経営コンサルタントに向いてる人・適性

経営コンサルタントに向いている性格・適性

経済や経営に関心がある人

経営コンサルタントは、クライアントの財務状況や雇用状況を改善するために豊富なアイディアを持たなければいけません。

経営陣が世代交代をしても、安定した経営を行うためにはどうするべきか、優秀な人材を獲得するためにはどのような人事制度が必要なのか、常にアンテナを張りめぐらせておかなくてはなりません。

そのためには、社会の経済や経営に関する幅広い知識を身につけておかなければいけないのです。

大学の経済学部や商学部などの出身で、このような分野に高い関心がある人であれば、自分の興味を仕事に生かすことができるでしょう。

人の話を聞くのが好き

クライアントにとっての経営コンサルタントは、企業の運命をゆだねる存在といってもよいほど重要な存在です。

特に経営が悪化している企業の経営陣や身近に相談できる人がいない個人事業主にとっては、優秀で信頼できる経営コンサルタントは誰よりも心強いパートナーとなるでしょう。

クライアントからのこうした信頼を裏切らないために、経営コンサルタントは親身になって聞く姿勢を貫くことが大切です。

友人の相談に乗るのが好きな人、アドバイスを求められることが多い人、周囲から頼られるのが好きな人が適任といえる職業です。

経営コンサルタントになるには

経営コンサルタントに必要なスキル・能力

論理的な思考能力

経営コンサルタントの代表的な仕事は、クライアントである企業や個人事業主の経営に関する問題点を分析し、改善のための具体的な提案をすることです。

これを実現するため、経営コンサルタントには、数字に強くて論理的な思考能力ができることが求められます。

業務においてはデータを作成することも多いですし、資料をもとにプレゼンテーションをする機会もあります。

クライアントに納得してもらうためには説得力のある論理を組み立てることが必要不可欠なので、すぐに感情的になる人よりも常に冷静に物事を考えられる人のほうが向いている仕事でしょう。

プレゼンテーション能力

経営コンサルタントは、問題解決の際にプレゼンテーションをする機会が多くあります。

プレゼンの相手は、クライアントだけでなく、上司や同僚のこともあります。

資料やデータをわかりやすく整理することも大切ですが、相手に興味を持ってもらい、しっかりと内容を理解してもらうには話術が欠かせません。

人前で話すのが得意な人、初対面の人とでも物おじせずに話せる人には、向いているといえるでしょう。

経営コンサルタントに向いていないのはどんな人?

経営コンサルタントは、業務上英語や中国語などを使用することも少なくありません。

特に外資系企業では、海外で活躍することも珍しくありませんし、現地の人たちとコミュニケーションをとる機会も多いため、まったく語学ができなくては、仕事をする際に支障が出てしまうでしょう。

経営コンサルタントとしてグローバルな仕事がしたいという人は、あらかじめ語学を身に付けておく必要があるでしょう。