このサイトは保険外交員を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「保険外交員」

仕事内容
保険外交員は、一般家庭や企業に対して、保険のコンサルティングと各種サービスを提供する仕事です。各家庭や企業を訪問し、チラシやパンフレットを用いて保険商品の紹介をしたり、保険に関する役に立つ情報を提供します。自分の思うように話を進めるのではなく、あくまでも相手のライフスタイルやニーズに沿ったプランを設計することが大切です。また、保険加入後のアフターサービスにも力を入れ、顧客と長期に渡る信頼関係を築いていきます。
なるには
保険外交員は一般的に保険会社に勤務しますが、その入社のきっかけとしては、営業職員から直接誘われるというケースが圧倒的に多くなっています。また、自分で保険会社のホームページを見て、求人情報に応募することも可能です。学歴や資格が問われることはあまりないようです。入社が決まると、まず保険業界で統一的に実施する研修を受け、試験合格後は国に登録することで、保険の募集業務に携われるようになります。
給料
正社員として勤める場合、入社後1年間はノルマをクリアすることで、一定額の給料が補償されています。額は会社によって異なるものの、手取り13万円程度が相場となっています。また、良い成果を挙げた月はインセンティブが付くケースもあり、中には年収1000万円以上を稼ぐ人もいます。基本的に、成果を出せば収入もアップすることが多く、実力主義の世界だと考えておいてよいでしょう。
将来性
少子高齢化社会が進み、人々の保険に対するニーズは高まっています。保険の情報をわかりやすく提供するという、保険外交員が果たすべき役割は大きいですが、新規開拓営業が多くなるため、なかなか話を聞いてもらえなかったり、話をする前に断られてしまったりといった厳しい面もあります。まずは自分自身の知識を深め、諦めずに行動を続けることが大切です。前向きな行動は、少しずつ結果に結びついていくでしょう。

仕事体験談