銀行員の職種・役職の種類

銀行員の代表的な職種

銀行員として働く人たちは、担当ごとにさまざまな職種に分かれています。

銀行員の仕事は実に多岐にわたっており、本人の希望や適性に応じてそれぞれの部署に振り分けられるのが一般的です。

窓口担当者(テラー)

銀行の窓口を訪れたお客さまの要望を聞きながら、公共料金のお支払いや預金の預かり・振込などさまざまな業務をこなすのが窓口担当者(テラー)の仕事です。

接客業なので、明るい笑顔や礼儀正しさなど高いコミュニケーション能力が求められ、まさに銀行の「顔」となる職種です。

お客さまを長時間待たせないように、正確でスピーディーな仕事を求められます。

バックオフィス担当者

テラーが預かった案件を、コンピュータなどを使い処理するバックオフィス担当者も縁の下の力持ちとして支店業務を支えます。

お客さまの希望に沿った手続きができるように、お客さまから受け入れた書類に忠実にオペレーションを行い、万が一不足な情報や書類がある場合はお客さまのフォローをします。

具体的には、テラーが預かった通帳の記帳や口座内容の変更手続き、送金や口座振替などの処理を銀行独自の特別なコンピュータを使って行います。

渉外担当者

渉外担当者は、支店に訪れたお客さまや担当エリアのお客さまのところを直接訪問しては定期預金や投資商品・保険・年金・住宅ローンなどの相談に乗ります。

渉外担当者になるとノルマも課せられるため、その目標に近づけるように営業をする必要があります。

また、個人営業担当者になるとファイナンシャルプランナーや宅建の資格を取得することを求められることが多く、銀行によっては資格を取ると昇給することもあります。

法人営業担当者

法人営業担当者は、企業が資金を必要とするときに融資を行うのが主な仕事で、先方の経営状態をチェックしたり将来性を分析したりしながら、融資が可能かどうかを判断するという大事な役割を果たしています。

企業への融資では、大金が動くことが多いので、責任も重大な分、企業の成長を応援できるという大事な役割を果たしています。

また、法人営業では、融資だけではなく企業の状況に合わせた資産運用や金融商品の販売、外国送金、企業を拡大させるためのコンサルティングなども行います。

融資事務担当者

融資事務担当者の仕事は、法人営業担当者がお客さまと交わした契約書などの書類を確認しながら、期日にお金を貸せるようにオペレーションをし、返済が順調に行われているかなどを確認する大切な役割です。

テラーのようにお客さまと接する機会は少ないですが、オペレーションを間違えると企業に大損害を与える可能性もあるので、責任感を持って仕事ができる人に向いています。

外国為替担当者

外国送金や外国通貨の両替などを専門にしている銀行員もいます。

外国為替は国内の為替とは異なり、独特なルールがあり、国際的な基準に則り行う必要があるため、基本的には外国為替担当として配属されたら退職するまでその道を進むことが多いです。

本部勤務

銀行ではさまざまな金融商品を販売しているので、それを企画・販売促進・管理をする担当者もいます。

時には支店の担当者と一緒にお客さまを訪問し、詳しい商品説明をしながら販売促進をすることもあります。

他にも為替や金利のディーラーや国際業務担当などさまざまな本部業務がありますが、最初から本部に配属されることは少なく、一旦支店で働いた後に適性を評価され本部担当となることが多いです。

銀行員の役職の種類

銀行員にはさまざまな役職があり、実績を残すことでより良い役職に昇格することができます。

数少ないポストを争う出世レースとなるので、昇格するためには相当な努力が必要ですが、給与水準も上がりますし、役職を上げることが仕事をするモチベーションにもなります。

支店長代理職・調査役

銀行に入社してから最初の昇格でなる役職が支店長代理及び調査役です。

支店に配属されている場合は支店長代理という名称で、本部は調査役という名称になりますが、基本的には同じレベルの役職です。

この役職になると、自分の営業ノルマや仕事負担も増える一方で後輩のOJTを任されたり、支店のノルマの管理を任されたりと責任や負担が増えます。

ただし、都市銀行であれば年収1000万円が手に届く役職なので、仕事は大変な一方でやりがいも感じることができます。

課長・上席調査役

支店長代理職・調査役の一つ上の役職として課長・上席調査役があります。

上席からの指令を受けて、担当する課やグループの成績を延ばすための運営していく管理職です。

自らが顧客の担当を持つことはほとんどなく、部下の相談に乗ったり、時には一緒に訪問したりして、フォローや提案をする役割となります。

副支店長・副部長

副支店長や副部長はコンプライアンスの担当を行うなど、守りの面を強化する役職です。

銀行では、企業に融資をして返済ができなくなったり、販売した投資商品が思っていたものと違うと顧客に訴えられたりしたら大きな損失を被ることになります。

そのため、どんどん融資や金融商品を販売するだけではなく、本当に実行や販売をして良いのか精査するという重要な役割を副支店長・副部長は担います。

支店長・部長

支店では支店長、本部では部長がトップの役職になり、その支店や部署の運営を行います。

本部から支持されるノルマを達成するために、どのように各担当者に割り振りを行うか考え、時には自らも顧客訪問や接待を行います。

また、銀行の人事は閉鎖的で辞令が出るまで全く何処に配属されるか情報がないのですが、支店長・部長は人事権を持つ唯一の人材で、本部の人事担当者と人事を決めていきます。

執行役員・頭取

支店長・部長を経験したごく一部の人が執行役員、更には銀行のトップである頭取に選ばれます。

銀行でこれらの役職を目指すのは非常に狭き門で、若いうちから優秀な成績を残し、失敗もないということが条件となります。

執行役員・頭取になると、重要な取引先に対するトップ営業や企業の顔としてメディアへの出演、国や日銀との折衝などを行います。