社会起業家になるには

誰もが目指せる職業

社会起業家になるにあたり、特別な資格や学歴は一切不要です。

年齢や性別も関係ありません。

事業を通じて社会貢献をしたいという確固たる目的さえあれば、誰もが目指せる職業であると考えていいでしょう。

必ず必要なものとは

社会起業家を目指すにあたって必ず必要なものは、社会に関する何らかの問題意識とそれを変えたいと思う情熱です。

この二つが社会起業家の原点。事業計画や資金調達はその後の問題です。

この二つを持つためには社会全体にアンテナを張り巡らせ、多くの情報を収集することが必要不可欠です。

時には海外に出ることも必要でしょう。

実際に現在活躍している社会起業家の多くは諸外国の現状を知ったことが動機になっています。

起業には苦労が付きものですが、原点に立ち返ることで鼓舞され、成功への道を邁進することができたと多くの社会起業家が語っています。

事業内容に応じた資格は取得しよう

特別な資格が不要であるとは言え、立ち上げる事業によっては取得する必要が出てくることもあります。

例えば、保育系の事業であれば保育士の資格、製造系の仕事であれば各種免許など自身が会社を運営していく上で必要性が生じたものは適宜取得していきましょう。

また、早い人では学生の段階で起業するケースも珍しくありませんが、社会的企業は軌道に乗るまで何年もかかることもあるため、通っている学校は卒業しておくことをおすすめします。

ノウハウを学べる学校に進学するのも良い

世界的に見ると日本の社会起業家はまだまだ少数であることは否めませんが、その飛躍は目覚ましく、今後もますます盛り上がりを見せていく業界であることが予想されます。

こうした状況を受けて社会起業家を志す人たちが学べる教育機関も増えてきました。

2010年に設立された社会起業大学は日本で初めて社会起業家を養成することに特化したビジネススクールで、これまでに400名を超える人材を輩出しています。

卒業後も起業を手厚くサポートしてくれるシステムが整っており、近年志願者が増えているようです。

東京大学や九州大学、東京工業大学、慶應義塾大学といった名門大学でも社会起業家を目指すにあたって必要な知識が得られる講義やプログラムが設置され始めました。

社会起業家を目指す人はこういった教育機関への進学も視野に入れておくと良いでしょう。