銀行員になるには

銀行員になるには

銀行員という職業を目指すには、特別な資格が必要なわけではなく、銀行の就職試験に合格して、入社することが銀行員になるための最短の道となります。

銀行員になるための就職試験ではSPIなどの学力試験と面接、グループディスカッションなどがあります。

銀行ごとで求められる人材も異なるため、どのような人が受かりやすいかなどあらかじめOB・OG訪問を行い先輩社員にヒアリングをしておくと上手くアピールできます。

また、銀行員になるための学歴は、管理職を目指す総合職での採用は「大学卒業者」を前提に募集していることが多いので、銀行員になりたい人はまず大学卒業を目指しましょう。

たとえば、日本の中央銀行である「日本銀行」や大手の「都市銀行」は、いわゆる国内トップクラスの有名大学を卒業した人が多く、各都道府県にある「地方銀行」は、地元の大学を卒業した人やその土地の出身者が多い傾向にあります。

また、グローバル化する経済社会のなかで増えてきた「外資系の銀行」は、留学経験者や語学堪能者など海外志向の強い人が中心となって活躍しています。

自分の働きたいと思う銀行に合わせた大学選びが大切ですが、学歴が良いことに越したことはないので、幅広い選択肢を得るためにもなるべく高レベルの大学を卒業できるように頑張りましょう。

銀行員になるために勉強すべきことは?

銀行員になるためには、金融・経済・税務・法務・不動産などの知識が必要になります。

銀行員の採用は、文系の「経済学部」「商学部」「法学部」の出身者が多い傾向にありますが、金融業界もグローバル化が進んでいるので、語学力を重視して「国際学部」などの出身者を採用するケースもあります。

また、数字に強くアナリストなどの専門的な仕事の適性を評価されたり、システム分野の強化をしたりするために理系の学生が採用されることも増えています。

いずれにしても銀行で必要になる知識は金融業界特有で、各銀行によってもルールが異なるため、大学までの知識よりも入社してからの勉強の方が大変になります。

大学までにどの分野を学習したかということにプラスして、入社してからも学習意欲がありいろんな分野の勉強をしたいというアピールが大切です。

銀行員の資格・難易度

銀行員は勉強すべきことは多いですが、銀行員として内定する前に特別に取得すべき資格はありません。

ただし、銀行業務にも必要になる「簿記」や「ファイナンシャルプランナー」「宅建」の資格をあらかじめ取得していると、採用試験では銀行に入社したいというアピールができ、面接は有利になりやすいです。

最近では、語学力があることをアピールするために「TOEIC」や「TOEFL」で高得点を持っており、海外で働きたいということをアピールすると海外要員として採用されやすい場合もあります。

特に都市銀行では市場の伸びに可能性がある、海外進出に力を入れているので、海外要員を欲しています。

また、内定前に取得する必要はありませんが、内定後は「証券外務員資格」の取得を入社前あるいは入社後すぐに促される場合があります。

試験内容は参考書などでしっかり勉強すれば受かるレベルですが、金融の専門知識が多いため中途半端な勉強では難しいです。

金融商品を取り扱うために必ず必要になる資格なので銀行員には必須なので、内定後はなるべく早く取得を目指すべき資格です。

銀行員を目指す人におすすめの資格・入行後に取得する資格

銀行員に向いている人

几帳面な性格でまじめ

銀行員は一般職・総合職に関わらず、お客さまの大切なお金を扱う仕事をする以上、正確な仕事が求められます。

そのため、入社後の研修から事務作業については徹底的に正確さを求められ、万が一間違ったり失敗した場合は、原因究明と再発防止のために反省文を書いたり、なぜ間違ったのかを発表しなくてはいけなかったりとかなり厳しいです。

営業成績がトップでも事務でミスがあった場合、成績の減点や出世・昇給ができないということも多々あります。

銀行員になる人は失敗をしないように日ごろから慎重に仕事を取り組むことができ、自分に過信をせずどんなに忙しくてもダブルチェックができる几帳面な人に向いています。

勉強を続けることが苦ではない

銀行員は入社してから業務に必要な資格の取得も多いですし、国際的な金融のルールや国内の金融のルール、銀行内の手続きなど常にアップデートしなければならず、勉強漬けの毎日になります。

特に入社して1~2年目は通常の業務に加えて資格取得や「財務」「法務」「外為」などの科目を勉強して銀行員としての基礎を身に付ける必要があり、プライベートはほとんどないことは覚悟しなくてはいけません。

そのため、勉強することが苦ではなく、自分のキャリアのために積極的に取り組める人に向いているといえます。

打たれ強く向上心がある

銀行員の仕事は営業になるとノルマが大きく、支店で目標達成のためにどこでどのように数字を作るかを常に考えなければいけません。

支店のノルマ達成が支店の成績や個人のボーナスにも影響するため、ノルマ達成が難しそうな行員は上司や先輩社員からどうやったらノルマ達成できるのかという時には厳しい指導を受けることもあります。

そんな状況下で「自分はできない」と投げやりにならず、どうしたらノルマ達成できるのかと前向きに考え、自ら行動できる人でないと銀行員として出世するのは難しいので、打たれ強さと向上心があることは非常に大切です。

銀行員に向いている人・適性・必要なスキル

銀行員のキャリアプラン・キャリアパス

銀行員として入社したら、まず銀行内のルールを覚えるために研修があります。

銀行内の職種などにもよりますが、一般職は2週間程度、総合職は1か月ほど集団で研修を受けてから実際に働く支店などに配属になることが多いです。

配属されてからも先輩のOJTを受けて1年ほどは先輩と一緒に仕事を行うことが多く、一人前と認められたら一人でお客さまの対応を行ったり、営業をしたりします。

自分の担当顧客を持ってからも、銀行内の細かいルールやノルマのこなし方など先輩からのフォローは厚く、完全に一人で仕事が完結できるようになるまでには2~3年かかります。

銀行員を目指せる年齢は?

銀行員は中途採用が少ない業種で、辞めていく人を見越して新卒で大量採用を行う銀行が多いです。

ただし、全く中途採用がいないというわけではなく、窓口担当者や融資事務として派遣社員や契約社員として銀行で働いている人が、銀行員になるための内部試験を受けて銀行員になることもできます。

また、ディーラーやアナリスト、システム関連などの専門的な仕事を行う銀行員に関しては、他の金融機関などで経験があれば採用されやすいです。

年齢の制限はありませんが、銀行のルールは独特で、覚えることが多いので中途採用の年齢は30歳くらいまでになります。

銀行員は女性でもなれる?

かつて銀行員の女性の仕事といえば、支店の窓口で入出金の手続きを行ったり、口座の作成を行ったりという事務関係が大半でした。

現在もこれらの仕事を行う女性一般職の銀行員も多いですが、女性の銀行内での働き方の幅は広がり、ファイナンシャルプランナーとして個人営業や、法人営業として男性社員に肩を並べて働いている人も増えています。

特に都市銀行の女性活躍は進んでおり、新卒総合職の3割を女性が占め、女性で優秀な人材であれば管理職を目指したり、海外でバリバリ働いたり、アナリストなどの専門家となったりすることもできます。

女性である以上、出産や育児などのライフイベントがあり、なかなか男性と同じように昇格していくのは難しいかもしれませんが、本人のやる気や家族の協力があれば女性でも十分活躍できます。

また、新卒の場合はキャリアチケットというサービスを利用することで、自己PRの作成や面接対策など、銀行員になるためのサポートを受けることができます。

キャリアチケットは、「累計6万人以上が利用し、内定率80%」、「最短3日で内定を獲得できる」など、利用するメリットが多いため、うまく活用することをおすすめします。

また、中途採用で銀行員を目指す場合には、金融業界の転職に強いマイナビエージェントを利用する方法もあります。

マイナビエージェントのキャリアコンサルタントは、金融業界の経験者で構成されているため、志望動機の添削などのサポートを丁寧にしてもらうことができます。

無理に転職を強要されることは一切ないため、気軽に相談してみることをおすすめします。