人事コンサルタントの一日

人事コンサルタントの働き方は?

人事コンサルタントの多くは、企業などにコンサルティングサービスを専門的に手掛けるコンサルティングファームで働いています。

基本的に、一般の会社員と同じように朝出社して夕方以降に帰宅する流れとなりますが、クライアントに合わせて仕事を進めることが多く、関わっているプロジェクトの状況や内容によって、タイムスケジュールは変わってきます。

いくつもの案件が重なったり、突発的な依頼やトラブルが発生した場合には、遅い時間まで仕事をしたり休日出勤をする場合もあります。

ただし、個人の能力や成果で評価されることが多い仕事であるため、経験や実力があるコンサルタントは、自分でスケジュールを管理しながら自分のペースで動きやすくなるようです。

人事系ファームで働くコンサルタントのある1日

6:30 起床

朝食をとりながら新聞をチェック。経済や社会の動向はしっかりと追っておきます。

7:30 出社

通勤ラッシュを避けて早めに出社しています。

8:00 メールチェック

静かなオフィスでメールチェックや、当日のスケジュールを確認します。

9:00 ミーティング

午後からのクライアント先でのプレゼンに備え、上司とミーティングを行い、内容の最終確認を行います。

10:00 資料作成

プロジェクトはいくつか同時進行することもしばしばです。忙しい合間をぬって、クライアントに提出する資料作成を進めます。

11:30 休憩

外出前にしっかりとランチをとります。

13:00 プレゼン

クライアント先へ外出し、前回の打ち合わせを踏まえた新しい人事評価制度の提案を行います。

16:00 別のクライアント先へ

すぐに移動し、別のクライアント先で定例の打ち合わせに参加します。

18:00 帰社

クライアントからの問い合わせに電話やメールを使って迅速に答えます。

18:30 資料の手直し

作成済みの資料について、上司から修正指示が入ったために手直しを行います。

19:30 退社

残業でもっと遅くなる日もありますが、できるだけメリハリをつけて働くように心がけています。