アクチュアリーになるためにはどんな大学・大学院にいけばいい?

アクチュアリーになるための学校の種類

アクチュアリーになるためには、公益社団法人日本アクチュアリー会が実施する「アクチュアリー資格試験」に合格し、準会員を経て、正会員として認定される必要があります。

ただし、すべての試験に合格するまでに早くても8年、場合によっては10年以上かかることもあるため、多くの人はまず生命保険会社や損害保険会社等に就職し、アクチュアリー関連業務に携わりながら資格取得を目指して勉強しています。

なお、この試験は最も早くて「大学3年生(4年制大学において、休学期間を除き2年以上在学し、かつ62単位以上の単位を修得した学生)」から受験が可能となっています。

高卒や専門学校卒ではなれないので、アクチュアリーになりたい場合はまず大学進学を目指してください。

アクチュアリーになるには? どんな資格が必要?

アクチュアリーになるための大学

アクチュアリー候補生を募集する企業では、東大や京大を筆頭に、慶応、早稲田など、超難関大学の出身者が採用されるケースが多く、業界の中でも超一流とされる企業では、採用するのは東大生がほとんどということもあるようです。

公言されているわけではありませんが、現在のところ、企業が採用するアクチュアリーは学歴が重視される傾向にあるといえそうです。

大学在学中に、アクチュアリー採用試験(1次試験)の5科目のうち、1~2科目程度は合格したうえで、アクチュアリー候補生として就職する人も増えています。

学部の指定などはありませんが、アクチュアリーの試験内容に関係のある勉強をする理学部の数学科、数理学科に在籍したり、確率論や統計学を専攻する研究室に所属していたりする人が多いです。

アクチュアリーになるための専門学校

アクチュアリーの試験対策として、昼間はアクチュアリー候補生として働きながら、夜間や土日に専門学校に通い勉強をする人もいます。

難易度の高い資格のため、自分で問題集を使って勉強しても答えがわからないときに、講師に相談すれば早く解決できるというのは専門学校のメリットです。

しかしながら、全国的に見ても通学式の講座はあまり多いとは言えず、オンライン受講などが多いようです。

学費は科目ごとに分かれており、1科目10回程度の授業で10万円前後となっています。

独学でアクチュアリーになれる?

上記の通り、アクチュアリーアクチュアリー資格は非常に難易度が高いため、それを教えてくれる専門学校自体少なく、多くの人は問題集を参考に独学で勉強をしています。

ただし、最後まで完全に独学でアクチュアリーを目指す人は少ないです。

多くの人は、日本アクチュアリー会が開催する「アクチュアリー講座」を受けており、この講座では基礎講座と特論講座などの講義が受けられます。

しかし、この講座は、第一次試験を一教科でも合格した研究会員にしか受講資格は与えられないので、まず1教科合格して研究会員になるまでは自力で頑張る必要があります。

また、過去問については日本アクチュアリー協会の公式サイトで公開されています。