銀行員へ転職するには? 未経験・中途採用はある?

銀行員への転職状況は?

銀行は覚えるルールが多く、基本業務を覚えるためには研修を受ける機会も多くなってしまうので、特に支店の窓口担当をする一般職は他業種からの転職者を受け入れるのは非常に難しく、新卒で採用して育てることが多いです。

ただし、営業担当者や保険・証券・コンサルティング・アナリスト・ディーラーなどの同業種の場合は、即戦力として働ける専門家として、専門の部署に採用されることもあります。

また、最近ではインターネットバンキングやFinTechなどの金融とITを融合した技術開発が各銀行盛んにされており、システムに強いエンジニア出身者が採用されることも増えているようです。

このような理系のエンジニア人材は、従来の銀行員像とは異なりますが、未来の銀行を支えるため大切な人材として重宝されます。

銀行員への転職の志望動機で多いものは?

 

メガバンクでは、取引する会社の規模が大きくなり、企業だけではなく国内外での大きなプロジェクトに参加できる可能性があるので、大きな仕事に関わりたいということが志望動機となります。

たとえば、プロジェクトファイナンスという分野では発展途上国を支えるために投資したり、最近ではブロックチェーン技術などを使い海外送金などの新しいインフラを作ったりとやりがいを感じる仕事が多いです。

また、地方銀行への転職理由としては、転勤なく腰を据えて地元企業の発展を支えたいという理由でメガバンクや政府系の銀行から転職を希望する人が多いです。

政府系の銀行では、創業間もない企業や赤字の続く普通の銀行では融資できないような企業を支援できるので、そのような企業を後押ししたいという気持ちが志望動機となります。

銀行員の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人から銀行員になるには

上記でも説明した通り、窓口業務を担う一般職としての転職は未経験の場合非常にハードルが高いです。

ただし、どうしても窓口担当の銀行員として働きたい場合、派遣社員やパートとして銀行で働き、銀行内の試験を受けて銀行員になるという道はあるので、チャレンジしてみる価値はあります。

法人営業担当者であれば、金融業界が未経験であっても、それまでの業務経験を活かして働くことを期待し、採用される可能性はあります。

ただし、銀行の法人営業は資格試験も多いですし、融資知識や金融商品の知識などたくさんのことを覚える必要があるので、最初のうちはかなり忙しくなることは覚悟しなくてはいけません。

銀行員への転職に必要な資格・有利な資格

銀行員になるために必須となる資格は転職活動時にはありません。

ただし、ファイナンシャルプランナー資格は金融商品を販売するにあたり必要な知識を得られるので、取得しておくと面接時にアピールできます。

また、法人営業を志す場合は、融資をするにあたり企業の財務分析をする機会が出てくるので、簿記の知識が必要です。

転職者の場合は即戦力を求められ、研修などでゆっくり勉強する機会も望めないので、簿記の必要最低限の知識が得られる日商簿記3級は取得しておいた方が無難といえます。

銀行員を目指す人におすすめの資格・入行後に取得する資格

銀行員への転職に役立つ職務経験は?

銀行員に個人営業・法人営業の担当者として転職を目指す場合、営業の職務経験は有利になります。

銀行はノルマが非常に厳しく、自ら考え積極的に営業できる人材を望んでいるので、前職では営業でどのような実績を残すことができたのかをアピールできると有利です。

また、最近では各銀行が決済技術の開発に力を入れているので、ITの分野に強い人材を求めています。

そのため、インターネットバンキングなどのシステム開発などできる技術を身に付けているとアピールできます。

銀行員への転職面接で気をつけるべきことは?

銀行が転職者に望むことは、「業務に前向きに取り組み実績を残してくれること」です。

新卒の場合はゆっくり研修などで育てる時間がありますが、転職者の場合はなるべく早く即戦力になってくれる人が必要だと思っています。

そのため、面接では採用されたら銀行のルールや商品をいち早く覚えて、積極的に活躍したいということをアピールすると良いです。

また、銀行は一般の企業と違い細かいルールがたくさんあり、それを守れなければ銀行として厳しく処分しなくてはいけないので、正義感が強くルールをしっかり守れる人が好まれます。

「まじめな性格で間違ったことは絶対にしない」ということを前職での体験談などで印象付ける必要もあります。

銀行員に転職可能な年齢は何歳くらいまで?

未経験から銀行員を目指す場合、銀行は覚えるべきルールが多く、勉強や研修が多くなるので、30歳くらいまでの若手が求められます。

年齢が高くて銀行の知識がない人を採用すると、銀行としては人事コストが高くなってしまうからです。

年齢が若いから良いという訳ではなく、前職でも前向きに仕事していた実績があり、銀行員になっても更に積極的に仕事に取り組みたいという姿勢が大切です。

ただし、保険・証券などの同業種から転職する場合は、プロフェッショナルとして即戦力が求められるので、年齢が高くてもしっかりとした知識と営業実績が評価されれば転職することができます。

特に前職で良い実績を残していた場合は役職を付けての転職などもあります。

未経験から銀行員への転職での志望動機

銀行員を目指す理由は、企業に対してお金周りの融資や決済などの手助けをすることで、その企業及び地域の経済を活性化できるということが多いです。

たとえばメーカー企業が新しい工場を作ってより生産を増やしたいと思ったとき、銀行の場合その企業に対し融資して工場を作る手助けができますし、新しい商品を売るにあたり取引先との決済の手助けもできます。

未経験の人が銀行員を目指す人の志望動機としては、前職で銀行とのやり取りで銀行の役割を知り、「自分も銀行員になって経済発展に貢献したい」とアピールすると説得力があります。