証券会社への転職・未経験から転職するためのポイントを解説

証券会社は就活生に安定的な人気のある就職先の1つです。

中途採用においても転職を希望する人は常に一定数いることから、転職先として競争率の高い業種といえるでしょう。

では、証券会社へ転職するにはどのようなことを意識すればいいのでしょうか。

とくに未経験者が中途採用で入社を目指す場合、いくつか気をつけておきたい点があります。

証券会社への転職を成功させるために必要なポイントを確認しておきましょう。

証券会社の仕事内容は?

証券会社は、世の中にあるお金を循環させる上で重要な役割を担っています。

投資したい人と投資してもらいたい人を結びつけ、必要とされる場所へお金を流すことで経済が回っています。

証券会社の仕事内容は多岐にわたりますが、主な仕事として次の3つが挙げられます。

金融商品の提案・売買

個人や法人の顧客に向けて株式や債券などを提案するブローカー業務と、証券会社自身が市場に参加して金融商品を売買するディーラー業務があります。

取引成立時に発生する仲介手数料や売買差益は、証券会社の重要な収益源の1つとなっています。

経済市況や金融商品に関するリサーチ

リサーチによって得られた情報をレポートにまとめ、社員の営業活動や顧客への情報提供に役立てます。

取引に直接携わることはありませんが、証券会社の業務を支える重要な仕事といえます。

M&AやIPOなど投資銀行系の仕事

企業のM&A(吸収合併)やIPO(株式公開)といった案件を手がけます。

中小企業のM&A案件はFA(ファイナンシャル・アドバイザー)が中心となって扱うのに対して、証券会社は主に大企業のM&AやIPOを扱うのが特徴です。

証券会社の仕事内容

証券会社への転職状況は?

証券会社は、新卒採用だけでなく、転職者の採用についても非常に積極的です。

証券会社の仕事は、厳しいノルマなどもあって、離職率は高めです。

証券会社では、定期的に発生する退職者の欠員を補充するために、年に1回きりの新卒採用とは異なり、切れ目なく通年で中途採用を実施しているところも珍しくありません。

転職者のなかで多いのは、銀行出身者をはじめとして、金融業界で働いた経験のある人たちですが、まったく関係ない業界から飛び込んでくる人も大勢います。

企業によっては、採用対象を経験者に限定しているところもありますが、就職先を選り好みしなければ、誰にでも証券会社で働けるチャンスがあります。

証券会社では、金融や経済に関する幅広い専門知識が不可欠です。

まったくの異業種から転職する場合、かなりの苦労を覚悟する必要があるでしょう。

証券会社に転職するためのポイント

金融業界や経済全般に対する興味関心は必須条件

証券会社に入社すると、毎日のように金融・経済ニュースに触れ続けることになります。

顧客と接遇する際は金融・経済分野のプロフェッショナルとして見られますので、最新動向を知らないわけにはいかないからです。

また、顧客に株式や金融商品を提案する際、背景となる経済の動向をしっかりと把握しておかなければ、情報不足によって顧客に損をさせてしまう恐れもあります。

こうした仕事の性質上、必要に迫られて仕方なく金融・経済ニュースを見るというスタンスではとても務まりません。

もともと金融・経済に強い興味関心があり、日常的にこの手のニュースが気になっているタイプの人でなければ苦痛に感じてしまうでしょう。

金融業界や経済全般への強い興味関心や好奇心は、証券会社へ転職する上での必須条件といえます。

証券会社が果たす役割を理解し志望動機をまとめておく

一般消費者にとって、証券会社はあまり馴染みのない業界です。

証券会社の社員が日頃どのような仕事をしているのか、世の中にとって証券会社がどういった役割を果たしているのか、漠然としたイメージを持っている人もいることでしょう。

転職を目指す以上、証券会社の仕事内容や世の中で果たしている役割について明確に理解しておくことは欠かせません。

この部分が曖昧なまま証券会社に入社してしまうと、思い描いていた仕事内容との間にミスマッチが生じてしまうリスクが高まります

また、採用選考で志望動機を伝える際にも、証券会社の役割を知っておくことは重要な意味を持ちます。

証券会社に転職してやってみたいことや実現したいキャリアを仕事の実態に即して伝えられれば、採用に至る確率も高まるはずです。

証券会社ごとの社風や得意分野について把握しておく

証券会社によって社風や得意分野は大きく異なります

「証券会社」という大きなくくりのみで捉えていると、入社した会社によっては独特の文化や社風に圧倒されてしまう可能性があるため注意が必要です。

また、得意分野に関しても大手と中堅では異なりますし、銀行系・外資系・ネット系にはそれぞれ特徴的な強みがあります。

入社した証券会社の社風や方針に合わせなくてはならない部分はあるにせよ、応募先の証券会社にどのような特色があるのか、あらかじめ知っておくことは非常に重要です。

証券会社のWebサイトを隅々までチェックしておくだけでなく、売上比率やシェア率といった情報を収集し、できるだけ多くの手がかりをつかんでおきましょう。

目標・ノルマは必ず達成するという強い意思を持つ

証券会社は「数字」の世界です。

毎月、高い目標やノルマを課され、未達が続くことは決して許されません。

証券会社で生き残っていくには、目標・ノルマは何が何でも達成するという強い意思を持つ必要があります。

異業種から転職する場合も、数字に強いこだわりを持ち目標必達を成し遂げてきたのであれば、証券会社の採用選考においても高く評価されるでしょう。

反対に、つい自分に甘くなってしまいがちな人や、プレッシャーに弱いタイプの人は証券会社の職務に向いていない可能性があります。

目標・ノルマは絶対に達成するという強い意思を持って職務を遂行できるかどうか、自分の中でしっかりと確認しておく必要があるでしょう。

証券会社への転職に興味があるなら、転職エージェントに相談を

転職エージェント活用のメリット

とくに異業種から証券会社へ転職したいと考えている人は、リクルートエージェントやマイナビジョブ20'sなどの転職エージェントに相談しておくことを強くおすすめします。

転職エージェントでは求人を紹介してもらえるだけでなく、キャリアプランや業界の最新動向について幅広く相談に乗ってもらうことができます。

そもそも証券会社への転職に向いているのかどうか、転職するタイミングとして適切かどうかも含め、有益なアドバイスをしてもらえる可能性が高いでしょう。

金融業界など証券会社と親和性の高い業種で働いてきた人にとっても、転職エージェントの活用は有効です。

転職エージェントは各社が独自に非公開求人を扱っていますので、自分で求人を探しても見つけることのできない希少な求人を紹介してもらえる可能性があります

また、転職エージェントから随時アドバイスをもらうことができるので、書類選考の通過率も高まります。

転職エージェントの使い方まとめ

転職エージェントは複数登録してみる

転職エージェントごとに紹介可能な非公開求人は異なるため、複数の転職エージェントに登録しておき、並行して活用していくことでより高い効果が得られます。

ある転職エージェントで紹介されなかった案件が、別の転職エージェント経由ですぐに紹介されることは十分にあり得ます。

また、転職エージェントに登録すると転職アドバイザーが担当につきますが、アドバイザーとの相性は転職活動を進める上で重要なカギを握っています。

希望条件をしっかりと受け止めて企業を紹介してくれるかどうかは、納得できる転職先を見つけるために欠かせない条件の1つだからです。

自分に合った転職アドバイザーを見極めるには複数の転職エージェントに登録しておき、それぞれのアドバイスを比較するのが効果的です。

転職エージェントと転職サイトの違い

転職サイトとは、企業が求人広告を掲載し、転職希望者が自分で求人を探して応募するためのサービスです。

これに対して転職エージェントは登録後に担当アドバイザーがつき、面談を実施した上で転職希望者に合った企業を紹介する仕組みとなっています。

転職サイトでは求職者が自発的に求人を探すことができる一方で、転職エージェントではアドバイザーからの紹介経由でのみ応募可能な非公開求人を紹介してもらうことができます。

このように、転職エージェントと転職サイトにはそれぞれ特有のメリットがあります。

現在、転職を少しでも考えているのであれば、転職エージェント2つ以上、転職サイト1つ以上に登録しておき、幅広く情報収集をしておきましょう。

まずは情報を得た上で、自分に合った転職サービスを絞り込んでいく活用方法がおすすめです。

転職エージェントと転職サイトの違いとは? 転職に有利なのはどっち?

証券会社への転職でおすすめの転職エージェント

転職エージェントには大きく分けて総合型と特化型の2種類のサービスがあります。

総合型サービスは幅広い業界・職種を扱っており、代表的なサービスとして「リクルートエージェント」が挙げられます。

特化型サービスには、若手の人材を専門とする「マイナビ20’s」、ハイキャリア志向の人材を専門とする「ビズリーチ」や「JACリクルートメント」があります。

転職エージェントを複数利用する際には、総合型と特化型の両サービスにバランスよく登録しておくことが大切です。

また、転職サイトには代表的なサービスとして「リクナビネクスト」が挙げられるほか、転職エージェントとしても活用できる「doda」のようなサービスもあります。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

特徴転職支援実績No.1の転職エージェント
対応エリア:全国
公式サイトリクルートエージェント

リクルートエージェントは取り扱い求人数の豊富さと、対応可能な業界・職種の幅広さにおいてトップクラスの転職エージェントです。

非公開求人数は約10万件。

圧倒的なブランド力と知名度をもつリクルートエージェントは、非公開で人材を募集する企業各社から厚い信頼を寄せられています。

各業界・各業種に精通したキャリアアドバイザー

リクルートエージェントに登録すると受講できる「面接力向上セミナー」は評判が高く、面接の通過率がUPしたという実績があります。

ハイレベルな求人から未経験・地方の求人までカバーしているリクルートエージェントは、万人向けの転職エージェントといえます。

証券会社の案件もたくさんあります。実績が豊富な転職エージェントに相談したい人はリクルートエージェントの活用を検討しましょう。

関連記事リクルートエージェントの特徴まとめ|どんな人が使うべき?

マイナビ20's

マイナビジョブ20's

特徴20代・第二新卒・既卒向けの転職エージェント
対応エリア:一都三県・関西・東海
公式サイトマイナビジョブ20s

マイナビジョブ20’s(トゥウェンティーズ)は、マイナビが運営する20代・第二新卒に特化した転職エージェントです。

業界経験者や実績豊富なビジネスパーソンをターゲットとする転職エージェントが多い中、マイナビジョブ20’sは社会経験の年数が短い若手の転職サポートに力を入れています。

利用者数は延べ17万人。20代向けの転職エージェントとしては圧倒的な実績があります。

本格的な適性検査を無料で受けることができ、「自己分析をしっかり行える」「応募書類や面接で使える」と評判が高いです。

応募書類の書き方や自己PRのポイントについてもアドバイスをしてもらえますので、転職が初めての人でも安心して相談できるはずです。

今後のキャリアをしっかり考えたいという20代や、未経験の業界にもチャレンジしてみたいという第二新卒の人におすすめの転職エージェントです。

20代の人や転職が初めての人、未経験から証券会社への転職を目指している人は、マイナビ20’sへの登録を選択肢に加えておきましょう。

関連記事マイナビジョブ20’sの特徴は?どんな人におすすめ?【第二新卒にぴったり】

doda

doda

特徴転職エージェントと転職サイトのハイブリッドサービス
対応エリア:全国
公式サイトdoda

dodaは求人検索サービスと転職エージェントの両方の機能を備えている転職サービスです。

一般的な転職エージェントのようにキャリアアドバイザー経由で企業を紹介してもらえるだけでなく、転職希望者が自分で求人を探し、希望条件に合う企業に応募することもできます。

キャリアアドバイザーの質が安定しており、当たり外れが少ない点も多くの転職経験者から支持されています。

キャリアアドバイザーによる企業紹介が積極的である上に、企業からのスカウトメールが届き、さらに自分で求人を探すこともできるのが大きな特徴です。

転職先を積極的に探したい人や、早期に転職先を見つけたいと考えている人は、dodaの活用をおすすめします。

「転職企業ランキング」「年収査定」などすぐには転職をしない人も読んでいて面白いコンテンツが多いという特徴があります。

検索条件をかなり詳しく絞り込める点も使いやすいポイントです。地方の求人数も多く、万人向けの転職サイトといえます。

証券会社の求人は応募者多数となりやすい傾向がありますので、自分で求人を探しつつ、キャリアアドバイザーにも求人紹介を依頼しておくといいでしょう。

関連記事dodaの特徴・使い方まとめ【転職イベントも!情報収集に便利なサイト】

JACリクルートメント

JACリクルートメント

特徴転職エージェントと転職サイトのハイブリッドサービス
対応エリア:全国・海外
公式サイトJAC Recruitment

JACリクルートメントはロンドン発祥の転職エージェントで、アジア・ヨーロッパを中心に世界11ヶ国に24拠点を構えています。

外資系企業や海外勤務といったハイキャリア志向の人材に帯する転職サポートに強く、高年収帯の求人を豊富に扱っているのが特徴です。

職歴・経歴が重視されますが、取り扱う求人は優良企業・大手企業・外資系企業など、はずれがなくキャリアアップしたい人にぴったりです。

社会経験の豊富な30代以上の転職サポートを得意としていることから、前職までの実績・経験を活かしてステップアップしたい人におすすめのサービスの1つといえるでしょう。

バイリンガルや外国人担当者による英語や中国語でのレジュメ添削や面接指導など、他社にはないサポートも魅力です。

コンサルタントは業界別の専任チーム体制となっており、証券会社への転職を志望する人に対しては、金融業界を専門とするコンサルタントに担当してもらうことができます。

関連記事JACリクルートメントの特徴は? どんな人が登録すべき?

ビズリーチ

ビズリーチ

特徴スペシャリストや管理職向けのハイクラスサイト
対応エリア:全国
公式サイトビズリーチ

ビズリーチは高い専門性を持つスペシャリスト人材や、管理職経験者といったハイクラス人材の転職サポートを専門とする転職サービスです。

一般的な転職エージェントとは異なり、企業またはヘッドハンターが登録者をスカウトするダイレクトリクルーティング方式を採用しています。

登録しておいてヘッドハンターや企業の採用担当者からスカウトを待つという転職サイトとも転職エージェントとも異なる転職サービスですが、登録には審査があり、年収750万円以上の方ですとスカウトが多いようです。

現状よりも好待遇での転職を希望する人や、年収アップを目指している人にとって、条件のよいスカウトを受けられる可能性のあるサービスといえます。

ビズリーチは有料プランもありますが、いったんは無料で登録しておいて、審査に通過できるか、スカウトが届くかを確認するのに使うのがおすすめです。

証券会社に関しては、とくに外資系証券会社のように高年収帯の採用条件を提示する企業からのスカウトが届きやすい傾向があります。

関連記事ビズリーチの特徴は? 登録に審査があるハイクラス向け!

リクナビネクスト

リクナビネクスト

特徴日本最大級の定番転職サイト
対応エリア:全国
公式サイトリクナビネクスト

リクナビネクストは幅広い業界・職種の求人を扱う日本最大級の転職サイトです。

リクナビネクストだけの限定求人が約85%あり、地方の求人も網羅されています。

実際に転職した人の約8割が使っているサイトなので、転職エージェントと併用して登録しておくのがおすすめです。

企業からスカウトメールが届く機能も備えていますので、希望条件を加えておくことで企業側からスカウトされる可能性もあるでしょう。

職務経歴書を作成できたり、本格的な診断が無料で受けられる「グッドポイント診断」などのコンテンツも充実しています。

また、登録時に「転職支援サービスに登録する」を選択することで、リクルートエージェントのサービスも同時に利用することができます。

転職活動初期の方や少しでも転職を考えている方であれば、リクナビネクストには登録しておいて損はないはずです。

企業からスカウトメールが届く機能を備えていますので、証券会社を転職先の希望業種に加えておくことにより、経歴や業務経験を高く評価してくれる証券会社からスカウトされる可能性もあります。

関連記事リクナビネクストはおすすめ? 特徴や使い方まとめ

転職するか迷っている方、転職初期の方はまずは下記サービスを併用して登録しておくとよいでしょう。

・実績が豊富な転職エージェントなら
リクルートエージェント

・20代で初めての転職なら
マイナビジョブ20s

・自分で求人を探すなら
リクナビネクスト

証券会社への転職の志望動機で多いものは?

証券会社へ転職する動機として多いのは、学生時代や前職でつちかったスキルを使って働きたいというものです。

大学で経済学経営学金融工学などを修めた人が、メーカーや商社などの関係ない企業に就職したようなケースです。

やはり学んだ知識を生かして専門的な仕事がしたいと、証券会社を志望する人も少なくありません。

金融機関に勤めていたものの、異動して職種が変わり、うまく持ち味を発揮できなくなったことをきっかけとして、証券会社に転職する人も見受けられます。

キャリアアップのために転職を決断するケースが目立つのは、金融業界経験者です。

金融業界経験者の中には、証券会社の投資銀行部門などを希望する人がいます。

そのほか、自身の営業手腕に自信があり、証券会社特有の高い成果報酬制度を魅力に感じて、「稼げる職業」として証券会社を選択する人もいます。

証券会社社員の志望動機と例文・面接で気をつけるべきこと

未経験から証券会社で働くには

証券会社の中途採用条件は、企業によってバラバラです。

応募に際して、証券会社では欠かせない「外務員」資格をもっていることや、数年単位の営業経験が求められる場合もあります。

外資系証券会社ではTOEICやTOEFLのスコアが条件になっていたり、ネット系証券会社ではITスキルが問われたりします。

未経験者が証券会社で働くには、まず各企業の募集要項を確認して、経験不問の転職先を見つけることが第一歩です。

待遇面や勤務地などで自分の条件に合った転職先が見つからない場合は、転職前に資格勉強に励むなど、前段階のステップを踏まなければならないでしょう。

まずは転職エージェントに相談してみるというのも、自分の立ち位置を知るのに有効です。

未経験からチャレンジする場合、どうしてもハードルは高くなります。

給料などの雇用条件には目をつぶって、「経験を積むため、就職することを優先する」と割り切ることも必要になるかもしれません。

証券会社への転職に必要な資格・有利な資格

証券会社への転職にあたって必須となる資格はとくにありませんが、持っていると有利になる資格は複数あります。

その筆頭は、有価証券を販売することのできる外務員資格です。

外務員資格には、業務範囲の制限のない一種と、入門編となる二種のふたつがありますが、二種の取得難易度はそこまで高くなく、初心者・独学でも、また仕事をしながらでも、十分合格できるレベルです。

持っていないなら、より有利な条件で転職するためにも、ぜひ事前に取得しておくことをおすすめします。

それ以外にも、関係の深い資格としては「証券アナリスト」や「ファイナンシャルプランナー」、「宅建(宅地建物取引士)」といった資格があります。

難易度としては外務員より高めですが、取得できればほかの転職希望者との大きな差別化につながります。

さらにハイレベルな「MBA(経営学修士)」を持っていれば、証券会社のほうからヘッドハンティングされることもあるかもしれません。

参考:日本FP協会

参考:一般財団法人不動産適正取引推進機構 宅建試験

参考:公益社団法人日本アナリスト協会

証券会社社員に必要な資格やスキルはある?

証券会社への転職に役立つ職務経験は?

証券会社への転職に役立つ職務経験は、第一に営業系職種のキャリアが挙げられます。

証券会社の顧客は非常に幅広いため、個人への営業や民間の法人企業への営業、官公庁といった公的機関への営業など、どんな相手に対する営業経験であっても重宝されるでしょう。

たとえ金融関係の営業でなくても、契約を取るために必要なコミュニケーション能力やプレゼン能力は共通しています。

異業種でつちかったスキルは、証券会社でもそのまま生かすことができるでしょう。

新規顧客を開拓するための飛び込み営業では、何より度胸が大切なので、経験の有無は大きな違いといえます。

また、証券会社では、単純に金融商品を売り込むだけでなく、顧客の資産形成面まで含めて、総合的にアドバイスすることもあります。

コンサルティング会社などに勤めて、提案業務を行った職務経験があれば、非常に役に立つでしょう。

証券会社に転職可能な年齢は何歳くらいまで?

証券会社に転職可能な年齢は、それまでのキャリアによって異なります。

まったくの未経験者については、必要な知識や資格をゼロから身につけるのに数年単位の時間がかかります。

そのため「第二新卒」にあたる、27歳くらいを上限としている企業が目立ちます。

現在の勤め先が金融関係以外の人については、就職してから数年のうちに早めに見切りをつけ、転職を決断することが必要になるでしょう。

金融業界で働いた経験がある人の場合は、即戦力人材とみなされるため、30代以上でも採用されるチャンスがあります。

ただし、証券会社は実力至上主義の世界なので、経験者については、転職後すぐに結果を出すことが求められると覚悟しておくべきです。

年齢を重ねれば重ねるほど、求められるものが増え、証券会社への転職が成功する可能性は下がっていくといえます。

証券会社の将来性は? 転職するメリットはある?

先進諸国と比べて日本経済が伸び悩んでいるといわれていますが、証券会社は十分に将来性のある業界といえます。

日本は公教育で金融教育がほとんど行われていないこともあり、貯蓄志向の人は多いものの、投資にお金を回すという考え方はあまり一般的ではありません。

国内の金融資産1,948兆円のうち、現金・預金がおよそ半分の1,056兆円を占めるのに対し、債権証券・投資信託・株式等の総額は302兆円であることに、その実態が表れています。

参考図表2019年第4四半期の資金循環(速報) 日本銀行調査統計局 2020年3月18日

貯蓄から投資へとお金を回す余地は十分に残されており、証券会社は今後も必要とされ続けていくと考えられます。

また、証券会社の顧客は富裕層が多く、他業種では出会えないようなお客様を担当するチャンスを手にできる仕事です。

高属性のお客様との信頼関係を築くことができ、しっかりと実績を残せば高収入が期待できる点は、証券会社へ転職するメリットといえるでしょう。

証券会社の需要・将来性

「証券会社へ転職するには」のまとめ

証券会社は金融業界の中でも人気の職種である上に、入社後には熾烈な競争が待っている厳しい世界といえます。

しかし、実力主義の代表格ともいえる証券会社で成功を収めることができれば、大きな自信になるのはほぼ間違いないでしょう。

これまでの経験を活かして証券会社に転職したいと考えている人は、ぜひ万全の準備を整えた上で転職活動に臨んでください。

その際には、転職活動を強力にバックアップしてくれる転職エージェントを活用することで、転職成功の確率を高めておくことをおすすめします。

転職エージェントまとめ

転職活動では3社ほど登録して、求人企業の情報収集や転職アドバイザーの比較をすることがおすすめです。

いますぐ転職する気がないとしても、専門のアドバイザーと話をし、自分の現状の価値を知ることで、キャリアの選択肢が増えます。

無理やり転職させられることはありませんし、合わないと思ったら中断や退会することも可能です。

すべて完全無料で活用できますので、少しでも興味があったら、まずは登録して話を聞いてみましょう。

・実績が豊富な転職エージェントなら
リクルートエージェント

・20代で初めての転職なら
マイナビジョブ20s

・すぐに転職したいなら
DODA

・年収750万円以上を目指すなら
ビズリーチ

・前職の実績・経験を生かすなら
JAC Recruitment

・自分で求人を探すなら
リクナビネクスト