経営コンサルタントの需要・現状と将来性

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

経営コンサルタントの現状

現代社会では、多くの企業が生き残りをかけて厳しい競争にさらされています。

たとえば、地方の商店街や個人商店では、郊外型の大型ショッピングモールやネットショッピングに客を奪われて倒産に追い込まれてしまうケースが珍しくありません。

また、日本の老舗の大手メーカーも、海外のメーカーの安価な商品に押されて業績が悪化したり、合併や吸収、買収されたりするケースが増えてきています。

このような厳しい時代を勝ち抜くために、企業はより専門性の高い優秀な経営コンサルタントの力を必要としています。

経営コンサルタントの需要

経営コンサルタントは、今後さらに需要が高まっていくと考えられます。

日本は景気が低迷しており、経営に関する悩みを持つクライアントは後を絶ちません。

ただし、こうした状況のなか、国や自治体も積極的に経営相談を受け付けています。

商工会議所や地域の金融機関も、たいていは無料で経営の相談に乗ってくれますが、経営のプロフェッショナルではないため、必ずしも効果が出るとは限りません。

経営コンサルタントは有料で、さらに長期的な課題解決に取り組むことから、こうした経営相談と差別化を図っていく必要があるでしょう。

さらに、経営コンサルタントとして実績を上げていくことで、より経営コンサルタントという仕事が社会に認知され、需要も高まっていくと考えられます。

経営コンサルタントの将来性

今後、経営コンサルタントを頼る企業が増えていくにつれ、より差別化を図るためには、自分の専門性や方向性を考えていくことが大切です。

「地方経済の活性化に詳しい経営コンサルタント」「海外事業展開に強い経営コンサルタント」「合併や買収に強い経営コンサルタント」というように、専門性を高めていくことが必要でしょう。

時代のニーズに沿う専門的な知識とスキルを身につけた経営コンサルタントをめざすことで、これからの時代もますます活躍の機会を増やすことができるでしょう。

経営コンサルタントの今後の活躍の場

経営コンサルタントをはじめとした各種のコンサルタントは、時代の移り変わりとともに活躍の場を広げてきています。

昔は、企業が抱えている経営に関する重要な課題を外部の人間に相談するということに不安や抵抗を感じる経営者も多かったようです。

しかし最近では、経営戦略から雇用改革まであらゆる課題をコンサルタントに託すという姿勢の経営者も少なくありません。

実際に第三者の視点から企業を見つめ直すことで初めて浮き彫りにされる課題というのもあります。

今までは、社内の人間だけで全ての問題を解決させようとしてきた企業が、新たにコンサルタントに依頼をするというケースも増えてきているのです。

コンサルタントの役割や存在意義が社会経済の成熟とともに、少しずつ浸透していることは間違いないでしょう。

仕事の専門性の高さからも、これから先も簡単には淘汰されることのない職業といえます。