税理士のやりがい・楽しさ・魅力

税理士のやりがい・楽しさ

たくさんの人々の役に立てる

日本にはさまざまな種類の税金があり、消費税のように私たちの生活に身近なものもあれば、所得税や相続税のように計算が複雑で、高度な専門知識を要するものもあります。

納税義務者も個々の税金によって異なりますが、日本国憲法に規定されている通り、納税は日本国民の義務ですので、社会の一員として暮らしていく限りは、誰もがなんらかの税金の納税義務を負っています。

このため、税理士は、個人や法人を問わず、農家のおばあちゃんから大企業の社長まで、ありとあらゆる人々から必要とされる存在であり、役に立てる機会が豊富にあるという特徴があります。

節税方法をアドバイスしたり、逆に払い過ぎた税金を確定申告によってクライアントに還付したりすることで、感謝の言葉をもらえることも多く、仕事のやりがいを見出しやすいでしょう。

また、異なる業種、異なる立場の人との出会いが多くある点も、仕事の楽しさにつながっているといえます。

好奇心旺盛で、いろいろなことに興味のある人は、税理士として楽しく働けるでしょう。

国の納税制度を支える存在

税理士は、クライアントが適正かつ円滑に納税できるようサポートすることで、国の発展に貢献しているといえます。

私たちの身の回りにある道路や公園、図書館、学校、病院などの公共建築物・公共サービスは、税金を用いて運用されており、治安を守る警察や消防の活動費用も税金によって支えられています。

税金がなければ便利で安全・安心な現代生活を送ることは不可能であり、納税と私たちの暮らしは切っても切れない関係にあります。

税理士の業務は地味なものばかりであり、決して華やかな職業とはいえないかもしれませんが、税理士の働きによって確実に収められた税金は、めぐりめぐって人々を支えるのに役立っています。

税理士の業務がもつ社会的意義は、きわめて大きいといえるでしょう。

税理士の仕事内容

税理士の魅力

全国どこでも働ける

税理士の大きな魅力として、どこでも仕事を見つけられるという点が挙げられます。

納税者がいる限り税理士のニーズはありますので、ほかの一般的な職業や企業勤めのサラリーマンのように都市部に限らずとも、地方都市や田舎であっても比較的自由に働くことが可能です。

将来的に故郷で暮らしたいと考えている場合や、配偶者との結婚などライフイベントによって転居を強いられる場合でも、税理士は仕事を続けやすいでしょう。

ただ、それぞれの地方には既に税理士としてその地で長く活躍している人がいるケースも珍しくありませんので、顧客を獲得できるかどうかは自身の努力次第といえます。

若いうちから活躍できる

税理士は非常に専門性の高い職業であるため、年齢やキャリアなどよりも、税務知識や実務スキルといった実力が重視されやすい傾向があります。

難関国家試験を突破することは容易ではありませんが、努力を重ねて資格を取得できれば、若手のうちから活躍することも十分に可能です。

自分よりはるか年上の会社経営者から「先生」と呼ばれ、良き相談相手として頼りにしてもらうこともできるでしょう。

収入面についても、同世代の平均年収を大きく上回ることも不可能ではありません。