ファンドマネージャーの需要・現状と将来性

ファンドマネージャーの現状

ファンドマネージャーは、お客さま(個人投資家など)から預かったお金を株式・債券などで運用し、利益を上げることを使命に活躍しています。

時代が進むにつれ、投資環境の整備と投資への関心の高まりを背景に、投資信託の種類も増えるなど、ファンドマネージャーの仕事も増えています。

しかし、ようやく国内の景気が上向き始めたとはいえ、長く続いた不況の影響によって利益を上げるのは簡単ではなく、運用成績の悪いファンドマネージャーは、資金を集めることに苦労している状況です。

とはいうものの、優秀なファンドマネージャーは億単位の収入を得ているともいわれており、才能のある人材にとっては、非常に魅力的な仕事であると言えるでしょう。

ファンドマネージャーの需要

運用成績が良いファンドマネージャーは、運用資金をたくさん集めることができ、会社へも多くの利益をもたらすことができます。

そのため、このような能力が高いファンドマネージャーは引く手数多で、「何千万払っても来て欲しい」というヘッドハンティングなどもあり、需要は非常に高いといえます。

ただし、ファンドマネージャーの世界は非常にシビアな世界なので、もし運用が不振で、お客さまが相次いでファンドを解約するようなことがあれば、首にされたり配置転換されたりする可能性が高いです。

このようにファンドマネージャーの世界は、能力が高い人は非常に需要がありますが、能力がなければ居場所がすぐになくなるプレッシャーも大きい世界です。

ファンドマネージャーの将来性

「NISA(ニーサ)」などの国の施策などもあって、近年、個人による投資はますます盛んになりつつあります。

一方で「投資はしたい。でも、自分で運用するのは勉強するのが面倒」という一般投資家が増えるにしたがって、「投資のプロ」であるファンドマネージャーの活躍のチャンスも増えていきます。

投資家に代わり、利益を得られる銘柄を見つけることができるかがファンドマネージャーの腕の見せどころです。

実力主義の厳しい世界ではありますが、努力によっては、一般的な会社員の給与よりはるかに高額の収入とステータスを手に入れることも可能なわけですから、挑戦するやりがいは非常に大きなものであるといえます。

今後、国の経済政策が成功して景気が上向いていけば、ファンドマネージャーの需要はますます高まっていくでしょう。

活躍の場が増えることもあり、力のあるファンドマネージャーにとっては、魅力的な状況が訪れることになりそうです。

ファンドマネージャーの今後の活躍の場

日本より投資文化が進んでいるアメリカでは、ファンドマネージャーの地位が日本以上に確立しており、実績が残すことができれば個人の名前で活躍できるようになります。

独立してファンドを立ち上げるだけではなく、テレビで株価予想などの解説をしたり、セミナーを開いて富裕層の資産運用の相談を受けたりなど、幅広い活躍の場があるのです。

独立して活動したほうが、自分の実績がダイレクトに報酬になるので、メリットも大きいのです。

日本でも投資信託などの関心が高まっているので、今後はアメリカのように実力があるファンドマネージャーは独立して活躍することが増えると予想できます。