銀行員への転職・未経験から転職するためのポイントを解説

銀行員は金融系の中でも代表的な職種の1つです。

金融機関の仕事と聞いて、最初に連想するのは「銀行員」という人もいるでしょう。

実際、新卒採用では銀行員の人気が依然として高く、第一志望の就職先として挙げる人も多いのが実情です。

では、他の業界や職種から銀行員に転職することは可能なのでしょうか。

また、中途採用で未経験者を受け入れている銀行はあるのでしょうか。

銀行員への転職を成功させるために必要なポイントについて解説します。

銀行員の仕事内容は?

銀行には都市銀行、地方銀行、信用金庫、政府系銀行、ネット銀行といった種類があり、いずれも日本経済を支える重要な役割を果たしています。

銀行員の仕事内容は多岐にわたりますが、代表的な仕事として次の3つが挙げられます。

預金業務

個人・法人のお客様の預金を管理する仕事です。

預金口座の作成をはじめ、各種変更手続きや新たな預金商品の紹介を担当します。

銀行にとって重要な収入源であり、法人担当になると経費口座の開設を案内したり、担当企業の新入社員向けに給与口座の開設を依頼したりすることもあります。

為替業務

債権や債務の決済をするための振込・送金を行う仕事です。

企業間の決済や海外送金といった大規模なものから、光熱費や通信費の口座振替まで広範囲に及びます。

決済システムを活用することにより、銀行の利用者に利便性の高いサービスを提供するのも重要な職務の1つです。

融資業務

資金を必要としている個人や法人にお金を融資する仕事です。

個人であれば住宅ローン、法人であれば創業融資や運転資金の貸付などがイメージしやすいでしょう。

融資したお金の返済利率は、銀行にとって中長期的な収入源となります。

ただし、万が一にも融資先が破産や倒産をすると貸し倒れが起きてしまうため、調査や審査を慎重に行う必要があります。

銀行員の仕事内容は? 【具体的な業務から社会的な役割まで】

銀行員への転職状況は?

銀行は覚えるべきルールが多く、基本業務を覚えるだけでも膨大な量の研修を受ける必要があります

特に支店の窓口担当をする一般職は他業種からの転職者を受け入れるのは非常に難しく、新卒で採用して育てていくのが一般的です。

ただし、営業担当者や保険・証券・コンサルティング・アナリスト・ディーラーなどの同業種の場合は、即戦力として働ける人材として専門の部署に採用されることもあります。

また、最近ではインターネットバンキングやFinTechなどの金融とITを融合した技術開発が進んでおり、システムに強いエンジニア出身者が採用されることも増えています。

このような理系のエンジニア人材は従来の銀行員像とは異なりますが、未来の銀行を支えていく人材として重宝されます。

銀行員に転職するためのポイント

未経験者を募集している銀行を見つける

銀行は主に新卒一括採用を実施しています。

中途採用で未経験者を採用することが全くないわけではありませんが、かなり稀なケースといえます。

そのため、他業種から銀行員へ転職する場合、まずは未経験者を受け入れている銀行を探す必要があります。

メガバンクと呼ばれる大手の銀行に未経験で入行するのは相当ハードルが高いと考えられますが、地方銀行やネット銀行、信用金庫であれば中途採用を実施していることがあります。

エンジニアとして技術系の職種を募集している銀行もありますので、エンジニアの経験を生かして転職したい人は技術系の職種を中心に求人を探しましょう。

このように、銀行への転職を目指す場合には「そもそも中途採用者を受け入れているかどうか」を確認しておくのがポイントです。

前職での業務経験を棚卸ししておく

銀行が未経験の中途採用を行う場合、ほぼ間違いなく即戦力として活躍できる人材を求めていると考えられます。

しかし、銀行の業務は専門性が高いことから、未経験者が活躍するのは容易ではありません。

金融系の仕事に就いていた人が有利になるのは明白ですが、近年では銀行の業務が多様化していますので、他業種での経験を生かせる余地もあるはずです。

銀行員として中途採用される可能性があるとすれば、営業職や金融系専門職、エンジニア職などの経験者が有望でしょう。

銀行での業務に通用するスキルや経験が十分に備わっていると評価してもらうには、前職での業務経験を洗い出し、入念な棚卸しを行っておく必要があります。

なぜ銀行に転職したいのか、志望動機を明確にするとともに、入行後はどのような貢献ができるのか、前職での経験をアピールするための準備を整えておきましょう。

銀行員として生かせる資格を取得しておく

銀行員として働く上で必須の資格はありませんが、とくに未経験者の場合、入行後に生かせる資格を取得しておくことでアピールできる材料となります。

前職での経験と関連性の高い資格を取得しておくことにより、業務経験を裏付ける知識があることを客観的に証明できるはずです。

一例として、ファイナンシャルプランナーや宅地建物取引士、簿記検定などが金融に関わりの深い資格として挙げられます。

また、銀行業務検定試験や外務員資格試験といった、入行後に取得を求められる可能性のある資格について、あらかじめ勉強を進めておくのも有効です。

金融業界に関連する資格を取得したり勉強に取り組んだりしておくことは、銀行業務への関心の高さや志望度の高さを伝える上でも役立つでしょう。

銀行員への転職に興味があったら、転職エージェントに相談してみよう

転職エージェント活用のメリット

とくに異業種から銀行員へ転職したいと考えている人は、リクルートエージェントやマイナビジョブ20'sなどの転職エージェントに相談しておくことを強くおすすめします。

転職エージェントでは求人を紹介してもらえるだけでなく、キャリアプランや業界の最新動向について幅広く相談に乗ってもらうことができます

そもそも銀行員への転職に向いているのかどうか、転職するタイミングとして適切かどうかも含め、有益なアドバイスをしてもらえる可能性が高いでしょう。

転職エージェントは各社が独自に非公開求人を扱っていますので、自分で求人を探しても見つけることのできない希少な求人を紹介してもらえる可能性があります

また、転職エージェントから随時アドバイスをもらうことができるので、書類選考の通過率も高まります。

証券会社や保険会社といった銀行業務と親和性の高い業種で働いてきた人にとっても、持っている知識やスキルを存分にアピールする上で転職エージェントの活用は有効です。

転職エージェントの使い方まとめ

転職エージェントは複数登録してみる

転職エージェントごとに紹介可能な非公開求人は異なるため、複数の転職エージェントに登録しておき、並行して活用していくことでより高い効果が得られます。

ある転職エージェントで紹介されなかった案件が、別の転職エージェント経由ですぐに紹介されることは十分にあり得ます。

また、転職エージェントに登録すると転職アドバイザーが担当につきますが、アドバイザーとの相性は転職活動を進める上で重要なカギを握っています。

希望条件をしっかりと受け止めて企業を紹介してくれるかどうかは、納得できる転職先を見つけるために欠かせない条件の1つだからです。

自分に合った転職アドバイザーを見極めるには複数の転職エージェントに登録しておき、それぞれのアドバイスを比較するのが効果的です。

転職エージェントと転職サイトの違い

転職サイトとは、企業が求人広告を掲載し、転職希望者が自分で求人を探して応募するためのサービスです。

これに対して転職エージェントは登録後に担当アドバイザーがつき、面談を実施した上で転職希望者に合った企業を紹介する仕組みとなっています。

転職サイトでは求職者が自発的に求人を探すことができる一方で、転職エージェントではアドバイザーからの紹介経由でのみ応募可能な非公開求人を紹介してもらうことができます。

このように、転職エージェントと転職サイトにはそれぞれ特有のメリットがあります。

現在、転職を少しでも考えているのであれば、転職エージェント2つ以上、転職サイト1つ以上に登録しておき、幅広く情報収集をしておきましょう。

まずは情報を得た上で、自分に合った転職サービスを絞り込んでいく活用方法がおすすめです。

転職エージェントと転職サイトの違いとは? 転職に有利なのはどっち?

銀行員への転職でおすすめの転職エージェント

転職エージェントには大きく分けて総合型と特化型の2種類のサービスがあります。

総合型サービスは幅広い業界・職種を扱っており、代表的なサービスとして「リクルートエージェント」が挙げられます。

特化型サービスには、若手の人材を専門とする「マイナビ20’s」、ハイキャリア志向の人材を専門とする「ビズリーチ」や「JACリクルートメント」があります。

転職エージェントを複数利用する際には、総合型と特化型の両サービスにバランスよく登録しておくことが大切です。

また、転職サイトには代表的なサービスとして「リクナビネクスト」が挙げられるほか、転職エージェントとしても活用できる「doda」のようなサービスもあります。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

特徴転職支援実績No.1の転職エージェント
対応エリア:全国
公式サイトリクルートエージェント

リクルートエージェントは取り扱い求人数の豊富さと、対応可能な業界・職種の幅広さにおいてトップクラスの転職エージェントです。

非公開求人数は約10万件。

圧倒的なブランド力と知名度をもつリクルートエージェントは、非公開で人材を募集する企業各社から厚い信頼を寄せられています。

各業界・各業種に精通したキャリアアドバイザー

リクルートエージェントに登録すると受講できる「面接力向上セミナー」は評判が高く、面接の通過率がUPしたという実績があります。

ハイレベルな求人から未経験・地方の求人までカバーしているリクルートエージェントは、万人向けの転職エージェントといえます。

求人数が最大のエージェントなので銀行員の案件も見つけやすいでしょう。実績が豊富な転職エージェントに相談したい人はリクルートエージェントの活用を検討しましょう。

関連記事リクルートエージェントの特徴まとめ|どんな人が使うべき?

マイナビ20's

マイナビジョブ20's

特徴20代・第二新卒・既卒向けの転職エージェント
対応エリア:一都三県・関西・東海
公式サイトマイナビジョブ20s

マイナビジョブ20’s(トゥウェンティーズ)は、マイナビが運営する20代・第二新卒に特化した転職エージェントです。

業界経験者や実績豊富なビジネスパーソンをターゲットとする転職エージェントが多い中、マイナビジョブ20’sは社会経験の年数が短い若手の転職サポートに力を入れています。

利用者数は延べ17万人。20代向けの転職エージェントとしては圧倒的な実績があります。

本格的な適性検査を無料で受けることができ、「自己分析をしっかり行える」「応募書類や面接で使える」と評判が高いです。

応募書類の書き方や自己PRのポイントについてもアドバイスをしてもらえますので、転職が初めての人でも安心して相談できるはずです。

今後のキャリアをしっかり考えたいという20代や、未経験の業界にもチャレンジしてみたいという第二新卒の人におすすめの転職エージェントです。

20代の人や転職が初めての人、未経験者や他業種から銀行への転職を目指している人は、マイナビ20’sへの登録を選択肢に加えておきましょう。

関連記事マイナビジョブ20’sの特徴は?どんな人におすすめ?【第二新卒にぴったり】

doda

doda

特徴転職エージェントと転職サイトのハイブリッドサービス
対応エリア:全国
公式サイトdoda

dodaは求人検索サービスと転職エージェントの両方の機能を備えている転職サービスです。

一般的な転職エージェントのようにキャリアアドバイザー経由で企業を紹介してもらえるだけでなく、転職希望者が自分で求人を探し、希望条件に合う企業に応募することもできます。

キャリアアドバイザーの質が安定しており、当たり外れが少ない点も多くの転職経験者から支持されています。

キャリアアドバイザーによる企業紹介が積極的である上に、企業からのスカウトメールが届き、さらに自分で求人を探すこともできるのが大きな特徴です。

転職先を積極的に探したい人や、早期に転職先を見つけたいと考えている人は、dodaの活用をおすすめします。

「転職企業ランキング」「年収査定」などすぐには転職をしない人も読んでいて面白いコンテンツが多いという特徴があります。

検索条件をかなり詳しく絞り込める点も使いやすいポイントです。地方の求人数も多く、万人向けの転職サイトといえます。

銀行員に転職する場合、中途採用者を募集している銀行を見つける必要があるため、自分で求人を探しながらキャリアアドバイザーからの提案も受けられるdodaもおすすめです。

関連記事dodaの特徴・使い方まとめ【転職イベントも!情報収集に便利なサイト】

ビズリーチ

ビズリーチ

特徴スペシャリストや管理職向けのハイクラスサイト
対応エリア:全国
公式サイトビズリーチ

ビズリーチは高い専門性を持つスペシャリスト人材や、管理職経験者といったハイクラス人材の転職サポートを専門とする転職サービスです。

一般的な転職エージェントとは異なり、企業またはヘッドハンターが登録者をスカウトするダイレクトリクルーティング方式を採用しています。

登録しておいてヘッドハンターや企業の採用担当者からスカウトを待つという転職サイトとも転職エージェントとも異なる転職サービスですが、登録には審査があり、年収750万円以上の方ですとスカウトが多いようです。

現状よりも好待遇での転職を希望する人や、年収アップを目指している人にとって、条件のよいスカウトを受けられる可能性のあるサービスといえます。

ビズリーチは有料プランもありますが、いったんは無料で登録しておいて、審査に通過できるか、スカウトが届くかを確認するのに使うのがおすすめです。

外資系の銀行やFinTechに注力している銀行のように、特定のスキルや能力を求めている銀行への転職を目指すのであれば、ビズリーチの活用は有力な選択肢となるはずです。

関連記事ビズリーチの特徴は? 登録に審査があるハイクラス向け!

JACリクルートメント

JACリクルートメント

特徴転職エージェントと転職サイトのハイブリッドサービス
対応エリア:全国・海外
公式サイトJAC Recruitment

JACリクルートメントはロンドン発祥の転職エージェントで、アジア・ヨーロッパを中心に世界11ヶ国に24拠点を構えています。

外資系企業や海外勤務といったハイキャリア志向の人材に帯する転職サポートに強く、高年収帯の求人を豊富に扱っているのが特徴です。

職歴・経歴が重視されますが、取り扱う求人は優良企業・大手企業・外資系企業など、はずれがなくキャリアアップしたい人にぴったりです。

社会経験の豊富な30代以上の転職サポートを得意としていることから、前職までの実績・経験を活かしてステップアップしたい人におすすめのサービスの1つといえるでしょう。

バイリンガルや外国人担当者による英語や中国語でのレジュメ添削や面接指導など、他社にはないサポートも魅力です。

コンサルタントは業界別の専任チーム体制となっており、銀行への転職を志望する人に対しては金融業界を専門とするコンサルタントに担当してもらうことができます。

関連記事JACリクルートメントの特徴は? どんな人が登録すべき?

リクナビネクスト

リクナビネクスト

特徴日本最大級の定番転職サイト
対応エリア:全国
公式サイトリクナビネクスト

リクナビネクストは幅広い業界・職種の求人を扱う日本最大級の転職サイトです。

リクナビネクストだけの限定求人が約85%あり、地方の求人も網羅されています。

実際に転職した人の約8割が使っているサイトなので、転職エージェントと併用して登録しておくのがおすすめです。

企業からスカウトメールが届く機能も備えていますので、希望条件を加えておくことで企業側からスカウトされる可能性もあるでしょう。

職務経歴書を作成できたり、本格的な診断が無料で受けられる「グッドポイント診断」などのコンテンツも充実しています。

また、登録時に「転職支援サービスに登録する」を選択することで、リクルートエージェントのサービスも同時に利用することができます。

転職活動初期の方や少しでも転職を考えている方であれば、リクナビネクストには登録しておいて損はないはずです。

企業からスカウトメールが届く機能も備えていますので、銀行を希望条件に加えておくことで中途採用者を求める銀行側からスカウトされる可能性もあるでしょう。

関連記事リクナビネクストはおすすめ? 特徴や使い方まとめ

銀行員への転職の志望動機で多いものは?

銀行員を目指す理由として、企業に対してお金周りの融資や決済などの手助けをすることで、その企業及び地域の経済を活性化できる点を挙げる人が多くみられます。

たとえばメーカー企業が新しい工場を作ってより生産を増やしたいと思ったとき、銀行であればその企業に対し融資をすることで工場を作る手助けができます。

また、新しい商品を売るにあたり取引先との決済の手助けもできるでしょう。

未経験の人が銀行員を目指す場合、前職で見聞きしてきた銀行とのやり取りから銀行の役割への理解を深めておく必要があります。

その上で、「自分も銀行員になって経済発展に貢献したい」と経験を元にアピールすることで、志望動機に説得力を持たせることができるはずです。

銀行員の志望動機と例文・面接で気をつけるべきこととは?

未経験から銀行員として働くには

窓口業務を担う一般職の場合、新卒採用が中心のため、未経験者が中途採用で入行するのはかなりハードルが高いといわざるを得ません。

どうしても窓口担当の銀行員として働きたい場合、派遣社員やパートとして銀行で働き、銀行内の試験を受けて正式に銀行員になるという道はあるので、チャレンジする価値はあります。

法人営業担当者であれば、金融業界が未経験であってもそれまでの業務経験を生かして活躍することを期待し、採用される可能性はあるでしょう。

ただし、銀行の法人営業は入行後に資格試験を受ける機会が多く、融資知識や金融商品の知識などたくさんのことを覚えなくてはなりません。

入行して数年間はかなり忙しくなることを覚悟しておく必要があるでしょう。

銀行員への転職に必要な資格・有利な資格

銀行員になるために必須となる資格は、転職活動の時点ではとくにありません。

ただし、ファイナンシャルプランナー資格は金融商品を販売するにあたり必要な知識を得られるので、取得しておくと面接時にアピールできます。

また、法人営業を志す場合は、融資を行うにあたり企業の財務分析をする機会があるので、簿記の知識が必須となります。

転職者の場合は即戦力を求められ、研修などでゆっくり勉強する機会も望めないため、簿記の必要最低限の知識が得られる日商簿記3級は取得しておいた方が無難といえます。

銀行員の資格まとめ【就活生・若手の必須資格から出世に有利な難関資格まで】

銀行員への転職に役立つ職務経験は?

銀行員に個人営業・法人営業の担当者として転職を目指す場合、営業の職務経験は有利になります

銀行はノルマが非常に厳しく、自ら考え積極的に営業できる人材を望んでいるので、前職では営業でどのような実績を残すことができたのかをアピールできると有利です。

また、最近では各銀行が決済技術の開発に力を入れているので、ITの分野に強い人材を求めています。

そのため、インターネットバンキングなどのシステム開発などできる技術を身に付けているとアピールできます。

銀行員に転職可能な年齢は何歳くらいまで?

未経験から銀行員を目指す場合、銀行は覚えるべきルールが多く、勉強や研修が多くなるので、30歳くらいまでの若手が求められます

年齢が高くて銀行の知識がない人を採用すると、銀行としては人事コストが高くなってしまうからです。

年齢が若いから良いという訳ではなく、前職でも前向きに仕事していた実績があり、銀行員になっても更に積極的に仕事に取り組みたいという姿勢が大切です。

ただし、保険・証券などの同業種から転職する場合は、プロフェッショナルとして即戦力が求められるので、年齢が高くてもしっかりとした知識と営業実績が評価されれば転職することができます。

特に前職で良い実績を残していた場合は役職者として採用されることもあり得ます。

銀行員の将来性は? 転職するメリットはある?

銀行員は、安定と社会的地位が保証された職業といわれる時代がありました。

他の職業と比べた場合、倒産の心配がほとんどない業種と考えられていたからです。

しかし、近年では銀行業界を取り巻く状況が大きく変化しつつあります。

ネット銀行の台頭により、店舗型の銀行に足を運んで現金のやりとりをする人が減っていることから、実店舗がどうしても必要な場面は少なくなりつつあります。

決済手段も多様化しており、スマートフォンアプリ1つで決済が完了する仕組みが広く浸透しています。

さらに、正確かつスピーディな与信審査が可能なAIが普及することにより、銀行員の仕事はいっそう間口が狭まっていくともいわれています。

一方で、今後は多くの銀行がシステム面での強化を進めたり、経済の拡大が見込める海外への進出を図ったりするケースが増えていくはずです。

FinTechや海外事業など、銀行が今後注力していくと予想される分野で活躍できれば、銀行に転職するメリットは十分にあるでしょう。

銀行員の需要・将来性

「銀行員へ転職するには」のまとめ

銀行が果たす役割は近年大きく変化しており、FinTechや海外への展開といった新たな事業領域にも果敢に挑んでいかなくてはならない時期に来ています。

しかし、今でも銀行が担う社会的な責任や影響力は大きく、転職先として十分に魅力のある業界といえるでしょう。

銀行員は新卒採用が中心のため、中途採用で入行するのは決して容易ではありません。

銀行員への転職を検討している人は、人材市場のプロフェッショナルである転職エージェントの力を借りるなどして、ぜひ十分な準備をした上で転職活動に臨んでください。

転職エージェントまとめ

転職活動では3社ほど登録して、求人企業の情報収集や転職アドバイザーの比較をすることがおすすめです。

いますぐ転職する気がないとしても、専門のアドバイザーと話をし、自分の現状の価値を知ることで、キャリアの選択肢が増えます。

無理やり転職させられることはありませんし、合わないと思ったら中断や退会することも可能です。

すべて完全無料で活用できますので、少しでも興味があったら、まずは登録して話を聞いてみましょう。

・実績が豊富な転職エージェントなら
リクルートエージェント

・20代で初めての転職なら
マイナビジョブ20s

・すぐに転職したいなら
DODA

・年収750万円以上を目指すなら
ビズリーチ

・前職の実績・経験を生かすなら
JAC Recruitment

・自分で求人を探すなら
リクナビネクスト