大きな成果を出してそれに見合った報酬をもらいたい」と考える人には向いている職業です。