人事コンサルタントの1日のスケジュール・生活スタイル

人事コンサルタントの業務スケジュール

人事コンサルタントの多くは、企業などにコンサルティングサービスを専門的に手掛けるコンサルティングファームで働いています。

基本的に、一般のサラリーマンと同じように朝出社して夕方以降に帰宅する流れとなりますが、クライアントに合わせて仕事を進めることが多いのが特徴です。

関わっているプロジェクトの状況や内容によって、タイムスケジュールは変わってきます。

いくつもの案件が重なったり、突発的な依頼やトラブルが発生した場合には、遅い時間まで仕事をしたり休日出勤をする場合も少なくありません。

ただし、個人の能力や成果で評価されることが多いため、経験や実力があれば、スケジュールを管理しながら自分のペースで動きやすいといえるでしょう。

人事系ファームで働くコンサルタントのある1日

6:30 起床
新聞やニュースを見て、経済や社会の動向をしっかりと追っておきます。
7:30 出社
8:00 メールチェック
早めに出勤し、当日のスケジュールを確認、業務の準備を整えます。
9:00 ミーティング
午後からクライアント先でプレゼンをするため、上司とミーティングを行い、内容の最終確認を行います。
10:00 資料作成
プロジェクトはいくつか同時進行することもしばしばです。

忙しい合間をぬって、クライアントに提出する資料作成を進めます。

11:30 休憩
13:00 クライアント先へ移動
13:30プレゼン開始
クライアント先へ外出し、前回の打ち合わせを踏まえた新しい人事評価制度の提案を行います。
16:00 別のクライアント先へ移動
仕事が終わるとすぐに移動します。

移動時間もメールをチェックするなど時間を無駄にしません。

16:30 打ち合わせ
別のクライアント先で定例の打ち合わせに参加します。
18:00 帰社
クライアントからの問い合わせに電話やメールを使って迅速に答えます。
18:30 資料の手直し
作成済みの資料について、上司から修正指示が入ったために手直しを行います。
19:30 退社

人事コンサルタントの勤務時間

人事コンサルタントは、クライアント企業のスケジュールに合わせて動くことが求められるため、朝早くから出勤したり、夜遅い時間にミーティングを行ったりすることもあります。

会社によってはフレックスタイム制が導入されており、柔軟な勤務体系で働くことができます。

人事コンサルタントの休日

コンサルティングファームなどの会社で働く人事コンサルタントの休日は、一般的には土・日曜日が休みの「完全週休2日制」となっています。

クライアントも土日を休みとする企業がほとんどであるため、相手に合わせて休みが取れることがほとんどです。

しかし、担当クライアントの業界によっては、週末に出勤して対応しなくてはならないこともあるでしょう。

夏季休暇、年末年始休暇、ゴールデンウィーク休暇などの連休は、案件が立て込んでいない限りはしっかり休める企業が多いようです。

人事コンサルタントの残業時間

人事コンサルタントは、日中はクライアントとのミーティング、それ以外の時間を使って調べものや資料作成などを行いますが、一人が抱える業務量は多く、残業時間も増えがちです。

プロジェクトが佳境に入ってきたときなどは、深夜まで仕事を続けるようなことも珍しくありません。

ただし、コンサルタントは成果を出すことが求められる一方、個人の裁量も大きく、案件が落ち着いている時期はしっかりと休むことができます。

そのため、自分でスケジュール管理を行い、メリハリをつけて働いている人が多くなっています。