ファイナンシャルプランナーへ転職するには? 未経験・中途採用はある?

ファイナンシャルプランナーへの転職状況は?

ファイナンシャルプランナーの資格を取得して、その資格を生かした転職をしたいと考える人は多くいます。

FPの資格を生かせる代表的な業界は、銀行、証券会社、保険といった金融系の仕事です。

銀行であれば、お客さまに対して金融商品の紹介をはじめ、資産運用や住宅ローンのアドバイス、借入や返済のコンサルティングといったことを行います。

証券会社では株・投資信託・債権購入のアドバイス、保険会社であれば個人のお客さまのライフプランニングを通じた生命保険や医療保険の紹介をしたり、法人向けに経営者のための保険の提案をしたりします。

とくにノルマが厳しい金融系は、新卒で入社しても辞めてしまう人が多いので、中途でもやる気があればFPの資格取得者を優遇するような職業が多く、転職はしやすいといえます。

ファイナンシャルプランナーへの転職の志望動機で多いものは?

ファイナンシャルプランナーの転職の志望動機として、「お金のプロフェッショナルとして、お客さまの悩みを解消したい」というものがあります。

人は、住宅の購入、保険加入、子どもの教育資金、老後資金など生きていく上でさまざまなお金の悩みにぶつかります。

自分自身も悩むタイミングで「自分もお金に対する知識を身につけて、困っている人を助けたい」と思い、ファイナンシャルプランナーとして活躍できる金融機関への転職を考えることになる人が多いようです。

資格取得は必須ではありませんが、中途採用の試験前にファイナンシャルプランナーの資格を取っていると志望動機に説得力が増します。

未経験・社会人からファイナンシャルプランナーになるには?

銀行や証券会社のような金融機関は、社内のルールや業界内のルールなど覚えることが多く、辞める人を見込んで多めに採用するので、未経験者の採用は一般的に少ないです。

しかし、歩合制の強い保険会社の場合は、業界未経験であってもやる気さえあれば採用される可能性もあります。

ただし、入社後は自分でファイナンシャルプランナーの資格取得をして、お客さまの信頼を得て、成績を積み重ねていく必要があり、実績次第で給与が変動する非常に厳しい世界です。

歩合制の保険会社では年収1000万円を超える人も多いですが、新規開拓も多く、バイタリティが必要な仕事なので、転職する場合はその覚悟が必要です。

ファイナンシャルプランナーへの転職に必要な資格・有利な資格

ファイナンシャルプランナーの資格は、いくつかの種類や難易度に分かれていますが、一般的な求人において、最低でもこれくらいのレベルは必要とされているのが「2級ファイナンシャルプランナー技能士(2級FP技能士)」や「AFP」です。

2級FP技能士の資格を取るには、まず「3級FP技能士」資格の合格か、2年以上の実務経験が必要になります。

勉強時間でいうと100時間程必要とされており、さらにAFPの資格を取りたい場合は30時間のAFP認定研修カリキュラムを受けなくてはいけません。

ただし、これらの資格は比較的取得者も多いため、より資格を生かして転職したいのであれば「1級FP技能士」資格や「CFP」を持っておいたほうがよいといわれていますが、難易度はかなり高くなります。

ファイナンシャルプランナーの資格の種類と費用・国家資格はある?

ファイナンシャルプランナーへの転職に役立つ職務経験は?

ファイナンシャルプランナーはお客さまのライフプランを設計して、それに合わせた金融商品を紹介します。

そのため、お客さまのニーズを上手く引き出すコミュニケーション能力を使う営業経験は、ファイナンシャルプランナーとして活動するためにも非常に役に立ちます。

また、金融機関は非常にノルマに対してシビアなので、お客さまの役に立ちたいという気持ちと、実績を積み上げたいという気持ちの両方を大切にして、営業することが大切です。

ファイナンシャルプランナーへの転職面接で気をつけるべきことは?

多くの人はお金の話を他人にすることを躊躇しますが、ファイナンシャルプランナーはお金のプロフェッショナルなので、お客さまから信頼されてお金の相談をしたいと思われなければいけません。

そのため、転職試験では面接官に「信頼出来る人」という印象を与える必要があります。

具体的には、清潔感のある身なりで面接に望み、口角を上げて話しかけやすい雰囲気にして、質問内容には堂々と答え、不信感を与えないことなどです。

ファイナンシャルプランナーに転職可能な年齢は何歳くらいまで?

企業内FPとして金融機関などで働きたい場合は、企業側もキャリア設計がしやすく、業界や会社のルールを吸収してくれる若い人材を欲しているので、採用は30代前半くらいまでになることが多いです。

ただし、ファイナンシャルプランナーの資格試験は何歳でも挑戦できるので、独立系FPとして働きたい場合はとくに年齢制限はありません。

資格取得後、独立したいと思ったタイミングで独立できますが、顧客獲得などすべて自分の責任となり、収入も安定しにくくなるので、準備をしっかりしてから独立したほうがよいでしょう。

未経験からファイナンシャルプランナーの転職での志望動機

一般的にファイナンシャルプランナーが働く金融機関は、ノルマが厳しい分、給与水準も他の業界と比べて高くなります。

金融機関が未経験者に求めることは、柔軟に金融機関独特のルールを覚えることと、バイタリティを持ってノルマに対して取り組み、実績を多く残してくれることです。

そのため、未経験者の志望動機としては、「ノルマに厳しい環境で自分自身を鍛えながら、金融知識を駆使してお客さまの悩み解決を行いたい」というものが多いです。

未経験であってもやる気があり、ハングリー精神がある人だと思われることが大切です。