損害保険会社への転職・中途の未経験採用はある?

損害保険会社への転職状況は?

損害保険会社は「給料が高い」「安定している」などの印象から、転職を目指す人にとっても魅力的な業界です。

実際に損害保険は景気・不景気に関係なく世の中から必要とされる存在であり、年間を通して安定した需要があります。

また大手損害保険会社であれば給与水準も高く、本人の努力次第では40歳代で年収1,000万円以上も狙えるでしょう。

こうした理由から損害保険会社への転職を目指す人は少なくありませんが、会社の知名度が高くなるに比例して応募者も増えるため、入念な面接対策などが必須となります。

求人自体は安定して出されており、総合職や営業職などの募集であれば「職歴不問」とされていることがほとんどです。

損害保険会社への転職の志望動機で多いものは?

損害保険会社への志望動機として多いものには、「損害保険の社会的意義の高さに魅力を感じた」「人々が安心して暮らせるようにサポートしたい」などが挙げられます。

とくに地震や台風、津波などの自然災害が発生しやすい日本は世界有数の「災害大国」といわれており、損害保険の社会的意義は非常に高いといえるでしょう。

日本人にとっていつ起こるかわからない自然災害のリスクに備えておくことは重要であり、「そのサポートがしたい」という思いから損害保険会社への転職を目指す人が多くみられます。

そのほか、自動車事故や盗難などのトラブルにあった際に損害保険に助けられた経験から、「過去の自分と同じような境遇の人を救いたい」と考え志望する人もいます。

損害保険会社社員の志望動機と例文・面接で気を付けるべきこと

未経験から損害保険会社で働くには

損害保険会社への転職を目指す際に、未経験から採用されるかどうかは「どの職種を希望するか」によって異なるでしょう。

たとえば総合職や営業職などの職種であれば、損害保険や金融に関する知識がなくても問題なく採用される傾向にあります。

損害保険に関する知識は入社後の研修などを通して身につけられるため、知識を持っているかどうかよりも「人間性」や「過去の営業実績」などが重要視されるからです。

一方で、事故や災害時に被害状況の調査・査定を行う「損害調査」を担当する職種の場合は、その仕事の経験者や、法律や不動産などの知識がある人のほうが重宝されるでしょう。

このように専門性の高い職種での募集であれば、基本的にはまったくの未経験者よりも経験者のほうが評価されやすくなります。

損害保険会社への転職に必要な資格・有利な資格

損害保険会社への転職に必要な資格についても、どの職種を希望するかによって変わってきます。

前述のとおり、総合職や営業職では損害保険に関する知識がなくても採用される傾向があり、応募時に必須となる資格もとくにありません。

ただし「アジャスター」などの専門的な職種に応募する場合は、特定の資格を保有していることが条件となっているケースもあります。

アジャスターとは、交通事故の際に車両の損傷状況を調べ修理費の算定をする仕事であり、車両に関する深い知識がなければ務まらない仕事です。

こうした専門的な職種では「アジャスター試験に合格していること」といった特別な条件が課されている場合もありますので、自分に応募資格があるのかはしっかり確認しておきましょう。

損害保険会社社員に必要な資格・スキル

損害保険会社への転職に役立つ職務経験は?

生命保険会社や銀行など、損害保険会社に近い分野での職務経験を持っている人は転職時に有利です。

損害保険会社の仕事には「業界特有の専門用語」が数多く出てくるため、それに関する知識をもっていることは一つのアピールポイントとなります。

また営業を担当する場合は、コミュニケーション能力やプレゼンテーションスキル、精神的なタフさが求められるため、それらをアピールできる不動産やメーカーでの営業経験なども評価されるでしょう。

そのほか、国際的な事業に力を入れている損害保険会社の場合、語学力が高い人や海外での勤務経験がある人を即戦力として求めていることもあります。

損害保険会社に転職可能な年齢は何歳くらいまで?

損害保険会社に転職できる年齢の制限はとくにありません。

しかし一般的には若い年齢での転職のほうが有利であり、とくに未経験から転職を目指す場合は、20代〜30代の若い年代のうちに転職することをおすすめします。

それ以降の年代で採用試験を受ける場合は、「損害保険会社の仕事に適した職務経歴があるか」「即戦力となるスキルをもっているか」などについて厳しめにチェックされるでしょう。

なお、損害保険会社によっては「当社社員に2親等以内の親族がいないこと」といった応募条件を設けているケースもあります。

年齢的には問題なくても、この条件に引っかかってしまい応募ができないこともあり得ますので、親族の勤務先や応募先の募集要項はよく確認しておきましょう。

損害保険会社への転職を考えている方へ

損害保険会社への転職を考えている人は、金融業界に強く、年収700万円から900万円の求人を多数保有しているリクルートエージェントの無料相談を受けてみるのもいいでしょう。

また、20代の方や第二新卒の方は「マイナビジョブ20's」に登録してみるとよいでしょう。

20代を積極採用している企業の案件が多く、専任キャリアアドバイザーによる個別キャリアカウンセリングを受けることができます。

なお、対応エリアは「一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀」となります。