証券会社への転職・中途の未経験採用はある?

証券会社への転職状況は?

証券会社は、新卒採用だけでなく、転職者の採用についても非常に積極的です。

証券会社の仕事は、厳しいノルマなどもあって、離職率は高めです。

証券会社では、定期的に発生する退職者の欠員を補充するために、年に1回きりの新卒採用とは異なり、切れ目なく通年で中途採用を実施しているところも珍しくありません。

転職者のなかで多いのは、銀行出身者をはじめとして、金融業界で働いた経験のある人たちですが、まったく関係ない業界から飛び込んでくる人も大勢います。

企業によっては、採用対象を経験者に限定しているところもありますが、就職先を選り好みしなければ、誰にでも証券会社で働けるチャンスがあります。

証券会社では、金融や経済に関する幅広い専門知識が不可欠です。

まったくの異業種から転職する場合、かなりの苦労を覚悟する必要があるでしょう。

証券会社への転職の志望動機で多いものは?

証券会社へ転職する動機として多いのは、学生時代や前職でつちかったスキルを使って働きたいというものです。

大学で経済学経営学金融工学などを修めた人が、メーカーや商社などの関係ない企業に就職したようなケースです。

やはり学んだ知識を生かして専門的な仕事がしたいと、証券会社を志望する人も少なくありません。

金融機関に勤めていたものの、異動して職種が変わり、うまく持ち味を発揮できなくなったことをきっかけとして、証券会社に転職する人も見受けられます。

キャリアアップのために転職を決断するケースが目立つのは、金融業界経験者です。

金融業界経験者の中には、証券会社の投資銀行部門などを希望する人がいます。

そのほか、自身の営業手腕に自信があり、証券会社特有の高い成果報酬制度を魅力に感じて、「稼げる職業」として証券会社を選択する人もいます。

証券会社社員の志望動機と例文・面接で気をつけるべきこと

未経験から証券会社で働くには

証券会社の中途採用条件は、企業によってバラバラです。

応募に際して、証券会社では欠かせない「外務員」資格をもっていることや、数年単位の営業経験が求められる場合もあります。

外資系証券会社ではTOEICやTOEFLのスコアが条件になっていたり、ネット系証券会社ではITスキルが問われたりします。

未経験者が証券会社で働くには、まず各企業の募集要項を確認して、経験不問の就職先を見つけることが第一歩です。

待遇面や勤務地などで自分の条件に合った就職先が見つからない場合は、就職前に資格勉強に励むなど、前段階のステップを踏まなければならないでしょう。

未経験からチャレンジする場合、どうしてもハードルは高くなります。

給料などの雇用条件には目をつぶって、「経験を積むため、就職することを優先する」と割り切ることも必要になるかもしれません。

証券会社への転職に必要な資格・有利な資格

証券会社への転職にあたって必須となる資格はとくにありませんが、持っていると有利になる資格は複数あります。

その筆頭は、有価証券を販売することのできる外務員資格です。

外務員資格には、業務範囲の制限のない一種と、入門編となる二種のふたつがありますが、二種の取得難易度はそこまで高くなく、初心者・独学でも、また仕事をしながらでも、十分合格できるレベルです。

持っていないなら、より有利な条件で転職するためにも、ぜひ事前に取得しておくことをおすすめします。

それ以外にも、関係の深い資格としては「証券アナリスト」や「ファイナンシャルプランナー」、「宅建(宅地建物取引士)」といった資格があります。

難易度としては外務員より高めですが、取得できればほかの転職希望者との大きな差別化につながります。

さらにハイレベルな「MBA(経営学修士)」を持っていれば、証券会社のほうからヘッドハンティングされることもあるかもしれません。

参考:日本FP協会

参考:一般財団法人不動産適正取引推進機構 宅建試験

参考:公益社団法人日本アナリスト協会

証券会社社員に必要な資格やスキルはある?

証券会社への転職に役立つ職務経験は?

証券会社への転職に役立つ職務経験は、第一に営業系職種のキャリアが挙げられます。

証券会社の顧客は非常に幅広いため、個人への営業や民間の法人企業への営業、官公庁といった公的機関への営業など、どんな相手に対する営業経験であっても重宝されるでしょう。

たとえ金融関係の営業でなくても、契約を取るために必要なコミュニケーション能力やプレゼン能力は共通しています。

異業種でつちかったスキルは、証券会社でもそのまま生かすことができるでしょう。

新規顧客を開拓するための飛び込み営業では、何より度胸が大切なので、経験の有無は大きな違いといえます。

また、証券会社では、単純に金融商品を売り込むだけでなく、顧客の資産形成面まで含めて、総合的にアドバイスすることもあります。

コンサルティング会社などに勤めて、提案業務を行った職務経験があれば、非常に役に立つでしょう。

証券会社に転職可能な年齢は何歳くらいまで?

証券会社に転職可能な年齢は、それまでのキャリアによって異なります。

まったくの未経験者については、必要な知識や資格をゼロから身につけるのに数年単位の時間がかかります。

そのため「第二新卒」にあたる、27歳くらいを上限としている企業が目立ちます。

現在の勤め先が金融関係以外の人については、就職してから数年のうちに早めに見切りをつけ、転職を決断することが必要になるでしょう。

金融業界で働いた経験がある人の場合は、即戦力人材とみなされるため、30代以上でも採用されるチャンスがあります。

ただし、証券会社は実力至上主義の世界なので、経験者については、転職後すぐに結果を出すことが求められると覚悟しておくべきです。

年齢を重ねれば重ねるほど、求められるものが増え、証券会社への転職が成功する可能性は下がっていくといえます。

証券会社への転職を考えている方へ

証券会社への転職を考えている人は、日系証券会社や外資系銀行の年収600万円以上の求人を多数保有しているリクルートエージェントに登録して、金融業界の経験がある専任の担当者による手厚いサポートが受けるのも一つの方法です。

また、20代の方や第二新卒の方は「マイナビジョブ20's」に登録してみるとよいでしょう。

20代を積極採用している企業の案件が多く、専任キャリアアドバイザーによる個別キャリアカウンセリングを受けることができます。

なお、対応エリアは「一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀」となります。