「証券会社社員」とは

証券会社社員_画像

株式売買の仲介や、会社が株式を発行してお金を集めるのを手助けする。

証券会社では、投資家の注文を証券取引所に取り次ぐ「ブローカー業務」や市場での売買に参加する「ディーラー業務」、株式会社や国が発行する株や債券を買い取って売り出す「アンダーライター(アンダーライティング)業務」などを行います。

学生から人気のある就職先のひとつで、採用試験は高倍率です。

応募の時点で「総合職(転勤あり)」「総合職(転勤なし)」「専門職(投資銀行部門、リサーチ部門など)」と部門を分けて採用しているところもありますが、いずれの部門も狭き門であることに違いはありません。

給料は高く、大手の場合は若手でも年収500万円~1000万円は珍しくありませんが、徹底した実力主義です。近年では店舗型の大手証券会社に加えて外資系の証券会社やネット証券会社が増えており、証券会社どうしでの顧客の争奪戦が激化しています。

「証券会社社員」の仕事紹介

証券会社社員の仕事内容

ブローカー業務で手数料を稼ぐ

証券会社の業務の柱は「ブローカー業務」です。

各支店に配属されて担当する投資家の注文を証券取引所に繋ぎ、手数料を稼ぐことが多くの証券会社社員の仕事になります。

会社から手数料目標を与えられ、その目標に対して各営業員が自分の担当投資家に株などの情報を伝えて売買を促し、ノルマを達成できるようにしていきます。

また、証券会社自体が市場での売買をする「ディーラー業務」もあり、金融に関する知識や経験の豊富で優秀な社員がこの業務を任されます。

その他にも、企業や国が新たに発行する債券などを買い取り、発行や募集の手続きを行う「アンダーライター(アンダーライティング)業務」や、発行済の証券をセールスをする「セリング業務」もあります。

証券会社社員の就職先・活躍の場

外資系・日系の証券会社

証券会社に入社することでブローカー業務ができるようになります。

日本には大手証券会社から、準大手、銀行系、地場、外資系など会社の規模や担当エリアが異なる証券会社がたくさん存在します。

大手証券会社や外資系の場合は日本全国転勤だけではなく海外支店も転勤先の一つになり得ますし、逆に地場証券で働く場合は地元などに腰を据えて働けます。

基本的に証券会社は採用人数が多いので、新卒採用で入社試験を受けて内定を受けて入社する人がほとんどです。

証券会社社員の1日

証券会社勤務は激務

証券会社は朝は早く日中も休む時間がないほど動き回るので激務と言われています。

ブローカー業務をする社員の一般的な一日を紹介します。

8:00 出社
朝早くから自宅でニュースや新聞で経済情勢を確認してから出社します。

8:30 朝礼
朝礼では目標達成するためにどうするのか上司と細かく話します。

9:00 前場取引開始
前場の取引が開始したらセールスの電話を投資家に始めます。

11:30 昼食
市場が休憩中に昼食を食べます。

12:30 後場取引開始
後場も投資家に電話をして株の売買を促します。

15:30 顧客訪問
投資家を訪問し、投資信託や債権のセールスも行います。

17:00 部内ミーティング
目標達成するためにどうすれば良いか戦略を立てます。

18:00 事務作業
日中にお客さまから受け取った書類などを整理します。

19:00 商品勉強会
投資信託会社からの投資信託や債権の新しい商品説明を受けます。

20:00 帰社
仕事が終われば帰宅します。

証券会社社員になるには

就活や転職で証券会社を受ける

全国に支店を持つ大手証券会社や外資系の証券会社、勢いのあるネット証券会社などは採用試験の倍率が非常に高いため、大学時代に経済の勉強をしたり語学能力を磨いたりしてから試験に臨む人も多いようです。

採用は新卒採用と中途採用があり、応募の時点で「総合職(転勤あり)」「総合職(転勤なし)」「専門職(投資銀行部門、リサーチ部門など)」と部門を分けて採用しているところもあります。

入社後に業務をする上では「証券外務員」という資格の取得が必須ですが、入社が決まってから取得すれば大丈夫です。

証券会社社員の学校・学費

4年生大学は卒業した方が良い

証券会社は数多く存在し、かつては専門学校や短大卒でも入社している人もいました。

しかし、最近では地元密着型の地場証券でも4年生大学卒を多く採用する傾向にあるので、最低でも4年生大学を卒業した方が良いといえます。

大手証券会社や外資系証券会社を目指す場合は高学歴で語学ができる人が優遇されるので、留学経験などもプラスに働くでしょう。

準大手や地場証券の場合は、学歴よりもやる気や打たれ強さなどを面接では見られるようです。

証券会社社員の資格・試験の難易度

証券外務員の資格を取得

証券会社で株などの販売をするにあたって、必ず取得しなければいけないのが「証券外務員」
という資格です。

2種と1種があり、1種の方が内容が難しいのですが、1種まで取得を促されることがほとんどでしょう。

金融機関で働くほとんどの人が取得しなければいけないので、一回で合格する人も多いですが、勉強しないと取れるものではありません。

通信講座やテキストでしっかり勉強して試験に挑めば、合格する確率は上がります。

証券会社社員の給料・年収

実力があれば高収入になる

証券会社は、一般的に給料が高いことでよく知られています。

大手の証券会社の場合、初任給が24万円ほどですが、賞与が20代で100万単位で支給されるので一般企業に比べると多くなります。

年収は公開されていませんが、20代でも実力さえあれば500万円~1000万円は珍しくなく、管理職や外資系の証券会社の場合はさらに高給になることがあります。

この業界は、営業成績などの成果に応じて給料の額は変わるので、同じ会社に勤めていても給料に大きな格差があることも珍しくありません。

証券会社社員のやりがい、楽しさ

目標を達成して賞与がもらえたとき

証券会社は実績主義のため、ノルマは厳しく激務です。

目標が達成できないと上司から厳しい指導が入ることもあり、毎日のように追い詰められて精神的にもつらくなることもありますが、目標を達成すると賞与として評価されます。

20代でも1回の賞与で100~200万円がもらえることになり、他業種に比べるとかなり高い水準のため、普段の仕事はキツくても対価があれば頑張れます。

また、自分がおすすめした商品でお客さまが満足してくれた時にもやりがいを感じることになるでしょう。

証券会社社員のつらいこと、大変なこと

ノルマができないと追い詰められる

証券会社は金融機関の中でも非常に厳しい業界として有名ですが、ノルマができないとなぜできないのか、どうやって達成するつもりなのかということを上司から詰められることになります。

上司としても一流の証券マンになってもらうための指導ですが、精神的に弱いとつらくなってしまうこともあるでしょう。

そんな時にも弱気になることなく、目標達成のためにどのようにアプローチするかしっかり考え、行動し続けることでノルマ達成に繋がります。

証券会社社員に向いている人・適性

精神的に強く、稼ぎたいと思う人

証券会社の仕事は経済情勢や会社の動向で動く株を、いかに安くお客さまに買ってもらい高く売ってもらうかが仕事になります。

しかしながら、株の値動きは予想通りに行かないことも多く、お客さまに損させてしまうこともあるでしょう。

そんな時にもノルマ達成のためにお客さまに株の売買や投資信託などの購入を促さなければならず、精神的に強くないと厳しいでしょう。

そのため、多少精神的にキツくても稼ぎたいと思う人に向いている職業といえます。

証券会社社員志望動機・目指すきっかけ

株の売買に興味がある

株価は毎日変動し、投資するのはリスクが高く大きく損をする可能性もあるので、多くの人は大切な資産を減らしたくないと思い足を踏み出しにくいものです。

しかし、購入した株の会社が予想より良い業績であったり、新しい特許を取得したりすれば、株価も上がり、資産を増やすことができます。

そのため、証券会社に勤務したら投資家の株の売買判断の手助けをする仕事ができるので、株の売買に興味がある人が証券会社勤務を目指すことになるでしょう。

証券会社社員の雇用形態・働き方

営業は総合職の正社員

証券会社で営業として勤務する場合、総合職の正社員として働くことが多く、新卒で入社してからキャリアを積み上げていきます。

証券会社の営業は、どこの会社で働いても同じ仕事をすることになるため、転職もしやすく、より条件の良い会社へ移る人が多いようです。

しかし、事務や本部の組織で働くバックオフィスの仕事は一般職や派遣社員などが担う場合もあります。

また、営業でも100%歩合の歩合外務員として働く人もおり、営業に自信があり、転勤などしたくない場合には向いています。

証券会社社員の勤務時間・休日・生活

平日9:00~15:00がコアタイム

証券会社の出勤は朝の情報共有などで8:00頃になりますが、マーケットが動く9:00~15:00が忙しい時間帯になります。

マーケットが締まってからも投資信託や債権の販売のために顧客回りをしたり、事務処理をしたりと忙しく、定時で帰るのは難しいようです。

土日祝はマーケットが休みということもあり、会社も休みになりますが、お盆休みがないため、自分で夏休みを設定して5日間休むのが一般的です。

年末年始も基本的に12/31~1/3までと休みは短いです。

証券会社社員の求人・就職状況・需要

新卒採用は多い

証券会社は激務に耐えられず辞めていく人も多いので、新卒採用は多めに採用される傾向にあるようです。

ほとんどの証券会社で毎年採用があるので、どうしても証券会社で働きたい場合は、何箇所かエントリーしてみて受かったところに行くというのが良いでしょう。

しかし、今後はネット証券の普及などで採用は絞られていく可能性もあります。

ゼロになることはないでしょうが、今より高学歴が有利になるなど採用が厳選されるかもしれません。

証券会社社員の転職状況・未経験採用

経験者は転職しやすい

証券会社で働くのは最初に覚えることがたくさんあるので、それを覚えて上手くセールスできる人材は簡単に転職できます。

高収入を目指せる業界なので、より好条件の会社に転職してキャリアアップを狙うのもありでしょう。

未経験でも転職することはできますが、金融業界で働くのは仕事のやり方だけではなくコンプライアンスも厳しく、普通の一般企業からの転職は文化の違いに苦労する可能性が高いです。

銀行などの金融機関出身の場合は馴染みやすいのではないでしょうか。

証券会社社員の現状と将来性・今後の見通し

対面取引の付加価値をつける必要あり

近年ではインターネットを利用した「オンライントレード」が世間に広く認知されるようになり、個人がネットを通して気軽に株の売買や投資信託を始められるようになりました。

こうしたなかで、従来の店舗型の大手証券会社に加えて外資系の証券会社やネット型の証券会社が増えており、顧客の争奪戦が激化している現状があります。

時代の流れをとらえて顧客のニーズを掴むことができる証券会社だけが生き残れるような厳しい時代がくる可能性も否定できないでしょう。