経営コンサルタントへの転職・未経験採用

経営コンサルタントへの転職状況は?

経営コンサルタントは専門性が高い職業であり、社会経済への貢献ができることや一般的なサラリーマンに比べると高い収入が見込めることから、転職者にも人気があります。

企業によってはコンサルタント業の未経験者の採用も積極的に行っています。

経営コンサルタントへの転職の志望動機で多いものは?

経営コンサルタントを目指す理由としては、企業や社会に経営の面から貢献したい、コンサルタントとしてキャリアを積み個人として成長したい、結果を残して年収を上げたいなどが多いです。

また、新卒でコンサルファームに就職するのは非常に難関であるため、一度社会人として経験を積み、その後再チャレンジするという人も多くなっています。

未経験・社会人から経営コンサルタントになるには

未経験から経営コンサルタントを目指すには、まずコンサルファームなどの企業で経験を積むことが一般的です。

コンサルファームでは、若手を積極的に採用しているため、未経験からチャレンジする場合は、出来るだけ早いうちから行動に移した方がよいでしょう。

経営コンサルタントへの転職に必要な資格・有利な資格

経営に関する資格

経営コンサルタントとして働くために絶対に必要な資格や免許というのはありません。

しかし「税理士」「公認会計士」「中小企業診断士」「MBA(経営学修士号)」などの経営に関するプロフェッショナルの資格を取得している人であれば、転職してから即戦力として働くことも可能でしょう。

また、コンサルタント企業には外資系の企業も多いので、高い語学力がある人も重宝されます。

求められる学歴は?

学歴に関しては、応募の際に四年制の大学を卒業していることを条件としている企業も多いので、大卒または大学院卒であれば、選択肢はより広がります。

出身学部は問いませんが、経済学部や商学部で勉強をした人であれば専門知識を生かしやすいでしょう。

また、留学経験がある人や外資系の企業で働いていた人を歓迎する企業も多いです。

経営コンサルタントに必要な資格はある?

経営コンサルタントへの転職に役立つ職務経験は?

未経験者の場合は前職での経験が生かせることが大切です。

たとえば営業職として社内でトップクラスの成績を誇りクライアントから圧倒的な信頼を得ていた人であれば、コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力の高さを生かせるでしょう。

また、経済関連の取材やリサーチ、データの分析などの経験がある人も、豊富な知識を生かして経営コンサルタントとして活躍することができます。

さらに、投資会社や会計事務所で経営や財務に関する経験がある人も優遇されることが多いです。

ただし、企業によっては採用後の研修制度を確立させているところもあるので、未経験者でも諦めずに挑戦することが大切です。

経営コンサルタントへの転職面接で気をつけるべきことは?

経営コンサルタントを求人する際、企業は即戦力を求めることが多くなっています。

そのため「これまでにどんな成果を上げてきたか」が問われます。

経営や財務などに関わり実績を上げてきた人は、具体的な数字をあげてアピールするとよいでしょう。

そのほかに「難しい課題に取り組んで解決に導いた」「チームでプロジェクトを達成した」といったエピソードを盛り込むのも自己アピールにつながります。

経営コンサルタントに転職可能な年齢は何歳くらいまで?

未経験から経営コンサルタントを目指す場合、採用は20代が中心です。

30~35歳程度までを1つの区切りとしていることが多いですが、これまでの経験や経歴にもよるため一概にはいえません。

また、企業やコンサルファームに定年まで所属するという人は少なく、多くはほかの企業へ転職したり、経営コンサルタントとして独立したりするのが一般的です。