このサイトはコンサルタントを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「コンサルタント」

仕事内容
コンサルタントは、民間企業や官公庁から依頼を受け、経営状態や今後の方向性に対して分析を行った上でアドバイスや指導をする専門家です。経営のアドバイスをする「経営コンサルタント」、ITシステムの構築などを行う「ITコンサルタント」、建設技術の調査や設計を行う「建設コンサルタント」など、企業の業種や仕事内容によって、さまざまな種類のコンサルタントが活躍しています。お客さまの課題を把握、分析して問題点を見つけ出し、解決策を提案することがコンサルタントの役目です。
なるには
コンサルタントの多くは、コンサルティング業務を専門に行う法人や民間企業で活躍しています。特定の学歴や国家資格が必要とされる職業ではありませんが、有名なコンサルティングファームへは就職倍率が高く、難関大学に在籍している優秀な学生がこぞって応募します。こうしたことから、四年制大学や大学院を卒業してから関連企業への就職を目指す流れが一般的となっています。企業での経験を積んだのちに、独立して個人で働く人も少なくありません。
給料
コンサルタント仕事の特徴は、徹底した「実力主義」「成果主義」であることです。年収は500万円〜1000万円程度が一般的のようですが、なかでも外資系企業では初任給で年収500万円以上、20代で年収1000万円を超えることも珍しくありません。年齢や入社年次ではなく、「コンサルタントとしてどのような案件を引き受け、どのような成果を残すことができたのか」が何よりも重視されます。業界内での転職も非常に盛んであり、転職のたびに、どんどん収入をアップさせていく人もいます。
将来性
現在、外資系企業から国内の企業までさまざまな企業がコンサルティング業務を手掛けています。グローバル化する社会において多くの企業では課題が山積みとなっており、それらを第三者の立場から分析し、解決策を提示できる専門家として、コンサルタントのニーズはますます高まっています。今後も安定した需要が見込まれますが、変化の激しい世の中で活躍し続けるためには、専門的な知識・スキルを備えることはもちろん、ビジネスの動きをよく把握し、変化についても迅速に対応する力が求められるでしょう。