このサイトは生命保険会社社員を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「生命保険会社社員」

仕事内容
生命保険会社は、死亡や病気、ケガ、介護など、人間のさまざまな予期せぬ出来事に備えるための「生命保険」という商品を作り、個人や法人のお客さまに対して販売する会社です。生命保険は大勢の人が少しずつお金を出し合い、お互いが助け合っていく「相互扶助の精神」で成り立っており、生命保険会社では、こうした生命保険制度を健全に長期間にわたって運営していくこと、保険金や給付金などが受け取り人に対して支払われる体制を整える役目を担っています。
なるには
大手生命保険会社では毎年ほぼ確実に新卒採用を行っています。その場合の募集職種は、大きく分けて会社の中核を担う人物としての成長を目指す「基幹職(総合職)」と、お客さまのライフプランに応じた生涯設計の提案などを担当する「営業職」があります。保険業界は「金融系」に属し、経済学部などを中心とする文系の人が多いといわれていますが、どの学部・学科からでも目指すことは可能です。ただし、一部の生命保険会社では理数系の人を対象に、数理部門での採用を行っています。
給料
生命保険会社の年収は、金融業界のなかでも高水準にあるといわれています。ある調べでは大卒初年度の年収が439万円、30歳時の推計年収が658万円、そして40歳時の推計年収は826万円と発表されています。とくに大手の生命保険会社は給与水準が高いことで知られており、30代で1000万円に達する人もいるようです。また営業職は成果による給与変動のしくみがしばしば取り入れられており、実績によっては同年代の社員よりもずっと多くの収入を得ることが可能になってきます。
将来性
共働き世帯の増加や少子高齢化などのさまざまな理由によって、日本の生命保険市場は縮小傾向が続いています。各社とも人々の保険に対するニーズの多様化に応じるため、本来の「生命保険」の意味合いであった死亡保障のみならず、医療保障や老後保障などにまで保障領域を広げ、柔軟な商品開発や顧客に合う提案に力を入れることで生き残りをかけています。また、国内生命保険市場における将来的な拡大が見込みづらいなか、近年は大手を中心に海外へ活路を見いだす動きも加速しています。