1分でわかる「経営コンサルタント」

仕事内容
経営コンサルタントは、企業の経営のアドバイスをするスペシャリストです。

経営や社会経済の豊富な知識に加えて、高い情報処理能力とコミュニケーション能力が必要とされます。

クライアントから経営の状態をヒアリングして課題を的確に分析し、最適な解決策を提示するのが主な仕事です。

取引先は大企業から個人事業主までさまざまですが、コンサルタント会社によって「戦略系」「財務系」「人事系」「マネジメント系」と専門分野が異なります。
なるには
大手のコンサルタント企業では採用の際に大卒の学歴を条件にしていることもあるので、経営コンサルタントをめざすのであれば四年制の大学に進学しておくと選択肢が広がります。

さらに経済学部や商学部で経済や経営に関する専門知識を身につけておくと就職してから役に立つでしょう。

特定の資格や免許は必要ありませんが、「公認会計士」や「税理士」のような専門職の資格や「MBA(経営学修士号)」を取得している人は即戦力として働きやすくなります。
給料
経営コンサルタントをはじめとした各種のコンサルタント業は、高収入であることで知られています。

年収は公開されていませんが、一般的には500万円~1000万円ほどになることが多いようです。

その一方で、外資系のコンサルタント企業を中心に厳しい実力主義が徹底されていることでも有名です。

結果を出せなければ速やかに解雇されてしまうこともあるので、収入に関してはハイリスクハイリターンの傾向がある業界だといえるでしょう。
将来性
現代社会では多くの企業が生き残りをかけて厳しい競争にさらされています。

地方の商店街や個人商店が大型店やネットショッピングに客を奪われて倒産に追い込まれたり、日本の大手企業が海外のメーカーの安価な商品に押されて業績が悪化したりするケースは後を絶ちません。

「地方経済の活性化に詳しい」「グローバルな事業展開に強い」「合併や買収を手がけた実績がある」というように、時代のニーズに沿う専門的な知識とスキルを身につけた経営コンサルタントをめざすことで、これからの時代も活躍の機会を増やすことができるでしょう。