このサイトはデイトレーダーを目指す人のための情報サイトです。

デイトレーダーとは?

デイトレーダーは、1日の中で株の売り買いを繰り返し、利益を得る人のことをいいます。価格が上がりそうな株を安いうちに買い、高くなったら売ることで利益を得る流れとなっており、この株式投資のみで生活している人は一般的に「専業トレーダー」と呼ばれます。デイトレーダーになるうえで資格や学歴が求められることはなく、活動方法は在宅で仕事をするフリーランスと同様の形となります。収益は能力や経験、センスによって大きな開きが出るもので、成功者は億単位の利益を上げることができますが、失敗が続けば赤字になり、借金まみれになってしまう人も後を絶ちません。株取引がブームとなり、デイトレーダーは増加傾向にあるようですが、一瞬で資産を失うリスクがあるという覚悟を持っておく必要があります。

デイトレーダーの仕事内容

デイトレードとは、1日の中で株の売り買いを繰り返し、利益を得ることを指します。

このデイトレードを行う人をデイトレーダーといい、株式投資のみで生活している人は専業トレーダーと呼ばれます。

基本的に1日以内、株式市場が開かれている時間のうちに売買を終わらせ、株を次の日へ持ち越すことはありませんが、中には数日間持ち越してトータルで利益を上げようとする人もいます。

具体的には、パソコンとインターネット、チャートソフトを使い、チャートと呼ばれる指標を見ながら株価の変動を予想。

価格が上がりそうな株を安いうちに買い、高くなったら売ることで利益を得るものです。

デイトレーダーになるには・必要な資格は?

デイトレーダーに必要なのは、パソコンやソフトなどの設備を用意し、証券会社に口座を開設して資金を入金後、デイトレードをするだけです。

もちろん、資格や学歴は必要なく、年齢制限もありません。

ただしデイトレードだけで生活に充分な利益を得る、またはそれ以上に儲けるためには、毎日の株式市場の動きを読み、さまざまな銘柄や相場を研究することが必要です。

最初の資金は数10万円から200万円前後が一般的だといわれていますが、資金が多いほどトレード対象の銘柄が増えて有利だといわれているため、なるべくお金を貯めてからチャレンジした方がいいでしょう。

デイトレーダーに向いている人

デイトレードをするためには、株式取引中はずっとパソコンのモニターに向かい、いつでも売買ができる状態にしておかなければなりません。

そのため、会社員や日中の仕事を持っている人が兼業することは難しく、デイトレーダーができるのは、主婦や夜に働くフリーター、無職の人などに限られます。

また、デイトレーダーは研究が物をいう職種であるため、研究熱心で努力家、勤勉な人に向いています。

ろくに研究もせず、ギャンブル感覚で臨む人は必ずといっていいほど失敗することになるでしょう。

デイトレードを行っている間は自宅にこもり、誰とも話さず外出もできない状態が続くため、孤独や座りっぱなしを苦痛に感じない精神力と体力も必要です。

デイトレーダーの就職状況・雇用形態

デイトレーダーは会社に就職するものではなく、在宅で仕事をするフリーランスに近いものです。仕事でさえなく、たまに儲かる趣味のようなものだと表現する人もいます。

ごくまれに、社有資産などの効率的な運用のために、契約社員としてデイトレーダーの求人を行う企業もあるようですが、採用される確率は極めて低いでしょう。

初心者のうちは他に時間が自由な仕事を持ち、生活費を確保しながらデイトレードを始める人がほとんどです。

コツがつかめて安定した利益が出るようになってから、その利益を資金として専業トレーダーになるパターンが王道だといえるでしょう。

デイトレーダーの給料・年収・待遇

デイトレーダーの収入は能力や経験によって大きな開きがあります。多くの利益を出している人でも必ず成功するとは限らず、日によって運用成績は変動するものです。

失敗が続けば赤字になり、資金の回収すらままならず、借金まみれになってしまう人も後を絶ちません。

成功者の中には、年間数十億円稼いだり、トータルで200億円近い利益を上げた人もいます。

失敗例としては、株価暴落により、1億円以上あった資産を棒に振ったばかりか、数千万円の借金を作ってしまった人もいるようです。

デイトレーダーはハイリスク・ハイリターンの代表のような職種だといえるでしょう。

デイトレーダーの生活・勤務時間・休日

株式市場で直接株取引ができるのは平日のみで、時間は前場と呼ばれる9時〜11時30分、後場と呼ばれる12時30分〜15時の合計5時間です。

取引自体は1日に5時間だけですが、朝から新聞やニュースのチェックをしたり、注目銘柄の前日までのチャートを調べたりと、準備に余念がありません。

取引終了後にも、その日の取引状況の成功点や失敗点を分析したり、記録を残したり、翌日取引する銘柄を探したりと、研究するべきことはたくさんあります。

専業トレーダーの場合は土日祝日が休日になりますが、常に株価に変動を与えそうなニュースには注目している人がほとんどでしょう。

デイトレーダーの現状と将来性

近年、株取引がブームになり、デイトレーダーは増加傾向にあります。

それには、証券会社の手数料が自由化され安くなったこと、パソコンや高速ブロードバンドが普及したこと、プロ仕様クラスのチャートソフトが提供されるようになったことなどが影響を与えているようです。

経験を積むにつれて運用能力は伸びるといえますが、株式市場で取引をしているのは個人投資家だけではなく、銀行や証券会社など、たくさんのプロの投資家たちを相手にしていることを忘れてはならないでしょう。

一瞬で資産を失うリスクがある以上、デイトレーダーは安定とは無縁の職種だといわざるを得ません。