このサイトは証券会社社員を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「証券会社社員」

仕事内容
証券会社の業務の柱は「ブローカー業務」です。投資家の注文を証券取引所に取り次ぐことで手数料を得ることができます。また、証券会社自体が市場での売買をする「ディーラー業務」もあり、金融に関する知識や経験の豊富で優秀な社員がこの業務を任されます。この他に、株式会社や国が新たに発行する債券などを買い取り、発行や募集の手続きを行って売り出す「アンダーライター(アンダーライティング)業務」や、これまでに発行されている証券を多くの投資家に買い入れてもらえるようにセールスをする「セリング業務」もあります。
なるには
証券会社は就職活動生から人気があります。とくに、全国に支店を持つ大手証券会社や外資系の証券会社、勢いのあるネット証券会社などは採用試験の倍率が非常に高いため、大学時代に経済の勉強をしたり語学能力を磨いたりしてから試験に臨む人も多いようです。採用は新卒採用と中途採用があり、応募の時点で「総合職(転勤あり)」「総合職(転勤なし)」「専門職(投資銀行部門、リサーチ部門など)」と部門を分けて採用しているところもあります。入社後に業務をする上では「外務員」という資格の取得が必須です。
給料
証券会社は、一般的に給料が高いことでよく知られています。大手の証券会社の場合、初任給が24万円ほどになり、賞与もあります。年収は公開されていませんが、若手でも500万円~1000万円は珍しくなく、管理職や外資系の証券会社の場合はさらに高給になることがあるようです。この業界は徹底した実力主義であり、営業成績などの成果に応じて給料の額は変わります。同じ会社に勤めていても給料に大きな格差があることも珍しくありません。
将来性
近年ではインターネットを利用した「オンライントレード」が世間に広く認知されるようになり、個人がネットを通して気軽に株の売買や投資信託を始められるようになりました。こうしたなかで、従来の店舗型の大手証券会社に加えて外資系の証券会社やネット型の証券会社が増えており、顧客の争奪戦が激化している現状があります。時代の流れをとらえて顧客のニーズを掴むことができる証券会社だけが生き残れるような厳しい時代がくる可能性も否定できないでしょう。