銀行頭取になるには? 仕事内容や年収についても解説

「頭取」は、主に銀行で使われる肩書きのひとつで、一般の会社の「社長」に相当する役職です。

銀行頭取は、会社の社長と同じように、銀行という組織において重要な決定権や役割を持ちます。

ここでは頭取の仕事内容や、頭取になるまでの道のりを解説します。

銀行頭取の役割・仕事内容

まずは、銀行頭取とはどのような役割を持つ人なのかを説明します。

あわせて、仕事内容についても見ていきましょう。

銀行頭取の役割

銀行頭取とは、銀行におけるトップのことで、肩書き・役職のひとつを意味する言葉です。

一般的な会社の「社長」と同等のポジションにあたります。

銀行頭取は、銀行の代表として、銀行の運営と管理を統括する重要な役割を担います。

他の役員陣と一緒に経営戦略を立てて判断を下したり、銀行の資産を効果的に運用し、収益の最大化を図ったりします。

また、株主や投資家、従業員などあらゆるステークホルダーとの信頼関係を管理、維持する面でも重要な存在です。

なお、すべての銀行で、トップの役割を担う人を頭取と呼ぶわけではありません。

たとえば、りそな銀行では頭取の呼称をやめて社長に変えた経緯がありますし、そのほかの銀行でも、地方銀行などでは一般企業と同様にトップを社長あるいはCEOなどと呼ぶ場合もあります。

銀行頭取の仕事内容

銀行頭取は、自行のトップとして経営戦略などに直結する重要な仕事をしています。

普段は役員会議に参加し、市場動向なども見ながら銀行の長期的なビジョンと戦略を策定します。

また、外向けには、自行で新しいことを行う場合に記者会見で発表したり、万が一、不祥事が起きた場合には会社を代表して謝罪説明を行ったりします。

また、メガバンクなどの大手銀行の頭取であれば、国際的な金融会議などに参加し、日本としての意見を述べることもあります。

銀行の規模が大きくなるほど、頭取自らが営業に出向くなど、現場に出て働くことは少ないです。

しかしながら、大切なお客さまに対しては、頭取自らが先方のトップへご挨拶に出向く場合もあります。

社内的には会社の人事判断を下すことも銀行頭取の仕事の一部で、たとえば次期頭取候補になる役員を支店長や本部のメンバーから選ぶといったことに携わります。

20代で正社員への就職・転職

20代で正社員への就職を目指す(PR)

「Re就活エージェント」は、第二新卒・既卒・フリーター・ニート向けサービス。20代未経験OKの求人が多数。

20代登録比率No.1

銀行頭取になるには

銀行トップである頭取にまでなるには、長いキャリアの道のりがあります。

ここでは、頭取を目指すための一般的な流れを紹介します。

新卒入社をして順調にキャリアを積み上げる

銀行頭取は、通称「プロパー」と呼ばれる、新卒で入行し、同じ銀行で働き続けた行員がなることが多いとされています。

まずは総合職(幹部候補)として入行し、若手のうちは営業や顧客対応、投資銀行業務など、さまざまな部署で経験を積みます。

大手銀行は同期の人数も非常に多いですが、頭取を目指すのであれば、その中でもトップ成績を取り続け、順調に出世を重ねて目立つ存在となり、人事権を持つ役員にアピールする必要があります。

銀行員は仕事の正確さ・効率性を求められるため、事務面でも大きなミスなく仕事を続けていくことが大切になります。

必要な学歴

銀行頭取を目指す場合、学歴も重視されるといえます。

最低でも「大卒」の学歴が求められ、さらに東大や慶応、早稲田といった、国内の有名大学出身者が頭取になることが多いです。

地方銀行の場合は、その地域の有名大学出身者が頭取になる可能性もあります。

ただし、地銀の中には同族経営で基本的に親族のみを頭取としていたり、プロパー行員ではなく、日銀や関連銀行出身者を頭取に選んだりすることもあります。

銀行頭取の給料・年収

銀行頭取の年収は銀行によって大きく異なりますが、3000万円〜5000万円程度が相場といわれています。

中には年収が1億円を超える銀行もあり、日本の会社員としては最高ランクの水準といえるでしょう。

銀行トップとして常に正しい選択を迫られるプレッシャー・責任がのしかかることと、若い頃から行内での厳しい競争に勝ち抜いてきた厳しさに見合う報酬ともいえます。

なお、海外の銀行の頭取(トップ)に比べると、日本の頭取の報酬は少ないです。

プロコーチとキャリアに向き合う(PR)

キャリアに対して悩んでいるビジネスパーソンに対して、ZaPASSのビジネス経験豊富なコーチが伴走支援するキャリアコーチングサービスです。日々の内省習慣化や目標を立てた後の行動習慣化までコミット!

いまなら体験コーチング無料!

銀行頭取の現状と将来性・今後の見通し

AIによる事務効率化や仮想通貨による海外送金技術の発達など、銀行員の仕事は今後減っていく部分もあるといわれています。

また、長引くマイナス金利の影響で資本の少ない地銀にとっては厳しい状況が続いており、淘汰や合併の事例も増えています。

ただし、銀行は人々の暮らしを支える重要な機関です。

今後もすべての仕事がなくなることは考えにくく、人員は削減されたとしても、銀行が一切なくなることはないでしょう。

こうした理由から、今後は新卒社員の採用人数が減っていくと予想できます。

そのため、これまでよりも銀行内で頭取になるのはハードルが低くなるかもしれませんが、銀行の業績によっては報酬が少なくなることも否定はできません。

「銀行頭取になるには?」まとめ

銀行頭取は、銀行におけるトップで、一般企業の社長やCEOと同じような役割を担う人を指す言葉です。

このポジションは、有名大学出身者で、新卒で銀行へ入社し、順調にキャリアアップを続けた行員がなることが多いです。

ただし、同族経営の場合は親族が頭取を担ったり、日銀や関連銀行出身者が頭取になるケースも見られます。