経営コンサルタントの仕事内容

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

経営コンサルタントの仕事とは

コンサルタントとは、民間企業や官公庁などさまざまなクライアントの悩みをヒアリングして解決策を示す仕事です。

なかでも経営コンサルタントの専門分野は、経営や経済に関することです。

「新年度から新しい事業を立ち上げたい」「業績を上げるために既存の事業を整理したい」「海外進出するための事業拡大計画を立てたい」など、さまざまな経営における課題を解決します。

ときには「他企業とのM&A(買収や合併)についてアドバイスが欲しい」という依頼から業界再編にとりかかります。

また「経費削減のために大幅な人員カットをしたい」という要望には、リストラや減給などの提案をするなどして解決の糸口を探すのです。

社会経済に精通し、経営や雇用、法律などに関して幅広い知識を持っている人が経営コンサルタントとして活躍することができます。

経営コンサルタントの業務の内容

経営に関する診断

経営コンサルタントを利用する企業は、たいてい効率化や合理化などを目指しています。

クライアントの依頼に基づき、実態を調査、問題点はどこにあるのかを診断します。

提供された情報だけで判断しきれない場合h、独自に調査を行うことも少なくありません。

セミナーや講習

経営者や従業員向けに、経営をメインとしたセミナーを開き、講師として指導・助言を行います。

情報提供

経営コンサルタントをする上では、国内外の情勢や業界内の動向、法の改定や規制に関することなど、さまざまな情報を知らなくてはなりません。

自分で本を書いたり、ホームページを利用したりして、積極的に情報を発信する人も多いです。

経営コンサルタントの役割

クライアントの問題や実態を知り、そこから最善の策を探り問題解決に導くのが経営コンサルタントです。

どのような企業だとしても、経営コンサルタントはクライアントのこれからの経営状態を左右するうえで重要な役割を果たす仕事です。

社運を左右する可能性も高いため、冷静な分析力と高い問題解決能力が必要不可欠となります。

経営コンサルタントの勤務先の種類

コンサルタントの雇用形態はさまざまですが、コンサルタントの専門会社で雇用されているコンサルタントが各クライアントのもとへ派遣される形が一般的です。

依頼の内容によっては数ヶ月から数年かけて企業に駐在し、経営陣と協力しながら問題解決に取り組むこともあります。

近年では外資系のコンサルタント会社も増えており、グローバルな仕事ができるという魅力があることや高収入であることから、このような企業への就職や転職も人気を集めているようです。

経営コンサルタントの仕事の流れ

ヒアリング

経営コンサルタントは、まずクライアントが抱えている問題をヒアリングすることから仕事が始まります。

さまざまな情報や事情を知るために、経営者だけでなく従業員から話を聞くことも少なくありません。

分析・提案

ヒアリングで得た情報や実態から、問題を解決するための提案や改善案を考えます。

たとえば「生産効率をアップさせる」という課題を解決するには、研修をするのか、機器を導入するのか、マネジメント方法を変えるのかなどさまざまな方法が考えられます。

こうした仮説をいくつも考えながら、もっとも効果のある方法をクライアントに提案します。

そして、クライアントとともに解決に向けて動いていくのです。

評価

経営コンサルタントの仕事は、問題の解決策を出しただけでは終わりません。

実際に実績を上げることができたのか、効果が見られたのかを振り返り評価します。

思うように結果が出なければ、再度新たな提案をしたり、計画を修正したりします。