経営コンサルタントのつらいこと・大変なこと・苦労

経営コンサルタントのつらいこと・大変なこと

厳しい課題と向き合う

経営コンサルタントの力を必要とするのは、大企業から個人事業主までさまざまですが、いずれの場合も共通しているのは、経営に関して何らかの課題を抱えているということです。

経営が順調で「さらに業績を上げたい」「会社の規模を大きくしたい」「海外で通用する事業を育てたい」という積極的な理由から経営コンサルタントに依頼をするケースもあります。

しかし、なかには「経営が破たんしてしまうので事業を整理したい」「経費削減のためにリストラや組織の再編について考えたい」というように、厳しい状況のクライアントも非常に多いです。

経営に行き詰まりを感じている経営者は、プレッシャーやストレスにさらされているため、経営コンサルタントに対しても厳しい要求をしてくることがあります。

このようななかで、クライアントを納得させなければならないため、経営コンサルタント自身も大きなプレッシャーやストレスを抱えることになります。

業務もハードで残業も多いので、精神的にも肉体的にもタフな人に向いている現場です。

社会の変化に対応する仕事

経営コンサルタントとしてプロフェッショナルな仕事をするためには、当然のことながら経営や社会経済に関してクライアントに負けない知識を身につけておく必要があります。

しかし、現代社会の変化はめまぐるしく、各業界の再編の動きやヒットした商品のこと、世界経済の課題、雇用や税金に関する制度の移り変わりなどの情報を常にキャッチアップしていかなくてはなりません。

特に女性の場合は、出産や育児で数年現場を離れただけで、社会が大きく変わってしまうことがあり、ハードな仕事をしながら勉強を続けるのは非常に大変なことです。

世の中の動きに敏感になり、経済のニュースに関心を持って常に学び続ける姿勢がなければ、経営コンサルタントとして活躍し続けるのは難しいのです。

経営コンサルタントの悩み

経営コンサルタントは、高学歴の人や大企業の出身など、高い知識やスキルを持った人が集まります。

こうした人たちと協力し、ときには競い合いながら仕事をしなくてはならないため、どうしても差を感じてしまうという人は少なくありません。

結果が出せない日々が続けば、どうしても自分に劣等感を感じ悩んでしまうこともあります。

能力のある人たちの中で切磋琢磨しなくてはならないのは、経営コンサルタントならではの大変さといえるでしょう。

経営コンサルタントを辞める理由で多いものは?

経営コンサルタントは、結果を求められる仕事であるため、精神的にも肉体的にも楽な仕事とはいえません。

思うような結果が出なければ、連日深夜まで仕事をすることもありますし、クライアントからのプレッシャーも感じるようになるでしょう。

こうしたストレスに耐えきれないという人は少なくなく、肉体的にも精神的にもタフな人でなくては続けるのは難しいでしょう。