女性のコンサルタントのキャリアパス・結婚後の生活

女性のコンサルタントの現状

コンサルタントの仕事は非常に忙しく、体力的にもハードな側面があります。

そのため、以前までは男性中心の職場であるのが当たり前でしたが、最近では少しずつ女性のコンサルタントも増えてきている状況です。

コンサルタントは、男女で仕事内容が区別されたり給料や待遇に差が出るような職業ではありません。

専門性の高い知識を身につけ、さまざまな仕事をとおしてキャリアを積んでいくことで、女性でもグローバルな舞台で活躍することが可能です。

大手のコンサルタント企業では、産休や育休を活用しながら生涯にわたって働き続ける女性もいます。

女性の新卒者の採用に力を入れたり、女性管理職を増やしていきたいと考える企業も多いので、企業の説明会やホームページなどをよくチェックすると良いでしょう。

女性のコンサルタントの強み・弱み

女性の社会進出が進んだことにより、近年は女性の経営者や起業家が増えてきています。

こうした人たちに同性の立場から相談にのり、女性の視点を生かした細やかなサポートができる点は、女性コンサルタントの大きな強みとなるでしょう。

また、「女性のコンサルタントだからこそデリケートな悩みも相談しやすい」と感じる人も少なくありません。

こういったニーズに対応するために、女性コンサルタントのみで運営する「女性専門のコンサルタント企業」も存在しています。

このような「女性ならではの強み」がある一方、コンサルタントの仕事を続けていくうえで、体力的な面では男性に比べて不利に感じる場面もあるでしょう。

担当しているプロジェクトによっては残業が連続する時期も珍しくないため、肉体的なタフさがなければ厳しい仕事だといえます。

コンサルタントの結婚後の働き方・雇用形態

女性コンサルタントの増加にともない、「女性の働きやすさ」に力を入れる企業も増えてきています。

「結婚休暇」「育児休暇」「介護休暇」などの各種休暇制度を拡充させるコンサルタント企業もあり、結婚後も働きやすい環境が整いつつあるといえるでしょう。

ただし、業界全体で見ればまだまだ男性のほうが多い職業であるため、中小のコンサルタント企業ではそこまで制度面が追いついていないケースもあります。

こういった働きやすさに関する取り組み状況は各企業によって大きな差があるため、事前にしっかりと確認しておくことが大切です。

コンサルタントは子育てしながら働ける?

女性の働きやすさに注力する企業は増えてきているため、産休や育休を活用しながら働き続ける女性コンサルタントも少なくありません。

休暇制度以外にも「リモートワーク」や「時短勤務」などを積極的に取り入れているケースもあり、そういった企業を選ぶことで子育てしながら働くことも可能でしょう。

それらの制度を活用する際は、どちらかというと「女性が多い職場」のほうが周りの理解も得られやすい傾向があるため、その点も意識しながら就職先を選ぶと良いでしょう。

コンサルタントは女性が一生働ける仕事?

女性の社会進出が進む現代では、各企業で女性社員を増やす取り組みがおこなわれたり、女性が増えたことによりこれまでは問題視されていなかった新たな課題も出てきています。

このような状況のなかで、女性コンサルタントは多くのクライアントにとって貴重な存在となっています。

まだまだ社会全体では女性のコンサルタントは少ないのが現状ですが、これからどんどん活躍の場が広がっていくことが期待されています。

また、コンサルタント企業で十分なキャリアを積んだあとは、独立してフリーのコンサルタントとして活動することも可能です。

一つの会社に勤め上げるだけではなく、その時々のライフイベントによってさまざまな働き方を選択できる仕事だといえるでしょう。