証券会社社員の仕事内容・企業の種類

証券会社社員の仕事とは

証券会社社員は、担当する個人や法人の顧客に対して、株式や債券などの金融商品を提案・販売したり、自ら市場に参加して金融商品を売買したりする仕事です。

通常、証券会社の営業職にはノルマが設けられており、取引成立時に得られる仲介手数料や、売買時の差益が自身の営業成績となります。

また、直接取引にたずさわるのではなく、経済市況や金融商品についての情報を収集・分析してレポートを作成し、顧客や自社の社員をサポートするリサーチ系の仕事もあります。

さらに、企業のM&A(吸収合併)やIPO(株式公開)案件などを手掛ける投資銀行系の仕事もあり、証券会社の仕事内容は多岐にわたっています。

共通しているのは、金融や経済に関する幅広い専門知識が必要になるということです。

勉強し続けるのは大変ですが、非常にやりがいがあり、また待遇面も恵まれている職業といえるでしょう。

証券会社の種類・分類

証券会社は、おおまかに「大手系」、「銀行系」、「中堅系」、「外資系」、「ネット系」の5つに分類することができます。

大手系

大手系は、古い歴史と抜群の知名度、確固たる営業基盤をもち、全国各地に広く事業を展開している証券会社です。

ほかの企業とは資本関係になく、完全に独立して経営している点が大きな特徴です。

経済全体を力強くけん引する日本有数の大企業で、資本力、売上高ともにほかの証券会社を圧倒しています。

銀行系

銀行系は、三菱UFJ、三井住友、みずほのメガバンク3行を筆頭に、いずれかのフィナンシャルグループに属する証券会社です。

大手系に次ぐ事業規模を誇り、顧客に対してグループ全体でさまざまなサービスを提供できる点が強みです。

また、銀行グループに属しているために事業安定性が高く、信用力が必要となるIPO(株式公開)の主幹事となるケースが多く見られます。

中堅系

中堅系は、関東地方、東海地方など、エリアをある程度限定して営業している証券会社です。

事業規模としてはやや小さくなりますが、地域密着型できめ細かなサポートを展開することができます。

対象となる顧客は、法人よりも個人が中心となります。

外資系

外資系は、海外に本店を置く証券会社の日本オフィスです。

中堅系とは対照的に、個人顧客を相手とするケースはほとんどありません。

法人を相手にした大口取引や、投資銀行業務がメインとなります。

人事評価制度は日系企業よりもはるかにシビアです。

年収にして数千万円も稼げるチャンスがある一方、結果を残せなければ早期に解雇されることもあります。

ネット系

ネット系は、街中に営業店や支店を配置せず、ネット上だけで金融商品の仲介を行う証券会社です。

店舗型証券会社よりも、手数料を安く抑えられる点が大きな武器であり、近年に急成長を遂げている業態です。

ネット系証券会社では、営業系職種の募集はきわめて限定的であり、社員の大半はシステムエンジニア商品企画職として働いています。

証券会社社員の業務内容

ブローカー業務

ブローカー業務は、株などの金融商品を「売りたい人」と「買いたい人」を結び付けて、証券取引所における売買を成立させる仕事です。

金融商品の「仲介業務」であり、取引成立時の手数料が証券会社の利益となります。

証券会社にとって最も代表的な仕事であり、収益源の柱のひとつでもあります。

証券会社社員というと、まず真っ先にこのブローカー業務をイメージする人も多いでしょう。

ディーラー業務

ディーラー業務は、ブローカー業務のように顧客の取引を仲介するのではなく、証券会社自身が市場に参加し、金融商品を売買する業務です。

一般の個人投資家と同じように、売買金額の差額が、証券会社の利益または損失となります。

運用をまかされる金額は各ディーラーしだいですが、数億円、数十億円の取引を日常的に行うケースも珍しくありません。

ディーラー業務は、ブローカー業務と比べるとハイリスク・ハイリターンです。

安定的に収益を上げるには、経済や金融に関する深い理解と専門知識はもちろん、タイミングを逃さない判断能力や、プレッシャーに耐える精神力も必要です。

ディーラーになれるのは、キャリアを積むとともに、適性を認められた一部の社員に限定されます。

それ以外の業務

このほかの業務としては、まずアンダーライター(アンダーライティング)業務があげられます。

アンダーライター業務とは、株式会社や国が新たに株や債権を発行する際、その「引受人」となって、全部または一部を買い取り、証券の発行、募集、売り出しなどを行う仕事です。

アンダーライター業務は、巨額の販売代行手数料を得られます。

一方、売れ残ったぶんは自社で買い取ることになるため、リスクも大きい点が特徴的です。

似た業務として、売れ残りを買い取る義務を負わず、純粋に販売だけを代行する「セリング業務」という仕事もあります。

マーケットの動向や金融商品などを分析し、顧客に情報を提供する「リサーチ業務」という仕事もあります。

一般企業と同じく、経理や財務、人事、広報などを手掛ける社員もおり、ひとくちに証券会社社員といっても、実際の仕事内容は千差万別です。

なお、企業によっては取り扱っていない業務もあります。

証券会社の役割

証券会社の役割は、世の中にあるお金をうまく循環させることです。

手元に一定の預貯金があり、何かに投資したいと考えている「投資家」がいます。

一方で、新たに事業を立ち上げたい、より企業を大きくしたいなど、誰かにお金を投資してほしいと考えている人がいます。

証券会社社員は、さまざまな金融商品や市場に関する情報を集めて分析し、アドバイスを行ったり、必要な事務手続きを代行したりして、取引を成立させるための橋渡し役をにないます。

投資したい人と投資してほしい人、双方をうまく結び付けることで、お金は必要とされるべき場所へと流れ、それによって経済がまわっていきます。

証券会社は、日本経済の発展に欠かすことのできない重要な役割と責任を負っている企業といえるでしょう。

証券会社に特有の職種

証券会社の職種のなかで最も代表的なのは営業職、いわゆる営業マンです。

顧客に対して株式などの金融商品を提案・販売し、その仲介手数料を稼ぐ「ブローカー業務」がおもな仕事です。

個人顧客を担当する場合は「リテール」、企業などの法人顧客を担当する場合は「ホールセール」と呼ばれます。

これに対し、顧客の取引を仲介するのではなく、自身でマーケットに参加して金融商品の売買を行う職種を「ディーラー」といいます。

ディーラーは、大きな利益を上げられる可能性がある一方、判断をひとつ誤ると莫大な損失を被ることもあり、非常にハイリスク・ハイリターンな職種といえます。

また、経済動向や各金融商品を分析し、推奨銘柄を指定したり、今後の株価を予測したりする「アナリスト」というリサーチ系の職種もあります。

アナリストの作成した「アナリストレポート」は社内外に広く公開され、さまざまな人の取引に役立てられますので、その責任はきわめて重大です。

証券会社の有名な企業

証券会社の有名な企業としてまず挙げられるのは、大手独立系の「野村証券」と「大和証券」です。

営業収益・時価総額ともに、野村証券が証券業界の圧倒的トップであり、次いで大和証券が2位に位置しています。

歴史と実績を兼ね備える野村証券は、まさに「証券業界の巨人」といえるでしょう。

次に、銀行系の証券会社として、「みずほ証券」「SMBC日興証券」「三菱UFJモルガン・スタンレー証券」のメガバンクグループ3社があります。

野村証券・大和証券と合わせて、大手5大証券会社と呼ばれることもあります。

中堅系の証券会社では、関東地方地盤の「岡三証券」と東海地方地盤の「東海東京証券」が有名どころです。

外資系証券会社のなかでは、「ゴールドマン・サックス証券」や「クレディ・スイス証券」などが有名です。

ネット系の証券会社は、各社とも近年急成長を遂げていますが、なかでも「SBI証券」「松井証券」「GMOクリック証券」の躍進が目立ちます。

現状では、まだまだ5大証券会社とは歴然とした差がありますが、ネット系証券会社がそこに食い込んでくる日も近いかもしれません。

証券会社の仕事の流れ

証券会社の仕事のなかで最もスタンダードといえる営業職の仕事の流れは、顧客と面談するところから始まります。

景気動向など、世間話をはさみつつ話を聞きます。

どんな金融商品に興味があるのか、どんなふうに資産を運用したいか、どこまでリスクを許容できるかなどを聞かなければなりません。

顧客の希望に基づいて営業戦略を練り、数ある金融商品のなかから最適と思えるものをプレゼンします。

金融商品は、株式や債券、投資信託などです。

顧客の承諾が得られたら、契約書類や振込伝票などを作成して記名押印してもらいます。

そのあと、証券取引所で手続きをおこないます。

後日、売買が成立時に発行される有価証券を顧客に手渡すと、ひとまず一連の仕事は完了となります。

それからも顧客のフォローを欠かさず、定期的に面談をくり返して資産運用をサポートしなければなりません。

なお、既存顧客ではなく、新規開拓を行う場合は、顧客にアポイントを取り、自社の口座を開設してもらうところが第一歩となります。

証券会社への転職を考えている方へ

中途で証券会社への転職を目指す場合は、年収900万円の求人など高待遇の金融系求人を多数保有するリクルートエージェントを活用し、金融業界に精通したキャリアコンサルタントに転職サポートを受けるのも一つの方法です。

また、20代の方や第二新卒の方は「マイナビジョブ20's」に登録してみるとよいでしょう。

20代を積極採用している企業の案件が多く、専任キャリアアドバイザーによる個別キャリアカウンセリングを受けることができます。

なお、対応エリアは「一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀」となります。