ファイナンシャルプランナーのつらいこと・大変なこと・苦労

ファイナンシャルプランナーのつらいこと・大変なこと

相手と信頼関係を築くのが大変

ファイナンシャルプランナー(FP)は、相談業務を通じてお客さまの情報を聞いていくことになりますが、このときに何よりも大切なのは、まず相手から信頼されることです。

いくらファイナンシャルプランナーがお金のプロであっても、初めて会う人に対して自分の家族や収入、資産、将来どうしたかといったプライベートな話をするのは抵抗を感じる人が多いでしょう。

ヒアリングをしっかりしてお客さまの状況を正確に把握できなければ適切なアドバイスはできないので、ファイナンシャルプランナーは常に誠実にお客さまと向き合い、心を開いてもらうように努めなくてはなりません。

また、お客さまの話から問題点を発見したら言いにくいことでも指摘をしなくてはいけない場面もあります。

初対面の相談者と信頼関係を築き、適切なコミュニケーションをとっていくことは、この仕事の大変なところのひとつです。

勉強が欠かせない

家計や家族構成などお客さまの状況は一人ひとり違うため、ファイナンシャルプランナーが提案する内容は常にオーダーメイドのものになります。

商品に対する考え方、リスクに対する考え方、将来の予定などはお客さまによってさまざまで、数字だけでは最適な答えにならない部分もあるので、一人ひとりに合わせた提案をするのは非常に難しいことです。

また、金融商品は毎年新しいものが販売されますし、法改正や新しい制度なども上手く利用しなくてはいけないので、「勉強が欠かせないこと」はファイナンシャルプランナーが苦労するところでもあります。

独立してからの苦労も

ファイナンシャルプランナーは独立を目指して頑張っている人もいますが、いざ独立できてからも集客などの苦労を感じることになるでしょう。

会社の看板がない分、自発的に顧客獲得の方法を考えなくてはならず、ホームページの作成・イベント参加・セミナー講師などさまざまな手段を駆使して営業することになります。

とくにセミナー講師をする場合、集まる受講者のレベルがわかりにくいという点で苦労することが多いようです。

事前準備にも時間がかかりますし、当日集まった受講生に合わせて基本的なことから説明するのか、それとも基本的な内容は省略して話すのかなど機転を利かして進行する必要もあります。

ファイナンシャルプランナーの悩み

ファイナンシャルプランナーは相談業務がメインとなるため、お客さまの予定に合わせてスケジュールを調整することになります。

日中に仕事をされているお客さまと会うとなると、どうしてもアポイントメントは平日の夕方以降や土日になることもあります。

とくに独立系FPや歩合制の保険営業などのファイナンシャルプランナーは契約ができなければ収入が減ってしまうので、自身のプライベートの時間を犠牲にしてでもお客さまに会う時間を作ります。

成功すれば収入も増えやすいファイナンシャルプランナーの仕事ですが、仕事に熱中しすぎると家族との時間を作ることも難しくなるのが悩みという人も多いです。

ファイナンシャルプランナーを辞める理由で多いものは?

ファイナンシャルプランナーはライフプランをお客さまと作ることが仕事ですが、それだけではなく商品の営業をすることで利益を得ることになります。

ファイナンシャルプランナーの多くが所属する金融機関や不動産業界はノルマが多いことでも有名で、営業ができなければ出世したり収入を増やしたりするのが難しくなります。

「新規営業が苦手」「なかなか営業成績が伸びない」など、営業に自信がなくなると、周りからの評価も気にしてファイナンシャルプランナーを辞めたいと考えてしまうようです。