外資系金融企業社員の仕事、業務内容

外資系の金融企業とは

テレビや新聞などの経済ニュースで「外資系金融」という言葉を耳にしたことがあるものの、どのような企業を指すのかわからない人もいるのではないでしょうか。

ここでは、まずは外資系の金融企業について説明します。

「外資系」とは、簡単にいうと、一定数以上の外国資本が認められる企業のことをいいます。

これはつまり、企業の拠点が日本にあっても従業員の多くが日本人でも、定義にはあてはまれば「外資系」の企業になるということです。

最近ではサービス業や情報通信業などさまざまな分野に進出していますが、なかでも活躍が目立つのが金融業界です。

投資銀行や証券会社、保険商品、クレジットカードなどの金融業に携わる仕事をしている外資系企業が数多くあり、今の日本の経済界において重要な存在となっていることは間違いありません。

投資や資産運用の仕事

それでは、外資系の金融企業は、具体的にはどのような仕事をしているのでしょうか。

まず、代表格ともいえる投資銀行の業務内容を見てみましょう。

投資銀行には「IBD部門」というコンサルタント業を担当する部門があり、顧客に対してM&A(合併と買収)のアドバイスや資金調達の提案を行います。

株式や為替などの金融商品の営業を行うのは「マーケット部門」で、顧客の資産運用を行う「アセット・マネジメント部門」や分析・情報収集のスペシャリストが集う「リサーチ部門」もあります。

世界的な投資銀行として名を馳せている企業も多く、取り扱う案件が大きいときには必然的に世界経済への影響力も大きくなるため、責任が大きい仕事です。

投資銀行の取引先が企業であるのに対して、個人の顧客を相手にさまざまな提案を行うのが証券会社であり、外資系の証券会社も日本に進出しています。

保険商品やクレジットカードの仕事

銀行や証券会社以外に、外資系の保険会社もあります。

近年、生命保険においても損害保険においても急激に外資系の商品が売り上げを伸ばしており、テレビでも頻繁にコマーシャルを目にするという人もいるでしょう。

保険商品の内容自体は国内の保険会社のものと大きな違いはありませんが、訪問販売ではなくてインターネットや電話での販売を主流にしていたり、保険内容をシンプルにして保険料を安く抑えていたりするのが特徴です。

外資系の保険会社の社員はこのような保険商品の企画や顧客対応をメインに行っています。

また、成果に応じて給与が変わるインセンティブ制度を設けているところも多くあります。

この他に外資系のクレジットカード会社というのもあり、顧客や提携店を増やすための営業活動やサービス拡充のための企画などが主な仕事になります。