銀行員の仕事内容

銀行員の仕事とは

「銀行員」は金融業界を代表する職業であり、日本では誰もがよく知っている職業のひとつで、お金に関するさまざまな取引のサポートをします。

一般的には「お金を預けるところ」というイメージだと思いますが、お客さまから預かったお金は間接金融といって、知らず知らずのうちに融資を必要とする企業に貸し出されています。

融資をして受け取った利息から銀行の手数料や人件費をさし引いた、利ざやの一部が利息として預金をしてくれている人に還元されるという流れなのです。

銀行員の仕事は一般の人が想像しやすい口座開設や送金などを行う窓口業務だけではなく、営業担当になると、預金を集めや融資に対するノルマが課せられます。

それだけではなく、投資信託などの金融商品の販売や手形の受け入れ、国内・外国為替など業務は幅広く、銀行独特のルールも多いため、入社してからしばらくは勉強漬けの毎日になります。

銀行員の業務の内容

銀行員の基本的な仕事は、大きく分けると3つの業務に分かれています。それぞれの内容について説明します。

預金業務

まず、銀行員の業務として一番イメージしやすい「預金業務」から説明します。

預金業務というのは銀行口座を通してお金を預けたり引き出したりするお客さんの預金を管理する業務です。

一般的な支店で働く銀行員は、来客されたお客さまの銀行預金口座の作成、各種変更手続き、預金商品のおすすめなどを行います。

法人営業担当の場合は、担当企業の経営者の預金管理や、その企業の新入社員の給与口座や経費口座の取り込む営業を行います。

為替業務

「為替業務」は、一般の人たちの生活に深くかかわっている銀行の役割で、債権や債務の決済をするため振込や送金を行う業務のことです。

為替としてよく知られているものとして、電気料金やガス料金、水道料金や電話料金など公共料金の口座振替があります。

その他にも企業間の決済や、海外への送金なども銀行の決済システムの導入によりできるようになり、遠く離れた会社とも取引がスムーズにできます。

さまざまな決済機能が広く用いられることによって、銀行の利用者にとっては大きな利便性がもたらされたといえます。

融資業務

銀行に欠かせない業務として、「融資業務」があります。

融資業務は、その名の通り、資金を必要としている人にお金を融資する業務のことで、銀行はその利率(元本に対する支払利息の割合)をもらうことで利益を得ています。

融資業務は、企業が事業拡大のための運転資金を確保するときや、個人が住宅を建てるために大金を必要とするときに、その資金繰りの土台を支える役割を果たします。

一方で、万が一にも融資先が倒産したり破産したりして資金を返せなくなってしまったら、銀行は大損害を被ることになります。

そのため、融資にあたっては、金額や貸付の期間が妥当かどうかの判断を含めて、銀行員の調査や審査が大変重要な意味をもちます。

融資を担当する銀行員は、融資のノルマを抱える一方で、貸し倒れが起きないため慎重に融資を行う必要があり、営業として攻めも守りもできることが期待されます。

銀行員の営業の仕事とは?

銀行員の営業担当として働く場合、個人・法人のお客さまに対して融資や金融商品の販売の営業を行います。

融資は顧客のニーズがあることが前提ですが、ノルマもあるため、顧客に「新しく設備投資を行い事業拡大をしないか?」というようなコンサルティング営業に近い営業を行い、顧客に新しい資金の使い方を提案することが多いです。
個人・法人関わらず、銀行としては手数料収入が得られて、顧客には売買益などのメリットが得られることがある可能性があるので、普通預金にお金がある顧客に対しては投資信託、保険、債権、外貨預金などの営業をします。

銀行員のノルマとは?

銀行員になると、テラーやバックオフィスに対しては営業のノルマはありませんが、事務ミスがいかにないかを求められ、個人・法人営業の場合はさまざまなノルマが課せられます。

個人営業では、投資信託、外貨預金、保険会社と連携して保険の販売などがノルマとなります。

法人営業でも、融資、金融商品販売、外国為替、保険、ビジネスマッチングなどさまざまな項目でノルマが課せられ、一つの項目だけではなく、すべての項目をクリアできなければ評価は上がりません。

ノルマはまず本部から支店ごとに割り振られ、それを更に支店内の担当者へ落とし込まれ、支店が一体となりノルマ達成を目指します。

銀行員の役割

資金をつなぐ仲介者として

銀行員の大切な役割は、お金を通して人々の架け橋になることです。

世の中には「資金に余裕があるので、しばらくの間は誰かに貸すことで利子を手に入れたい」と考えている人と「今すぐ資金が必要なので、利子がついてでも誰かからお金を借りたい」と考えている人がいます。

顧客はただ銀行にお金を預けたつもりでも、実はそのお金は必要な人に対して融資として貸し出され、両方がメリットを得られることになっているのです。

このように、銀行員は世の中の人たちのお金に関するニーズを叶えるために欠かせない役割を果たしています。

日本経済の活性化に貢献

もうひとつ、銀行員が果たしている大切な役割があります。

それが、資金提供を通して日本のたくさんの企業の成長を応援し、日本経済の活性化に貢献することです。

たとえば、会社を設立するときや事業を拡大するときには、設備投資や人材確保のために必ず資金が必要になり、銀行が「この企業には将来性がある」と判断して、多額の資金を融資することになります。

もしも銀行がなければ、企業は事業を始めることも拡大することもできず、日本経済はどんどん落ち込んでいき失業者も急増し、活気が失われていきます。

銀行は、日本の企業の成長を応援し、同時に日本の経済全体を活性化させる役割を担っているのです。

銀行員の勤務先・有名な企業

銀行員の勤務先は日本全国にある銀行や、海外本社の日本支店などが主な勤務先になります。

三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行などの都市銀行は日本全国・世界に拠点を持つため、転勤も頻繁で職種によっては転居を伴う転勤も多々あります。

都市銀行は、中小企業だけではなく、国や大企業に対する大きなプロジェクトへの融資を担うことになり、経験を重ねるとダイナミックな仕事ができます。

一方、地方に拠点を持つ地方銀行は、地域に密着型の企業に対して取引を行うため、銀行本社周囲の都道府県が主な拠点となることが多く、転居を伴う転勤はあまりありません。

この日本政策金融公庫や商工組合中央金庫などの政府系の銀行も全国に支店を持つため、職種によっては転居を伴う転勤も覚悟する必要です。

日本政策金融公庫は、民間の銀行では支援するのが難しい創業したばかりの企業や業績が危うい企業にも融資を行います。

銀行員の仕事の流れ

銀行員にはさまざまな仕事がありますが、融資を例にして仕事の流れを説明します。

まず依頼があった企業に融資を行なった後に利子分を含めて返済できる能力があるか徹底的に調べます。

この行為を格付と言って、仕事内容や過去の業績、資産内容、経営者の人柄などから総合的に判断します。

格付でその企業に対して融資ができると判断できたら、次に個別の融資案件に対する稟議書と呼ばれる企画書のようなものを作成し、金額や条件などを提示して融資を行いたい旨を銀行本部の融資担当へ説明します。

稟議書が通れば、融資用の口座開設、保証人の設定、担保設定などを行った後に融資実行となります。

融資が実行したら終わりではなく、返済がすべてされるまで油断は禁物で、会社の業績を確認するためにこまめに会社訪問したり、銀行内でもアフターフォローしたりということも大切です。

銀行員と関連した職業

銀行員と関連した職業として、証券会社職員や保険会社職員、不動産会社職員などが挙げられます。

お客さまの中には、銀行員に対して銀行だけで解決すること以上を求めている方もいらっしゃるので、お客さまに合わせた対応が必要です。

たとえば、株や保険、不動産などは銀行員が直接販売することはできないため、銀行を通して各関連会社にお客さまの同意を得て紹介することもあります。

そのため、同じグループの証券会社職員、保険会社職員、不動産会社職員とは密に連絡を取り合い、お客さまにとって何が最適な商品なのか一緒に考えたり、勉強会をしたりすることも多いです。

その他にもコンサルティング会社、リース会社、ファクタリング会社、クレジットカード会社などもお客さまのニーズによっては共同して提案を行う場合があります。

証券会社社員の仕事

損害保険会社社員の仕事

生命保険会社社員の仕事

不動産会社社員の仕事