ファンドマネージャーの1日・生活スタイル

ファンドマネージャーの業務スケジュール

ファンドマネージャーに限らず、金融マーケットに携わる人々の朝はとにかく早いことで有名です。

日本の金融マーケットの中心である東京証券取引所の開始時間は朝9時ですが、日本市場が始まる前に、欧州のマーケット情報を整理するなど、その日にすべき仕事の準備と段取りを整えておかねばならないためです。

このように、市場が開く前に、さまざまな情報を仕入れて今日の戦略を立てなければならないため、金融マーケットの仕事につきたい方は、朝に強いことが第一の条件となります。

また、仕事内容はどこの企業に所属してもそれほど大きな違いはありませんが、ファンド立ち上げ前は運用方針や、どの銘柄を選定するかなど、やるべきことが多くなり残業が続く覚悟が必要です。

投資信託委託会社のファンドマネージャーの1日

投資信託委託会社で働くファンドマネージャーは、投資信託を設定して、運用方針に沿って運用します。

ファンドは一度銘柄を決めたら終わりではなく、運用方針に沿った運用ができるように日々トレードしたり、銘柄を入れ替えたりということも行います。

ここではファンドを運用するファンドマネージャーの1日について紹介します。

5:00 起床
出勤前にはニュースや日経新聞などの新聞に目を通します。
7:00 出勤
海外市場・メールチェックを行います。
7:45 デスクワーク
事務処理などは相場が動いていない時間に片付けます。
8:45 社内ミーティング
市場が開く前に社内で早朝ミーティングがあり、「今日の金融マーケットではどういう取引をしようか」、などの打ち合わせをします。
9:00 トレーダーと電話
トレーダー達がおすすめする取引について相場観を披露してくれるので、それを整理しながらその日の取引方針を決めます。

朝の9時に市場がスタートすると、ファンドマネージャーはトレーダーを通じて、有価証券を売買します。

10:30 来客
ファンドを管理する信託銀行が運用状況のヒアリングなどをしに来客があります。
11:30 昼食ミーティング
市場が昼休みに入る11時半くらいから、早めの昼食をとり、12時半から午後のマーケットが始まります。

昼からの取引の打ち合わせを昼食中に行う場合もあります。

13:30 企業訪問
投資検討中の企業へアナリストと訪問して、業績や今後の展望をヒアリングします。
17:00 資料作成
企業訪問で投資先としてどうかというレポートを作成します。
18:30 帰宅
新しいファンド(投資信託)を立ち上げるときなどは、イレギュラーに忙しくなりますが、普段は朝が早い分早めに帰宅できることが多いようです。

投資顧問会社で働くファンドマネージャーの1日

投資顧問会社で働くファンドマネージャーは、ファンドの運用や富裕層・経営者・法人などに対して投資のアドバイスや運用の手助けをすることが仕事になります。

投資信託のように不特定多数に購入してもらうものを作りそれを販売する場合もありますが、お客さまの運用方針に合わせた投資方法のアドバイスをすることもあります。

ここでは、投資顧問会社でファンドの運用業務を担当するファンドマネージャーの1日を紹介します。

5:00 起床
朝食を食べながらニュースや新聞で金融市場の流れを確認します。
8:00 出社
メールチェックや書類整理を行います。
9:00 朝礼
同僚と運用実績などを報告しあいます。
10:30 顧客訪問
投資先の決算予想や今期計画などをヒアリングします。
11:30 昼食
日本市場が閉まっている間に昼食を済ませます。
13:00 アナリストとミーティング
どの銘柄が好調かなどミーティングします。
15:00 新しいファンド案の作成
新しいファンドの運用方針やどんな銘柄を組み込むかなどを考えます。
16:00 翌日の顧客訪問準備
説明資料の作成などを行います。
18:00 帰宅
業務が終われば帰宅しますが、ファンドのリリース間近となれば残業が増えます。

ファンドマネージャーの勤務時間・休日・仕事は激務?