【2021年版】生命保険会社の給料・年収

生命保険会社社員の平均年収・給料の統計データ

生命保険会社は比較的給与水準の高い「金融業」に属する業界であり、高年収が得られるイメージを持っている人も多いでしょう。

実際のところは企業によってまちまちで、大手企業であれば高い年収が期待できる一方、中小企業では一般的な給与水準に落ち着きます。

各企業の規模や商品力・競争力などは社員の給料にも当然影響しますので、その企業の業界内での立ち位置をよく見極めることが大切です。

また、国内企業か外資系企業かによっても収入面は異なります。

外資系生命保険のなかには「契約後にお客さまから支払われた保険料をもとにインセンティブ報酬が決定する」といった特殊な給与体系をとっている企業もあります。

生命保険会社社員の平均年収・月収・ボーナス

求人サービス各社の統計データ

職業・出典 平均年収 年収詳細
営業 - 保険
(DODA)
406万円 男性:543万円
女性:335万円
20代:349万円
30代:482万円
40代:489万円
50代〜:609万円
保険会社社員(セールスレディ)
(給料バンク)
550万円~725万円 平均給料:45万円
20代の給料:30万円
30代の給料:45万円
40代の給料:60万円
初任給:20万円〜

ただしこれはあくまで平均としての金額であり、企業規模や、国内か外資かなどによって年収には大きな差が出ています。

とくに大手の生命保険会社は給与水準が高いことで知られており、本人の実力次第では30代で年収1,000万円に達するケースもあります。

生命保険会社社員の手取りの平均月収・年収・ボーナス

生命保険会社社員の手取りの給料についてみていきましょう。

上記の給料バンクのデータによれば、生命保険会社社員の平均月収は20代で30万円、30代で45万円、40代で60万円です。

ここから社会保険料や所得税などを差し引くと、おおよその手取り金額は20代で「23万〜26万円」、30代で「34万円〜38万円」、40代で「45万円〜51万円」と算出できます。

なお、各種手当の有無や家族構成などによっても手取りの金額は大きく異なります。

生命保険会社社員の初任給はどれくらい?

生命保険会社社員の初任給は「20万円〜25万円」に設定している企業が多くみられます。

厚生労働省の発表では、全業界の大卒男女の平均初任給は「21万200円」であり、平均に比べて高めの水準といえるでしょう。

参考:厚生労働省|令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況

月給のなかに一定時間の残業代分を含めて支給している企業もあり、その場合はさらに数万円が上乗せされます。

生命保険会社社員の福利厚生の特徴は?

生命保険会社は福利厚生や待遇面の充実している企業が多く、安心して働ける環境が整っています。

社宅や社員寮を準備している企業もあり、そこに住めば生活コストを大きく下げられます。

また数多くの女性が活躍する仕事でもあるため、子どもがいる人は時間の融通がききやすく、産休・育休もしっかり取得できる場合が多いようです。

福利厚生は比較的充実している一方で、組織内の上下関係はキッチリとしていたり、個々の実力が見えやすくなっていたりと厳しさを感じる場面もあるでしょう。

取引先の都合にあわせて進める仕事も多く、夜遅い時間に出向く場合や、土日に出勤して対応するケースもあります。

生命保険会社社員の給料・年収の特徴

正社員のなかで給料が高いのは「総合職」

生命保険会社で働く正社員のなかでもっとも平均年収が高いのは「総合職(基幹職)」です。

総合職は営業や企画立案、マネジメント業務などの幅広い業務に従事し、将来的には会社の中核を担っていく存在です。

日本全国や海外への赴任を命じられることもあるため、その分ほかの職種に比べて給料は高めに設定されています。

「成果主義」の考え方

多くの生命保険会社では、営業職の給与体系に「成果主義」の考え方を取り入れています。

具体的には、契約件数などの営業成績によって給料が変動する仕組みを採用しています。

よくあるケースが毎月の最低支給額である「保障給」と、個々人の成果に応じた「歩合給」によって給料が決まる形です。

この場合、保障給はそれほど高くなくても、安定的に成果を出せる人であれば同年代の社員よりもずっと多くの収入を得ることも可能でしょう。

保障給の解釈や金額については企業によって大きく異なりますので、入社時にはよく確認しておくようにしてください。

生命保険会社社員が所属する代表的な企業の年収

代表的な生命保険会社の平均年収を見ておきましょう。

会社名 平均年収 平均年齢
かんぽ生命保険 内務職員:642万円 内務職員:39.5歳
営業職員:789万円 営業職員:38.5歳
第一生命保険HD 935万円 41歳9か月
ライフネット生命保険 732万円 39.3歳

参考:かんぽ生命保険 有価証券報告書

参考:第一生命HD 有価証券報告書

参考:Yahoo!ファイナンス ライフネット生命保険(株)

生命保険会社社員の正社員以外の給料・年収

保険外交員

生命保険会社では「保険外交員」と呼ばれる人たちも活躍しています。

保険外交員は個人または法人のお客さまへの営業活動を行う仕事であり、正社員ではなく「個人事業主」として会社と契約を結びます。

この保険外交員の給料についてもみていきましょう。

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」によると、2019年度の保険外交員の平均月給は292,800円、年間の平均賞与は537,900円です。

参考:厚生労働省 賃金構造基本統計調査

保険外交員においても、契約を取るほど報酬が増えるインセンティブ(歩合給)を用意している会社が多く、成績しだいでは平均を大きく上回る報酬をもらえる可能性もあります。

生命保険会社社員が収入を上げるためには?

生命保険会社社員が収入を上げるためには、その会社内でのキャリアアップを目指すのが代表的な方法です。

総合職や営業職として実績・経験を積みながら、マネージャー、課長、部長と昇進をになっていきます。

出世にともない大きなプロジェクトを任されたり、チームのマネジメントを任されたりと責任も増えていきますが、それに見合った年収が期待できるでしょう。

また、営業職であれば契約件数を伸ばしたり大きな契約を獲得したりなど、自分の頑張り次第で一気に年収をアップさせられます。

先ほど説明したように「成果主義」の考え方を取り入れている生命保険会社は多いため、出世を待たずに自ら収入を上げていくことも可能です。

保険営業として結果を出していくことで他社からヘッドハンティングされるケースもあり、より好条件の企業で働ける可能性もあります。

生命保険会社への転職を考えている方へ

年収700万円以上など、待遇の良い生命保険会社の求人は非公開になっていることも多いため、大手転職エージェントであるリクルートエージェントなどに相談してみるのも一つの方法です。

また、20代の方や第二新卒の方は「マイナビジョブ20's」に登録してみるとよいでしょう。

20代を積極採用している企業の案件が多く、専任キャリアアドバイザーによる個別キャリアカウンセリングを受けることができます。

なお、対応エリアは「一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀」となります。