人事コンサルタントになるには

就職先や働き方は?

人事コンサルタントの就職先は、コンサルティングファームやコンサルティング会社が中心となります。

人材・組織系を専門に扱うコンサルティングファームもあり、そのような企業では人事コンサルタント職が多く活躍しています。

ハードルは高めですが、外資系コンサルティング会社もあります。

このほか、企業の人事部門に所属して働くコンサルタント、また経験を積んで独立し、フリーランスのコンサルタントとして仕事をしている人もいます。

経験が重視されやすい仕事

人事コンサルタントは、人事に関する専門的な知識やスキルが求められてくることから、未経験者が即戦力として働くのは難しいといわれています。

企業の人事や組織についてよく理解しており、それらに関連する業務の経験者が、人事コンサルタントとして活躍するケースが多いようです。

たとえば一般企業での人事職としての経験、また人材派遣会社や人材マネジメント会社など、何かしら「人材」に深く関わっていく仕事の経験がある人が、転職などをきっかけに人事コンサルタントになるといったルートが考えられます。

新卒や未経験者の採用もあり

ただし、新卒や未経験者が絶対に人事コンサルタントになれないというわけではありません。

コンサルティング会社によっては、「コンサルタント職」として新卒採用を行っていることがあり、まったく専門知識やスキルのないところからでも、入社後の研修や実務経験を通じてスキルアップすることができます。

必要な学歴や、有利になる学部は?

人事コンサルタントになるために、学部はあまり問われません。

ただし、経営学を学んでいると、企業の構造や人材についての考え方などの基礎を身につけることができるでしょう。

学歴については、「大卒以上」が求められることがほとんどです。

とくにコンサルティングファームは難易度が高く、一流大学といわれる学生が多数応募してきます。

論理的思考力、コミュニケーション能力をはじめ、「地頭の良さ」が求められてくるでしょう。

外資系コンサルティング会社の場合、海外の大学や大学院の卒業者も積極的に採用されやすいようです。