人事コンサルタントの給料、年収

平均年収

人事コンサルタントの平均年収は、400万円~500万円程度といわれています。

この仕事は新卒や未経験者がさほど多くなく、経験者が中心に活躍しているとされるため、他の仕事に比べると平均年収はやや高めになっているようです。

なお、勤務先によっても給料が異なり、外資系のコンサルタント会社では初任給でも500万円以上ということがあるようです。

ただし、人事コンサルタントは激務になりがちで、長時間の残業をしたり、休日出勤をしている人も少なくないようです。

給料が年俸制となっている場合には、いくら残業をしても残業手当が付くわけではないため、どれだけ効率よく仕事を進めるかが重要なポイントになってきます。

経験や能力によって変わる

人事コンサルタントは「実力主義」「成果主義」の要素が色濃い仕事であるため、給料は、個人の経験や能力によってだいぶ変わってくるといわれます。

難しいプロジェクトに携わり、しっかりと成果を出していくと、給料にも反映されていくでしょう。

役職者になれば年収数千万円を得ている人もいるようです。

実力次第では若くても収入をアップさせることができますが、その分、他のコンサルタントとの間の競争は厳しくなりがちで、実力がないと判断されれば容赦なく給料を下げられてしまうこともあるようです。

転職をして収入アップさせる人も

個人の実力がモノをいうコンサルタント業界は、転職者も比較的多いとされています。

実際、経験を積んでスキルを磨き、転職時に大きく収入をアップさせている人もいるようです。

そのためには、さまざまなプロジェクトに関わり、実績を残していくことが重要です。

そして、自分自身を売り込んでいく力も必要になってきます。

なお、個人のコンサルタントとして独立することもできますが、独立して成功するには相当な経験とスキル、人脈、クライアントとの間の信頼関係などがないと難しいでしょう。