銀行員の一日・生活

銀行員の業務スケジュール

銀行員には夜勤や休日出勤は特殊な部署に配属された人以外ほとんどなく、ほとんどの銀行員は朝8:00頃出社し、定時を過ぎたら自分の仕事が終われば退勤します。

しかし、1日のタイムスケジュールはどの仕事を行うかによって時間の使い方は異なります。

支店で働く人は、大きく分けて窓口業務を行う人・法人営業を行う人・融資事務を行う人に分けられます。

窓口担当者は支店が開いている9時~15時の間に来店するお客さまの希望に応じた処理を行い、閉店後は速やかにその日の勘定を合わせるというスピードと正確さが必要になります。

法人営業や融資事務担当者は、その日に絶対に行わなければいけない処理については時間厳守ですが、それ以外は自分で仕事を組み立ててスケジュール管理をします。

銀行員の1日の流れ

ここからは銀行員の1日の流れについて、法人営業担当・融資事務担当・窓口担当に分けてそれぞれ紹介します。

法人営業担当の1日

法人営業担当者は、基本的には支店の開店・閉店時間は関係なく、お客さまの都合に合わせてお客さまの元へ訪問して営業をします。

ただし、融資のための資金調達や送金などの手続きは、実行日に合わせて時間厳守で行う必要があるので、自分で案件管理をしっかり行う必要があります。

それ以外は自分でスケジュールを組み立てられますが、案件が立て込む期末や格付などが重なる時期は忙しくなり、残業が続くこともあります。

8:00 出社

昨日の仕事を片付け、その日の仕事の準備をします。

8:40 朝礼

連絡事項を同僚と共有します。

9:00 銀行開店

お客さまの来店や企業への訪問が始まります。

15:00 銀行閉店

口座作成・送金・融資などのオペレーションは15:00までに終わらせなければいけません。

15:30 勘定締め作業

オペレーションと実際に動かした現金に差がないことを確認し本部へ報告します。

17:00 事務作業

法人担当は格付や稟議作成など行います。

18:00 帰宅

遅くても20時までには帰宅します。

融資事務担当の1日

融資事務は法人営業の指示に合わせて、融資を行うサポートをします。

資金調達など時間厳守のものがある場合はそれに合わせた処理をしますが、それ以外は比較的ゆとりがあります。

ただし、毎月月末と期末は融資案件が増えて忙しくなるので、自分で上手くスケジュールを組み立てる必要があります。

8:00 出社

融資のレートなどの情報を調べて営業に渡します。

8:40 朝礼

連絡事項を同僚と共有します。

9:00 銀行開店

融資の準備や手続きの確認をします。

15:00 銀行閉店

融資の資金調達など時間厳守の処理は閉店時間までに終わらせます。

16:00 勉強会

新しい融資商品などあれば、オペレーションの仕方など勉強会で情報共有します。

17:00 事務作業

次の日の融資の準備や確認を行います。

17:30  帰宅

仕事が終わったら帰宅します。

支店窓口担当の1日

窓口業務は、支店に来店するお客さまの要望に沿った処理を行うので、その日によって忙しさや業務の難易度が変わります。

決済や送金が多くなる5・10・15・20・25・月末は忙しくなる傾向にあるので、朝から覚悟して仕事に望みます。

また、15時に支店を閉めてから大急ぎでコンピュータ上の数字と実際の現金の取引額を照合して本部に報告しなくてはいけないので、この作業が終わるまでは一息つくことはできません。

ただし、残業は少なく、その日の仕事が終わっていれば基本的には定時で帰れます。

8:00 出社

コンピュータの立ち上げやATMの整備などその日の仕事の準備をします。

8:40 朝礼

連絡事項を同僚と共有します。

9:00 銀行開店

お客さまの来店が始まります。送金・両替・口座作成などお客さまの依頼に合わせた処理を行います。

15:00 銀行閉店

最後のお客さままで丁寧に対応します。

15:30 勘定締め作業

オペレーションと実際に動かした現金に差がないことを確認し本部へ報告します。

17:00 勉強会

手続きの変更点などある場合は勉強会を行い、情報共有をみんなでします。

17:30 帰宅

その日の仕事が終わったら帰宅します。

銀行員の勤務時間・休日・仕事は激務?