公認会計士の勤務時間・休日・仕事は激務?

公認会計士の勤務体系は?

公認会計士として監査法人に所属する場合、一般的な日勤のサラリーマンと同じように、朝から夜まで会社の指定する勤務時間に従って働くことになります。

監査期間中などの忙しい時期は深夜まで働くこともありますが、夜勤がある仕事ではなく、基本的には朝から夕方までの勤務です。

また、公認会計士は資格さえ持っていれば、パートやアルバイトといった働き方もできるので、育児をきっかけに一度仕事を離れた女性の公認会計士や他の資格取得を目指す場合などはシフト制で働く場合もあります。

公認会計士の勤務時間

監査法人で働く場合

公認会計士の勤務時間は、就職先によって変わりますが、多くの人が就職する監査法人で働く場合の勤務時間は、一般的には9時~18時頃までになるところが多いです。

監査時期は朝一番で直接取引先の企業に出社して監査業務をスタートし、企業の経理担当者とミーティングをしたり書類を作ったりしながら、企業の経営状況が決算書に正しく反映されているかどうかを徹底的に調べます。

昼は12時頃から1時間ほど休憩をとった後、午後の仕事を始め、仕事が終わるのは通常であれば夕方の17時から18時頃となります。

忙しい時は深夜までの仕事になりますが、取引先から直接帰宅できることが多いようです

取引先が決算書類を作ってから公開するまでは約2か月と時間がないので、どうしても監査の時期に業務が集中することは覚悟しなくてはいけません。

一般企業で働く場合

公認会計士のなかには、監査法人ではなく、一般企業やベンチャー企業で働いている人もいます。

そこでのおもな業務は、企業の経営戦略に関してアドバイスをするコンサルティングの仕事や、予算の編成や調整などです。

こうした業務に携わる人たちの場合は、多職種のサラリーマンと同じようにその企業の勤務時間に合わせて働きます。

朝、企業に出勤して自分のデスクに向かって業務を行い、昼頃に1時間ほど昼食休憩をとり、夕方頃に勤務を終えて帰宅するというのが一般的です。

公認会計士の休日

監査法人では一般企業が取引先になることから、基本的には取引先が休みとなる土日祝日を休日とするケースが多いです。

ただし、決算発表日が決まっている以上、監査期間中の忙しい時期には、その日に間に合わせるべく休日関係なく出勤することもあります。

また、担当する顧客が地方にある場合には、休日を挟んだ出張が続くこともあります。

しかし、ピークを過ぎれば勤務時間どおりに働いている人も多く、監査時期以外は長期休暇を取得することもできます。

また、公認会計士は、資格さえ取れば男女差なく働けることから女性にも人気がある職業です。

育児休暇制度がある監査法人に勤めている人は、育児休暇を使ったり、復帰後も時短制度を使ったりしながら働いています。

公認会計士の残業は? 激務?

監査法人は、1年を通して仕事の忙しさに波があります。

一般的には、企業の決算期が一番の繁忙期となり、日本の企業は3月決算の会社が多いため、3月から5月頃にかけて一気に忙しくなります。

この時期は膨大な数の書類をチェックしなければいけないので、定時に帰れることはまずありません。

終電近くまで残業をすることもありますし、仕事が終わらない時は休日出勤も行い、決算発表日前までに仕事を終わらせるようにします。

この監査時期は、どうしても労働時間が長くなってしまうので、公認会計士の仕事は激務だと感じる人が多いようです。

公認会計士の休日の過ごし方

公認会計士の仕事は、勤務中にたくさんの仕事をこなす集中力と体力が必要になるので、休日はゆっくり自分の好きなことをして過ごす人が多いようです。

配偶者や子どもがいる人は、平日はなかなかゆっくりできない分、家族サービスに時間を使う人もいます。

また、独立願望がある人は経営を学ぶセミナーに参加したり、キャリアアップのためにさらなる資格の勉強をしたりする人もいます。

公認会計士の1日・生活