経営コンサルタントになるためにはどんな学校に行けばいい?(学歴・大学学部)

経営コンサルタントになるための大学

大学進学が必須

経営コンサルタントとして働くうえでは、経済に関する豊富な専門知識だけではなく、高い情報処理能力、コミュニケーション能力が求められます。

就職試験は非常に狭き門といわれており、難関大学や大学院などで学んでいる優秀な学生が多く応募することでも知られています。

応募に当たっては大卒の学歴を前提としている企業もあるので、経営コンサルタントを目指すのであれば、できるだけレベルの高い四年制の大学に進学しておくことが必須です。

経済学部や商学部で勉強

経営コンサルタントをめざすにあたって、必ず取得しておかなければいけない資格や履修しておかなければいけない学問はありません。

しかし、クライアントである経営者と対等な立場で議論をし、アドバイスをすることを踏まえれば、経済や経営に関する知識は必須と考えておいたほうがよいでしょう。

経営コンサルタントの出身学部の傾向としては、やはり「経済学部」や「商学部」「法学部」など文系学部の出身者が多くなっています。

ただし、分析や数字に強いという利点を生かして理系の学部から経営コンサルタントを目指す人もいるので、必ずしも文系に進学しなければいけないわけではありません。

経営コンサルタントになるには

経営コンサルタントになるための留学

留学を視野に

経営コンサルタントに限らず、コンサルタントという職種全般に共通していることではありますが、キャリアアップをめざして何度も転職をしながら企業を渡り歩くことが決して珍しくありません。

コンサルタントの専門会社のなかには外資系の企業も多く、上司や同僚、クライアントが外国人ということもあります。

このような外資系の企業でグローバルな仕事に携わりたい人の場合、高い語学力を身につけていることが入社の前提条件となります。

時間に余裕がある大学時代のうちに、語学留学をしたりTOEICや英検の資格試験に挑戦したりして、語学力を磨いておくとよいでしょう。

MBAを取得

MBAとは、経営学修士と呼ばれる学位です。

取得するには、海外のビジネススクールを持つ大学院に進み、MBAプログラムを修了する道が一般的です。

経営コンサルタントとして活躍する人の多くは、大学に進学後大学院にすすんだり、海外に留学したりする人も多く、このMBA取得を目指す人も多いです。

MBAは経営に関する最高峰の学位で、非常に難関なことで知られていますが、経営コンサルタントとして働く上では非常に役に立つでしょう。

MBA取得を目指すのであれば、高校や大学のうちから進路をしっかりと定め、勉強を重ねていく必要があります。

経営コンサルタントの学校選びのポイントは?

経営コンサルタントを目指すのであれば、企業経営の専門知識を学ぶことが必要です。

とくに経営学部や商学部などで企業経営に関係する知識を学ぶのがよいでしょう。

まずは経済や財務に関する知識を身に付け、経営の根幹を知ることが大切です。